生え際がきてる!脱・プロペシア副作用の強力薄毛対策とは? 

July 25 [Mon], 2016, 10:24
プロペシアを飲み続けて1年になる。

抜け毛が減って効果は出ていると思うが、
副作用がひどくでこの1年ずっと気分がふさぎがち。

好みの女性を見ても何も感じなくなってしまった。

薬をやめるとまた抜け毛が進んでしまう恐怖から、
副作用は感じないと偽って飲み続けている。



あなたは抜け毛の恐怖から
AGA治療薬の副作用を感じながらも
止めることができずに悩んではいませんか。

確かに薄毛に悩む方にとっては、
実際に効果を実感している薬を止めてしまうというのは
とても勇気のいることですよね。

でも、やはり副作用を感じているのなら
続けるべきではありません。

今使っているAGA治療薬以外にも
発毛効果に期待できる治療薬や方法はあります。

たとえば、プロペシアを飲んだら副作用があったけれど、
ミノキシジルに変えたら副作用もなく、
髪の毛にハリが出てきた・・・ということもあるわけです。

処方されたAGA治療薬による副作用を感じたなら
迷わず医師に相談することをおすすめします。

もしも他のAGA治療薬を処方され
副作用が心配で仕方がないというのであれば、
自毛植毛という方法もあります。

従来の自毛植毛とは違い、
メスを使わない「i-ダイレクト法」は、
95%以上という高い生着率を実現しています。

メスを使わないため傷跡を残すこともありません。

自毛植毛は拒絶反応がなく、
メンテナンスの必要もありません。

薬による治療の場合は、
継続しなければその効果は薄れてしまいますが、
自毛植毛後は診療費や薬代などが不要になります。

ただし、自毛植毛にもデメリットはあります。

髪の生えている場所の頭皮から採取するため、
必然的に本数に制限があり、
全体的に薄毛が進行している場合できないこともあります。

また、より生着率を高めるために手術を何度かに分けて
行う必要があります。

保険がきかない自費診療の外科手術なので、
植毛本数によってはかなりの額になってしまいます。

AGA治療薬の副作用を心配しながら、
毎月の負担が少ないからと
薄毛が気にならなくなる年齢まで使い続けるのか・・・

費用は高いが、
安全で手術後費用のかからない自毛植毛にするのか・・・

どちらにするかはあなたの考えによりますが、
AGA治療薬の副作用がどうしても気になるというのであれば、
1度自毛植毛の無料カウンセリングだけでも
受けてみてはいかがでしょうか。

今ならページ限定キャンペーン中で、
下記のリンクページ内より無料カウンセリング予約で
自毛植毛「i-ダイレクト法」基本治療費50%OFFになります。


メスを使わず傷跡を残すことのない
i-ダイレクト法に興味を持たれた方は、
こちらをクリックして詳細をご確認ください。
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓