ライン組織とファンクショナル組織の融合「ライン&スタッフ組織」

September 01 [Sun], 2013, 3:53
企業の組織の代表的な運用形態として挙げることのできる「ライン組織」と「ファンクション組織」。
この二つは相反する特徴を持つことも多く、どちらの方法で組織を運用していったとしても何らかのデメリットが生じることは避けられないことでした。



しかしこれらの二つの組織形態の良い点だけを集めた組織の運用方法として「ライン・アンド・スタッフ組織」というものが存在します。



この「ライン・アンド・スタッフ組織」の管理者は一人と言う点はライン組織と同様です。



しかしその管理者の周りに助言や支援を行う「スタッフ管理者」という管理者を置くことで、ファンクション組織と同様に部下が情報を得ることのできる上司を設けます。
最終的な指示や命令は本来の管理者一人が行うことになりますので統率されたライン組織の特徴を持ちながら、管理者の負担を軽減し、管理者の育成を速めることのできるファンクション組織のメリットもあるのです。



しかし、部下のポジションから上を見上げた時にはその様相はファンクション組織とあまり大きな違いはありません。
このことからサポートとして携わるスタッフ管理者の自分の勤めの内容がサポート役であるということをしっかりと認識した上で職務を行っていく必要があり、そのことをしっかりと組織内に浸透させておくためのコミュニケーションが重要になってきます。



ところが、この意識があまりに強まりすぎれば主となる管理者はサポートするスタッフ管理者を軽視することもあります。
そのなれば本来の「ライン・アンド・スタッフ組織」としてのメリットが少なくなることもあり、この本来の管理者とスタッフ管理者のバランスが非常に重要になってくるのが「ライン・アンド・スタッフ組織」の特徴と言えるでしょう。



目黒区の税理士を探すなら税理士目黒区com
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haetm95186
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/haetm95186/index1_0.rdf