「その日まで」

July 11 [Thu], 2013, 22:12


こんな経験をするとは思ってもいなかった。

毎日どうしていいか分からない。


いつから始まったのだろう。

私は覚えていない。



「おはよー。」
いつものように友達に笑顔で挨拶。
こんなにも中学校生活が楽しいなんて。

学校に行けば皆と話せる。

「友達」と相談できる。

笑顔になれる。

この空間が毎日続けばいいなって思ってた。



でも、いつしか壊れ始めていた。

この空間が。

私は男子にからかわれるようになっていた。

それはとても残酷。

周りを見渡してみれば笑っている。

私のことを言っているの?

ねぇ、私のどこがいけないの?

何か悪いことした?

教えてよ…ねぇ…。

毎日この繰り返し。

でも、まだ光が残っていた。

「親友」が。

いつも私といてくれる。

凄く嬉しかった。


でも、相談できなかった。


私が男子にからかわれていたこと。


男子に

「お前、デブだよな、ぽっちゃりか。臭いよ。」

って言われたこと。


私は自分のなかで抱え込んでいた。


その時ふと思った。

「自分が変わればいいんじゃないか。そうだよ、痩せればいいじゃん?そうすればまたあの空間にもどれるよね。」

この思いがいつしか、私を地獄へとつれていくのであった。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:羽光
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/habatake-mirai/index1_0.rdf