赤ちゃんの乾燥肌やアトピーが治る肌潤糖の使い方

December 15 [Thu], 2016, 14:07
肌潤糖に含まれる成分は、全て体に悪影響のない天然成分のみで構成されているので、敏感な赤ちゃんの肌にも安心して使うことができます。

口コミでも「アトピーで真っ赤だった肌が良くなってきました!」「乾燥してガサガサだった肌がすっかりしっとりしました!」といった評価が相次いでいます。



赤ちゃんのうちに起きた肌トラブルは後々になって目立ってしまう危険があるものの、肌潤糖でケアをすればそういったリスクをあらかじめ取り除くことができます。

このブログでは、肌潤糖を使って効果的に赤ちゃんの肌をいやしてあげる使い方や、赤ちゃんの肌は特に保湿が大切な理由を紹介しています。



■赤ちゃんに保湿が大切な理由

赤ちゃんの肌が乾燥しやすいのは、大人とはちょっと事情が違います。大人だと新陳代謝が乱れることが乾燥の原因だったりするんですが、赤ちゃんの場合には、逆に新陳代謝が活発過ぎることが原因なんです。

まだしっかり成長しきっていない皮膚がどんどん肌表面へと送り込まれることによって、肌内部に十分に水分を蓄えられないし、バリア機能だって十分に持つことができないんです。



さすがに新陳代謝を遅らせることはできないので、赤ちゃんの肌の乾燥対策には保湿効果のあるクリームや保湿剤を使わなければいけないんです。

放っておいたらますますバリア機能が低下してしまい、ちょっとした刺激がアレルギー反応を起こしてしまうアトピーを招く危険があります。



肌が刺激にさらされやすい状態が続くと、肌内部にわずか傷が残るようになります。そうした傷が大人になって大きなシミや黒ずみとなって現れるようになります。

場合によっては、高いお金を払って美容手術を受けなければいけないほどシミがひどくなってしまう可能性もありますから、今のうちに手を打っておくべきなんです。




■塗るタイミングが大切!

肌潤糖はいつ塗っても良いわけではありません。時間帯は朝でも夜でもいつでも良いんですが、沐浴を済ませて肌が確実にきれいな状態で塗るようにしましょう。

口コミの中には「あまり効果がなかった」という意見もあり、確かに肌質によって効き目に違いが出るのは避けられません。けれども、肌が汚い状態で塗っている人も少なくないんです。



肌潤糖では保湿成分(砂糖)が肌の中へしっかり染み込むための工夫が施されているものの、肌が汚かったら、浸透を妨げられるのは目に見えています。

表面的には潤っているように見えても、肌内部が乾燥したままになってしまい、インナードライ肌になってしまいかねません。

肌潤糖を塗るのはできれば沐浴中に済ませてしまうのが良いですよ。




■1日2回使ってあげよう

肌潤糖の効果を高めようと思ったら、塗る回数を1日2回に増やすのが良いです。朝と晩で約12時間空けるのが良いですね。

特に朝に肌潤糖を塗るのが効果的です。と言うのも、肌の新陳代謝が最も活発に進むのが夜なので、朝は垢がたくさん出やすい時間帯だからです。



垢によって肌が刺激されてしまうこともありますから、沐浴でしっかり洗い流して肌潤糖を使うことで、肌が汚れすぎないようにしつつ乾燥から肌を守ってあげることができます。

赤ちゃんの場合だと、時期に新陳代謝のリズムも整ってきます。それまでは丁寧に保湿をして、赤ちゃんの肌がきれいに成長するように導いてあげましょう。



乾燥しがちな赤ちゃんの肌も効果的に保湿してくれる肌潤糖の効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓












肌潤糖で美肌菌も育てよう

December 15 [Thu], 2016, 14:04
赤ちゃんは生まれた瞬間から様々な菌に身体が覆われるわけですが、菌の中には美肌菌と言う肌に良い働きをしてくれるものがあります。
たとえば表皮ブドウ球菌は肌を弱酸性に保ってくれるので、顔ダニやアクネ菌といった悪者が増えすぎないようにしてくれます。

美肌菌の多くは砂糖(糖分)がエサになるので、肌潤糖を使うことで肌の菌活もすすめることができますよ。