矢部のクリア

May 15 [Mon], 2017, 11:04
近頃は毎年のように冬が来るとインフルエンザが大流行しています。
年を追うごとに予防注射をする人も増加していきていますが、都市部では相当の数の人がインフルエンザになっています。いくつも感染経路は可能性がありますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と接触する空間で感染することが考えられます。

アトピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも少量になっていて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が少なくなっています。これを補い正常に戻すには、保湿がかなり大事です。
それ故に、お肌を守って、保湿剤を使う事が必要とされるのです。

おなによる臭いに悩んでいる方は乳酸菌が効果があります。

屁による臭いの元は悪玉菌にあるとのことです。



ですから、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増殖を防止する役割をする、乳酸菌を積極的に、継続して摂ることで臭いを和らげることができます。娘のインフルエンザの予防注射に伺いました。


私は怖くて目をつぶるのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射針を注入されています。予防接種の後は怖かったーとつぶやしていました。見ているからさらに怖いんじゃないかな?と睨みましたが、あまり話せませんでした。乳酸菌を選ぶ方法としては、まず、乳酸菌を含む商品を試用してみると良いでしょう。近頃は、乳製品の味ではない乳酸菌飲料も存在するし、乳酸菌サプリも販売されています。腸まで届く仕様の乳酸菌飲料を初めて口にした時、あくる日は、便所から出られなくなったので、休日前に試すといいでしょう。乳酸菌シロタ株と言ったら、ヤクルトしかありません。
過去に白血病に罹患し、闘病した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでおなじみです。


見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドでまぶしい活躍をしているCMでの渡辺謙さんのお薦めをみていると、大きな効果が期待できそうな気分がします。実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として目を止める存在となっています。



オリゴ糖を添加された乳酸菌の動きが活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、腸内環境を良くしてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の機能改善や健康増進には必須な成分であるといえます。結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私の経験によると、かなりたくさん食べないと、効果があまり感じられません。


日ごとに1パックぐらい食べて、やっとお通じがあります。



ヨーグルトが大好きな人はいいですが、好きではない人も、ジャムを入れて味を変えるなどして可能な限り摂取すると効果アリです。



おなかの環境を正しく整えると美肌効果があると聞いて、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、実を言うと、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。
「乳」とついていることから、てっきり乳酸菌は摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。ちょっと恥ずかしい気持ちです。



ちょっと前に、インフルエンザにかかってしまって内科を受診しました。

潜伏期間はどのくらいなのか明確ではないのですが、どこかインフルエンザの人と同じ場所にいてうつってしまったのだと思います。

高い熱が3日わたって出て辛い思いをしました。



高熱が出続けるインフルエンザは、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。

私が便秘になった理由は、多分、運動不足のせいだと思います。

毎日の通勤手段も車なので、あまり歩く事もありません。ペットを飼っているわけもでないので、散歩にもなかなか行きません。



そのような事情で、私は便秘なのだろうと思うのです。
便秘の改善にもなるはずなので、ウォーキングをすることにしました。乳酸菌といえば思い出すのはカルピスと言えるでしょう。



幼いころから、毎日飲用していました。



なぜかというと乳酸菌が含有されているからです。

お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。


そのため、私は便秘で苦しんだことがないのです。

カルピスを飲んでいたのが理由でとても健康体になりました。病気のインフルエンザに感染してしまうと学校などに5日間出席することができなくなります。


インフルエンザに感染したとしても、発熱は2、3日で治まるので、いきたくなってしまうかもしれません。たとえ熱が下がっても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、他人にうつる危険性があります。



なので、出席停止の期間を守ることが集団感染予防には必要なことです。うんちがでなくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭の原因となります。
どのように毎食後歯ブラシをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、お口の臭いは腸から胃をたどって不要なものを排出しようとし、口臭として現れるのです。

この場合、便がでるようになると、口の臭いも同時に改善されると言われています。ここのところの研究でインフルエンザ予防に対して乳酸菌が高い効果を誇るということが知られてきました。というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで全て防ぐことはできません。

乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力のほうがアップして、インフルエンザ予防になったり、軽い症状にする効果が高まるわけですね。

元々、アトピーに有効な化粧水を使い続けています。友人に教えてもらった化粧水は、ひどかった私のアトピーを大変きれいにしてくれたのです。

朝晩鏡を見るのが、今では楽しみになりました。触る度に素肌がスベスベになったことを喜びに感じます。
知っての通り、アトピーは大変に耐え難い症状が出ます。

暑い寒いに関わらず一年中かゆみとの闘いになります。


夏場は汗をかくのでかゆみが増し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、誤って摂取してしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸が困難になってしまうこともあります。母は深刻なアトピーです。


遺伝したみたいで、私も同じくアトピーになってしまいました。皮膚がボロボロになって、日々保湿を欠かすことができません。
スキンケアをしっかりしないと、外にいくのも難しいのです。母のせいではないですが、将来、私の子供にも遺伝するのではないかと思うと、絶望的な気持ちになります。
実際、便秘になっても、薬によって簡単に、解決できると思いますが、薬頼みになるのはよくないので、やはりまず最初に食事を見直してみてください。特に食物繊維を多く含む食品を摂るのは効果的で、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。

野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。



1日の中で乳酸菌を摂る理想の時間ですが、商品パッケージには適量と回数が、書いてあるところがありますから、それが参考になるでしょう。1日の摂取量を一度 でまとめて摂取するのに比べて、何回かに分けた方が体内への吸収ということで効果が期待できます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる