長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなBASENAME: post56

January 10 [Tue], 2017, 2:12
長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トにすると、このようになりますよと説明されインプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トの方が良いと考えました。
費用も見積もりを出して貰い、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トが良いとのことでした。
手術が終わり、インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トが正解だったと思います。
インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)ト治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)ト治療になるといった患者さんに適用されるのが普通です。
インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トと入れ歯とのちがいが気になるところですが、インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、ご飯が確実に美味しくなります。
現在、インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トの人工歯根はチタンが多くなっています。
特質として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
治療を初めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を初めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できるでしょう。
また、治療そのものと同じくらい大切なメンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能なんです。

http://xn--t8j0a5d2r8dnb0a8mv796f.xyz/

新たな歯科医療の形として注目され BASENAME: post57

January 07 [Sat], 2017, 3:31
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行なえるかどうかや、担当医の技量によって変わるみたいです。
口内のセルフケア(人に任せるとどうしても時間やお金がかかりますから、こまめに自分で行うのがある意味理想かもしれません)を怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使いはじめてから、口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないみたいです。
これでは折角のインプラントが台無しです。
りゆうとしては、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。
そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決をはかることです。
インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行なわれていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。
そうだとすれば、セルフケア(人に任せるとどうしても時間やお金がかかりますから、こまめに自分で行うのがある意味理想かもしれません)と歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。

インプラン(設計図や図面のこ BASENAME: post58

January 04 [Wed], 2017, 8:28
インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)ト治療には隠れたメリットがあります。
治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。
一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保つ事ができるのでこの歯はインプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トだと自分でいわなければいかにも義歯だと思われることは気にする必要はないはずです。
自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。
インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)ト治療による危険性を聞いたことがあると思います。
その一つとして、インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。
しかし、それは正しくありません。
磁気を当てて画像を創るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。
検査で問題になることはまずありません。
インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)ト治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。
失敗の可能性をちょっとでも下げるために歯科医はよく考えて決めて頂戴。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療 BASENAME: post59

January 01 [Sun], 2017, 5:09
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。
インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。
虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。
保険が聴かないため、高額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
手術がおわり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、色々なケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を初めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとし BASENAME: post60

December 29 [Thu], 2016, 10:22
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないなどの希望があるケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるため、一周削ることになります。
これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと希望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもほとんどありません。
自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですよね。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

金属でできたインプラン(何事も BASENAME: post61

December 25 [Sun], 2016, 18:30
金属でできたインプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。
健康保険が適用されるインプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト治療はごくまれで、全額自費と考えて下さい。
もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。
典型的なインプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト治療は、3ステップあると考えて下さい。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのが大まかなプロセスです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大切だと思います。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を初めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえて下さい。
この治療のメインとなるインプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。
糖尿病や心疾患(後天的な要因が元になる場合もありますが、先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることもあるでしょう)などの既往症があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
或は、インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨など自家骨の移植手術だったら入院することや、複数の病院で手術することもあります。
このような難しい治療をおこなう場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

インプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しな BASENAME: post62

December 22 [Thu], 2016, 2:13
インプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を掲げている歯科医院で、外来でおこなうごく一般的なインプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見て下さい。
どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)です。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。
費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、ご飯も美味しいと思えます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。
差し歯とくらべて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行なえるのが最大の特質であるといえます。

気になるインプラント手術の内 BASENAME: post63

December 19 [Mon], 2016, 17:01
気になるインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没指せて癒着指せ、その上から義歯を付けるものです。
旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
この最新の治療法には、歯科医を始め、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルを欠かすことは出来ません。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療と言うことであり、その分高額になっているのです。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごさなければなりません。
日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動は当分控えてちょーだい。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておけばベターです。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、すべての人に治療している訳ではなく検査の段階で断られることもあるそうです。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があるのなら以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で捜すことが必要です。

歯科治療の現場は日々進化を続 BASENAME: post64

December 16 [Fri], 2016, 2:50
歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなっていますが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大切だといえるでしょう。
高額なインプラントは、一体何年くらい持つのかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
口を開け立ところを見ればほとんどの場合、インプラントが優位にたちます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してちょーだい。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとして BASENAME: post65

December 13 [Tue], 2016, 5:15
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
治療の一部を保険適用にするのみでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方に似つかわしい治療です。