森の命は、人類の命ともつながっている・・・ 卓上 

2011年01月05日(水) 23時37分
 インドの詩人タゴール(1861〜1941年)は、木々や草花に心を寄せる詩をとても多く残している

 <静かに、わが心よ、これら大きな樹木たちは祈祷(きとう)者なのだ>(「迷える小鳥」より)。札幌在住の写真家阿部幹雄さんと随筆家高田宏さんの共著「祈りの木」(飛鳥新社)は、この一行詩を扉に置いて、北海道から西表島まで幾世紀も生き続ける木々を写真と文で記録した美しい本だ

 表層に若さ、内奥に老いとシを抱えながら屹立(きつりつ)する巨樹。<その前に立つとき、人はおのずと頭を垂れる>。高田さんの実感は、タゴールの詩と響き合う

 名木でなくてもいい。初詣の雑踏をそっと離れて、境内の奥にひっそりとたたずむ木と向き合ってみる。冬芽を空に突き刺す庭木を窓越しにながめてみる。37億年の生命の歴史の中で、私たちとは別の生き方を選んだ彼らと、いまこの時を共有する不思議を思う

 昨年、鈴木章さんと共にノーベル化学賞に輝いた根岸英一さんは、今後の研究テーマに人工光合成を挙げていた。光と炭酸ガスからでんぷんや糖を生み出す光合成は、はるか昔に植物が生きるために獲得した化学反応だ

 タゴールは別の詩で言う。<死んだ木の葉が大地に化して自らを喪(うしな)うとき、彼らは森の命に参加している>。森の命は、人類の命ともつながっている。今年は国際森林年でもある。草木から多くのことを学びたい。

 卓上四季(1月1日) 北海道新聞
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

札幌ドームで斎藤と田中の対決。4万人の大観衆のどよめきが聞こえてきそう・・・ 卓上四季 八葉蓮華 

2010年11月01日(月) 23時35分
 サイトウ君。どうも、はじめまして。ボク、札幌ドームです。北海道日本ハムが、あのハンカチ王子・斎藤佑樹投手(早大)の入団交渉権を獲得したと聞いて、矢も盾もたまらずに、こうして人間語で話してます

 キミの東京六大学の先輩で、立教大野球部にいた作家伊集院静さんは<野球というスポーツは少年野球から草野球、プロ野球にいたるまで、誰かがいたずらをしたのではないかと思えるような奇跡が生まれることがある>と書いてます(「兎(うさぎ)が笑ってる」文芸春秋)

 野球の神様はドラフトでも粋な演出をするよね。4年前、夏の甲子園で駒大苫小牧の田中将大投手(東北楽天)と投げ合って、決勝再試合の末に駒苫の3連覇を阻んだのがキミ。道内の野球ファンは悔しい思いをしたけど、とても感動もした

 プロで投げるなら田中投手のいるパ・リーグ、それも因縁たっぷりの北海道が本拠地の日ハム以外に考えられないっしょ。斎藤と田中の対決。あぁ、4万人の大観衆のどよめきが聞こえてきそうだ

 稲葉ジャンプもすごいよ。このどっしりしたボクがゆさゆさ揺れるんだ。ピンチになっても大丈夫。日本一温かいファンが支えてくれる。さあ安心して、ボクのこの大きな懐に飛び込んでおいでよ

 そうだ、命名権が売れると来春にはボクの名前は少々変わっているかもしれない。でも、この熱い心はこのままでいますから。

 卓上四季(10月30日) 北海道新聞
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

未来のために!子どものために!名古屋の生きもの会議・・・ 卓上四季 八葉蓮華 

2010年10月22日(金) 0時29分
 動物や植物に「私たちにも参加させてほしい」と言われたら、断る理由を探すのに困るのではないだろうか。名古屋市で生物多様性条約の第10回締約国会議(COP10)が始まった

 地球上のさまざまな生きものとの共存を話し合う。別名「国連地球生きもの会議」という。であるならば、やはり人類以外の生物にも出席して発言する権利はありそうだ

 ドイツの児童文学者ケストナー(1899−1974年)が第2次世界大戦終了から4年後に書いた「動物会議」は、性懲りもなく再び戦争を起こそうとする人間に怒った動物たちが一堂に集まって緊急会議を開く

 ある出来事のために世界各国は国境を取り払って武器を放棄し、永久平和条約を結ぶことになるのだが、種明かしは物語に譲ろう。会議に参加したライオンやゾウ、シロクマやミミズなどが掲げたスローガンは「子どものために!」だった

 それは「未来のために!」と同じ意味を持つ。名古屋の生きもの会議に参加しているのは、各国代表とその体内にすむ大腸菌などの微生物、いても寄生虫くらいか

 文化人類学者の今福龍太氏は「エコロジー(生態学)は、万物の呼びかけに答える谺(こだま)の学『エコーロジー』ではないか」という。炯眼(けいがん)だ。人間には、先進国と発展途上国の対立を乗り越えて、言葉を持たない「生命」の声に耳を澄まし、彼らの意見を代弁する責任がある。

 卓上四季(10月19日) 北海道新聞
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

世間の目がないところに、マナーもしつけも成立しない・・・ 卓上四季 八葉蓮華 

2010年10月04日(月) 23時35分
 近所の銭湯が廃業した。ボイラーが故障し、やむなく閉鎖します−と張り紙があり、間もなく解体工事が始まった。秋の日にさらされたタイル張りの浴場が痛々しい

 男湯のペンキ絵はキュービスム風に胸の位置と体の向きがちぐはぐな女神像だった。勝手に「ピカソのビーナス」と名付け熱い湯にゆったりつかって、あかず眺めた時間がいとおしい

 外壁が取り壊されて、女湯の絵が赤茶けた雄々しい岩山だったのを初めて知った。いまとなっては由来を尋ねるすべもない。古いが落ち着いたたたずまいの銭湯だった

 番台には、笑顔のすてきなおばあさんが座っていた。「お金はいらないから牛乳飲んできなさい」とよく声をかけてくれた。娘を連れていたころは娘に。一緒に入らなくなり、私一人になってからは私に

 おばあさんにしてみれば、孫とひ孫のようなものだったのかもしれない。常連の話では「90歳を過ぎている」とのことだった。番台を離れ、寂しい思いをされているのではないか

 銭湯の廃業に歯止めがかからない。道内では昨年度だけで21軒が姿を消している。「銭湯とはただ湯につかって体を洗う空間ではない」と言ったのは、詩人田村隆一さんだ。家庭の風呂には「世間」がない。世間の目がないところに、マナーもしつけも成立しない。<銭湯廃れば人情廃る>。この秋は、詩人の警句がことのほか身に染みる。

 卓上四季(9月30日) 北海道新聞
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

「尖閣諸島」立ち居振る舞いを世界が注視している・・・ 卓上四季 八葉蓮華 

2010年09月19日(日) 23時21分
 いろんな覚え方があるようだが、こう暗唱した記憶がある。<水兵リーベ僕の船、そーっと曲がるシップス・クラークか>。語呂合わせによる元素記号の記憶法

 <水兵リーベ>は水素、ヘリウム、リチウム、ベリリウム。<そーっと曲がる>はナトリウム(ソーダ)にマグネシウム、アルミニウム…。といったふうに原子番号1の水素から同20のカルシウムまで覚える

 あと一歩頑張るとカルシウムの次はスカンジウム。最近話題の希土類の一種だ。レアアースとも呼ばれる希土類はハイテク製品の部品づくりに欠かせない。ところが世界一の産出量を誇る中国が大幅な輸出削減を打ち出したため、価格が高騰。日本をはじめ世界を困惑させている

 貴金属に匹敵する「希少な土」をこれまで「大根のような値段で買われた」という不満があるようだが、削減見直しの声に対して「聞く耳を持たぬ」といった姿勢には持てる国のおごりも見え隠れする

 折しも、かの国の漁船が尖閣諸島の日本領海内で、<そーっと曲がる>どころか海保の巡視船に衝突した。漁船員は帰国したが拘束中の船長の解放を求めて抗議行動が過熱気味だ

 ここは中国に冷静な対応を求めたい。いまや押しも押されもせぬ大国。その立ち居振る舞いを世界が注視していることをもっともっと意識したほうがいい。この言葉を贈ろう。<実るほど頭(こうべ)を垂るる稲穂かな>。

 卓上四季(9月16日) 北海道新聞
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

1億2千万人余の国家、日本を覆う出口の見えない閉塞感・・・ 卓上四季 八葉蓮華 

2010年09月05日(日) 23時39分
 いまこの時も地球の裏側の地中深くで救いを待つ人たちを思うと、息が苦しくなる。作業員33人を地下700メートルに閉じこめた南米チリの鉱山落盤事故は、発生から間もなく1カ月になる

 高温、多湿の閉所で耐える困難はいかばかりか。秩序を保ち生きる支えになっているのは「全員一緒に生還する」という強い意志と希望だろう。脱出トンネルの貫通はクリスマスごろになりそうだ。一刻も早い救出を祈りたい

 地球を半周し、わが国を思う。地中の被災者を引き合いに出して申し訳ないが、日本を覆う出口の見えない閉塞(へいそく)感はどうしたことか。1年前の政権交代は打開を求める民意だった。だが民主党政権はその期待に応えていない

 チリ落盤事故で閉じこめられた作業員のリーダー、ルイス・ウルスアさん(54)が真っ先に取り組んだのは《1》食料を平等に分ける《2》水の確保《3》仕事をつくる−などだった。富の分配、資源・雇用確保など政治の役割に通ずる

  33人の小集団と1億2千万人余の国家では条件は違うが、私たちが被っているのは「政治災害」とも言うべき政治の機能不全ではないか

 民主党は、菅直人首相と小沢一郎前幹事長による代表選に突入する。嵐の予感がする。告示日のきょうは、「防災の日」でもある。偶然にしては少々出来すぎている。醜い権力抗争によって国民生活が大災害に見舞われることだけは御免蒙(ごめんこうむ)りたい。

 卓上四季(9月1日) 北海道新聞
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

「上機嫌のすすめ」大きな目的を忘れない人は小さな目的に溺れない・・・ 卓上四季 八葉蓮華 

2010年08月31日(火) 23時43分
 朝から家族で遊園地に行こうと車で出発した。ところが大渋滞に巻き込まれてイライラ。「だから早く出ようと言ったのに」「あなたの支度が遅かったからでしょう」と互いに相手に当たる始末。車内の雰囲気を変えるにはどうするか

 書道家の武田双雲(そううん)さんの解答−遊園地に行く目的を考える。「一番の目的」は、家族で楽しむことだとわかるはず。すると、車の中でも楽しめることを考えるとか、込む遊園地を避けて行き先を変える判断もできる。「上機嫌のすすめ」(平凡社新書)でそう記している

 民主党という超大型バスに乗っている議員は、どんな目的を胸にしているのだろう。党代表選びのすったもんだを見ていると首をかしげてしまう

 菅直人首相と小沢一郎前幹事長の一騎打ちの様相だが、2人は何のために何を競おうとしているのか。まずそこをはっきりすべきだ

 政権与党が肝心の政策はそっちのけでは国民は不安でならない。参院選の敗因でもある「政治とカネ」の問題もうやむや。どちらが首相になった方が衆院解散を先延ばしできるかという「下世話な政局話」が堂々と交わされるのだからあきれかえる

 政権交代で燃え尽きたわけではあるまい。政権交代は目的実現のための手段だったはずだ。武田さんの言葉をもうひとつ−<大きな目的を忘れない人は小さな目的に溺(おぼ)れない>。民主党の大きな目的とは何だ。

 卓上四季(8月27日) 北海道新聞
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

連綿と続いてきたお盆という習俗と戦争を問う日・・・ 卓上四季 八葉蓮華 

2010年08月19日(木) 23時24分
 君は幽霊と向き合っているか−。札幌でも上映された映画「しかしそれだけではない。加藤周一 幽霊と語る」は見る者にそう問いかける

 スクリーンから射抜くような視線で客席を見詰めて語りかける加藤周一さんは、2008年に89歳で亡くなった。日本を代表する知識人として、ある種の郷愁を抱いて戦前に回帰しようとする精神風土を鋭く批判し続けた人だ

 加藤さんは淡々と、だが時に怒りを込めて言う。学徒出陣で戦地に送られシんだ同じ医学生の親友、中西哲吉の幽霊と戦後もずっと語り合ってきた。すべての幽霊は年を取らない。だから意見が変わらない。なぜ中西はシに、自分は生き残ったのか。戦争はいかに愚かか。シ者との途切れぬ対話が、加藤さんの思想を支えてきた

 お盆休みで帰郷している人も多いはずだ。仕事が忙しく、働きながら故郷を思っている人もいるだろう。それぞれが、さまざまな形で異界から戻ってきた親しい人たちと心の中で言葉を交わしていることだろう

 懐かしく、楽しい思い出ばかりではない。理不尽に人生が断ち切られたことへの消えない怒りもあろう。命が燃え盛る夏は、生とシの輪郭をひときわ際だたせもする

 連綿と続いてきたお盆という習俗と戦争を問う日が重なったのは歴史の偶然かもしれないが、この偶然を大切にしたい。生者が耳を澄ませば、きっと幽霊は語ってくれる。

 卓上四季(8月14日) 北海道新聞
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの・・・ 卓上四季 八葉蓮華 

2010年08月19日(木) 23時23分
 天気予報が台風の接近を告げる夜。帰宅途中の雨の草むらからかすかに虫の音が聞こえてきた。ジ・ジジ。ル・ルロルロ。空も足元も季節は着実に動いている

 <肩すそさせのこほろぎは/秋の夜ごとに涙をさそふが/あなたがそばにゐたときは/それはやつぱり唄(うた)だった>。「銀の匙(さじ)」で知られる作家中勘助(なかかんすけ)の詩「こほろぎ」は初秋の寂寥(せきりょう)をうたう。冒頭の<肩すそさせ>は、かつてコオロギの鳴き声を「カタサセ、スソサセ、ツヅレサセ(肩刺せ、裾(すそ)刺せ、綴(つづ)れさせ)」と聞きなしていたことに由来する

 さあ、もう着物のほころびを縫い直しておきなさい。季節の移ろいに備える心得を虫の音に聞き取る鋭敏な感性。失ってしまうのは惜しい

 さて、菅直人首相は軽井沢のホテルで夏休みの最中だそうだ。高原の避暑地は朝に、昼に、夕に、さぞや多くの虫たちがすだいていることだろう。自らの「疳(かん)の虫」を押さえ込み、なんとか参院選敗北後の国会をやりすごした菅さんに、虫たちの合唱は、どう聞こえるか

 ショーヒ・ゼイゼイ・シクジッタとかオーザワザワ・ザワツックでは心も安まるまい。伸子夫人の近刊書の題名「あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの」にうなされたりしてませんか?

 15日に公務に戻る。つかの間の休息。英気を養ってほしい。<政治・経済の破れや綻(ほころ)びを早く縫い直せ>が「民の声」だ。

 卓上四季(8月13日) 北海道新聞
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

国外に流出した文化財「略奪した文化」人類が問われている・・・ 卓上四季 八葉蓮華 

2010年08月15日(日) 23時23分
 目を見張るような異国の宝物(ほうもつ)を前にしたとき、私たちは、その国の人たちが到達した文化水準の高さに驚き、称賛と尊敬の念を抱く。文化財には言葉を超えた心の交流を促す力がある

 だが、世界に二つとない魅惑的な価値ゆえに、文化財は常に盗掘や略奪といった不幸な歴史を背負ってきた。そして帝国主義の時代。略奪は国家レベルで行われた

 戦争による図書・文書略奪の実態を詳細に調べた松本剛氏の「略奪した文化」(岩波書店)は、戦時中に日本軍が中国から大量の図書を持ち去り、戦後は米軍が日本から公文書や図書をアメリカに持ち去った史実を伝える

 日本政府は日韓併合100年に当たり、韓国が返還を要求していた朝鮮王朝時代の書物「朝鮮王朝儀軌(ぎき)」を“お渡しする”ことを決めた

 植民地支配時代の文化財流出問題は1965年の日韓国交正常化の際に決着済みというのが日本側の主張だ。だから、「返還」ではなく「お渡し」という微妙な言い回しになった。「儀軌」の別の一種は1866年に仏軍が略奪。韓国はこれについても仏政府に解決を求めている

 今年4月、国外に流出した文化財の返還を欧米の博物館などに要求する初の国際会議がエジプトのカイロで開かれた。歴史の見直しも含む難題だが、丁寧に話し合って双方が納得する答えを導き出さなければならない。人類の「文化の質」が問われている。

 卓上四季(8月11日) 北海道新聞
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
P R
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/hachiyorenge/index1_0.rdf