赤みが気になる方の正しいスキンケア方法とは?

May 19 [Mon], 2014, 11:42
女性は年齢と共に肌質の変化が感じられやすいものですが、50代に突入すると更年期と重なって肌質が急激に変化しやすくなります。
季節によって肌質が変わるため、お手入れが大変だと感じている方も多いはずです。
肌の赤みが春になると気になり出す方は今後肌荒れを引き起こす可能性が高いため注意が必要です。

肌の赤みが春になって暖かくなると感じられるようになった方は乾燥肌が加速していると考えられます。
しっかりと潤いを補給しているつもりでも、しっかりと肌の奥にまで潤い成分が届いていない可能性が高いです。

50代になると肌の3大保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドが急激に減少します。
お肌の潤いが失われると大人ニキビ等の肌荒れを引き起こしたり、ハリや弾力を失わせて肌老化を招きます。
更年期の閉経時期と重なってホルモンバランスが急激に変化するのも肌質が急変する大きな原因です。

特に独身で仕事もしている方はストレスが溜まりやすいため自律神経に与える影響も大きいです。
肌荒れを引き起こす原因がいくつも重なる可能性が高いため、正しいケアが必要になります。

お肌の奥に潤い成分が浸透させて補給しなければどんどん肌トラブルが悪化の一途をたどります。
肌の赤みが春になると現れるのは肌トラブルが続出し出す前兆と考えられるため、一刻も早く正しいスキンケアを実践して下さい。

正しいスキンケアの基本はとにかく保湿です。
健康的な肌を維持するには肌の奥に潤い成分を補給して乾燥させないようにして下さい。
肌の乾燥はターンオーバーの乱れを招き、どんどん角質を厚くさせて大人ニキビなどの肌荒れの原因になります。

基礎化粧品を選ぶ際にはただ単に保湿成分が含まれていれば良いのではなく、浸透力を重視して下さい。
肌の奥にしっかりと保湿成分を届けなければ根本的な解決にはなりません。

ラ・ミューテは浸透性の良い保湿成分を補給し、肌のバリア機能を高める成分が配合された基礎化粧品のラインアップが揃っており、正しい大人向けのスキンケアにも最適です。
美容液半額キャンペーン【リピート付き】