荒井で桜井

March 11 [Sat], 2017, 19:10
日本にいる看護師の年収は平均して437万円くらいです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院の看護師は、公務員あつかいでの勤務のため、年収は平均して593万円くらいになります。


公務員として勤務している看護師は給与の上がる率も民間病院より大聞く、福利厚生も充実した内容になっています。准看護師として働いている場合は、看護師よりも平均年収が70万円程度低いです。国の看護師資格試験は、1年に1度受けられます。ナース不足が懸案となっている今の日本に好都合なことに、この何年かの国家試験の合格率は、9割ほどで非常に高いレベルを、動かずにいます。

看護師の国家資格の試験は、定員以外をふるい落とす試験ではなく、決められたレベルの得点をあげれば資格を取得できる試験です。

看護士の募集はいくらでもありますが、願望に合った条件の求人があるとは限らないものです。


看護資格を持つ方で就職できればいいやと思っておられる方は少ないでしょう。なるべく給料が高くて職場環境が良く、夜勤がまわってこないところではたらきたいと思っている方がほとんどです。



願望通りの条件で転職するには、情報収拾が鍵を握ります。
看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いと言われています。看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れたり、テストに通らなかっ立といっ立ちょっとしたことで留年してしまうようです。それほど厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。看護師の国家試験は、年に1度開催されます。

看護師の人数の不足が問題視されているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保ち続けています。

看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格可能な国家試験です。

看護士の志望動機を述べるときは、実際に何が原因で看護師を志すことになったのかを加えると、印象が良くなります。


転職の際の志望理由は、これまでに培った技術をいかしたい、多くの人の役に立てるように更に技術を身につけたいなど、明るく好印象を与えるものにして下さい。かつての職場で不満に思ったことや悪口はいわないようにすることが最も大切です。高校進学の際に衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、一番早く、看護師の資格を得ることが出来るでしょう。



しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは大変です。


さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、準備期間が足りないために勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格するのが難しいともいえます。看護師の勤め先といえば、病院という考えが普通でしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にもいっぱいあります。



保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上の各種のケアをするのも看護師の職務です。
それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為は看護師が行なうことが多いです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サキ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる