赤ちゃん2人目を生んだ女性が生え際後退から復活する方法

January 18 [Wed], 2017, 14:51
2人目の妊娠が分かった時、切迫流産の可能性もあったので、ヒヤヒヤした時期はありましたが、無事に出産できてほっと一安心。と思ったら、思わぬ抜け毛に悩まさることになりました。

出産直後だからしょうがないかと、時期に治るのを待っても、抜け毛が収まることなく生え際がじりじりと後退する一方。



もともと広かったおでこがますます広くなってしまい、このままだとカツラをかぶらなきゃいけなくなるんじゃ?と、またヒヤヒヤする羽目になったんですが、無事に薄毛を食い止めることができました。

どうすれば前髪を甦らせることができるんだろう?と出産後の薄毛対策について必死に調べたところ、生え際を髪の毛でフサフサにすることができました。



むしろ同年代に比べても髪質が艶々になり、自分の髪に自信を持てるようになったんですが、私が一体どんな方法で育毛を成功させたのか?このブログで詳しく紹介しています。

ちなみにAGA治療を受けたわけじゃないので、育毛のために目が飛び出るようなお金を注ぎ込んだわけじゃありません。かなりリーズナブルに抑えることができました。



■ミノキシジルは効果あるの?

薄毛が進む原因の一つが頭皮環境の悪化です。そこでシャンプーでしっかりと頭皮をもむように洗い、フケや皮脂で毛穴が詰まらないように気を付けます。

また、シャンプーの泡が頭皮に残らないようにしっかりすすぎをしましょう。忙しいとすすぎに手を抜きがちですが、すすぎにこそ力を入れるべきなんです。



それとミノキシジルという育毛成分が医学的にも発毛効果があると言われていて、実際に男性女性問わず多くの人が髪の毛が生えてきた!という実感を得ています。

ミノキシジルが頭皮の血行を促して毛根の働きを強化してくれるからなんですが、ミノキシジルには副作用のリスクが強いこともわかっています。



頭皮環境を荒れやすくして、毛根にダメージを蓄積するようなことになってしまうんです。いわば、ブレーキを掛けながらアクセルを踏むような形になってしまうんです。




■DHTを抑えることが大切

生え際後退を食い止めるにはもう一つ、DHT(ジヒドロテストステロン)という成分の働きを食い止める必要があります。DHTとは簡単に言うと、男性ホルモンの一種。

出産の影響でホルモンバランスが変わったことによりDHTにつながる男性ホルモンの分泌量が増えてしまったのではないかと考えられるわけです。



DHTの生成を抑えるために、フィナステリドという育毛成分が開発されていて、フィナステリドを使った人たちの評判も高いと言えば高いんです。

ただミノキシジルと同様に副作用のリスクがあるんです。生え際を完全に復活するために、逆に髪の毛が生えにくくなってしまう危険性がきわめて高いんです。



■キャピキシルを使うのが効果的

お医者さんも発毛効果を認めているミノキシジルもフィナステリドも、副作用のことを考えると危なっかしくてなかなか試す気にはなれません。

けれども、割と最近になって開発されてキャピキシルなら別です。キャピキシルは体に害のない天然成分のみで構成されているので、頭皮に悪影響を与える心配がほとんどないんです。



ミノキシジルとフィナステリドの良いところどりをしているというし、返金保証付きで試せるというので、キャピキシル配合の育毛剤をさっそく取り寄せて使ってみることにしました。

育毛剤はべたついたりてかったりするものが多いと聞いていたんですが、つけた感じはさっぱりしていて、手に嫌な感触が残ることもありませんでした。



使い始めてから1ヶ月。さすがにまだ効果はないだろうと思っていたんですが、生え際付近のあの絶望的な抜け毛がだいぶ収まっていました。

この時点ではまだ発毛していることが確認できなかったものの、2か月目くらいからは太い毛がポツポツ生え始めているのがわかりました。



それからのことはなんだかあっという間のことのような気がします。鏡を見るたびに髪の毛のボリュームが増えているような感覚がありました。

おかげさまで今は、生え際のことで悩んでいたなんて全くわからないほど、以前のようなヘアスタイルを作れるようになりました。


どちらかというと髪の毛の質感がアップして、枝毛もしにくくなったので、むしろ若返ったような気がするくらいです。



私の頭に若々しい髪の毛を甦らせてくれた育毛剤がこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓
ザスカルプ













キャピキシル育毛剤を選ぶならスカルプ5.0c!

January 18 [Wed], 2017, 14:48
キャピキシルを配合した育毛剤はいくつか種類があるんですが、注目しなければいけない点が1つあります。それが浸透力です。
キャピキシルをそのまま頭皮に塗っても実はちっとも頭皮にしみ込まないんです。頭皮のバリア機能によってはじかれてしまうんです。

スカルプ5.0cはそこで、キャピキシルを頭皮の内側へ送り届けられるように、ミスティウォーターという特殊な水を使うことで、毛根にしっかり成分を届けることができるんです。