少しの体の動きで改造していくのだ
2012.09.12 [Wed] 17:46

きのうはぐっすりと寝たせいか、体のうごきなども軽快になっている。
目覚めてからちょっとだけストレッチ体操をやった。
カラダをピンと伸ばしたり、曲げてみたりしただけのイージーなストレッチ運動を行った。

これらが良かったのか、血流がとてもよくなった気がする。
洗顔も納得のいくまでしてみた。
かなり気持ちのよい日を迎えられたと思う。

それにしてもやっぱし年を感じてしまったなぁ。
筋肉を伸ばす運動をしてみると、思ったように伸ばせない。
節々で怪しい音がしていて、間違いなくヤバイと思ってしまった。
このことも継続することがいるのだな。

昼ごはんもコンビニはこれからは控えめにしようかな。
そんなに良いうわさを聞かないからね。
こうなったからには、健やかな体を目標にしてみようか。
 

多忙な毎日になっている
2012.08.17 [Fri] 17:45

文句から書き始めるが嫌というほど多忙なのだ!もう3月だ、という単語を聞いてしまうと同時にとたんにすごく多忙な生活になってしまう。
周りは嬉しそうにイベントだ、楽しみだ、と騒いでいるが…
ボクは普通に休む時間もありはしない。

余分な行為を省かせるためになるはずの仕事が過剰行為になることもあるだろう。
そう、今、なんとそういった現状なのだ。反省しないといけないな。
重要なところで効率が悪くなる、ボクのこの性分を何とかしたいものだ。
ボクの子供は何歳までボクを慕ってくれるだろう。
現在の作業が落ち着いたらどこか一緒にいってあげるとしよう。
なんとか慕ってくれていれ欲しいな。
家族とちゃんとした交流もここ最近全然できてないなあ。

ボクがボクの子達ぐらいのころには父親や母は頻繁に遊びに連れてってくれた。今や良いジジババになってます。
親元も全然帰っていない。行楽がてらに立ち寄るか。
子供もジジババも喜んでくれるだろう。
 

忙しさの中で気にするべきこと
2012.07.17 [Tue] 17:44

多忙すぎて色々な事に気をつかえていないのも確かだ。
同僚に対してもいい加減な感じで返答しているようだ。
まずいな、と感じているが目の前の仕事に気を取られてしまう。
部内もやはり通常よりさらにピリピリしてきている。

納入期日を守ることもそれは大事ではある。が、どこかがダメな気がしている。
しかしながらみんなの仕事が大変だというのも理由だろう。

そんなこと誰もが知っていることなので、誰一人別に何も言わないだろう。一生懸命仕事を消化してゆくことが一番必要だ。
このような中でも人としての考えは失いたくはないもんだ。
がむしゃらにしてしまうことも良くない。が、やるときにやるのだ。

一家のために、周りの者のために頑張りたい。
言い訳など絶対しない。ただ馬車馬のごとく作業をやりこなしていきたい。
全然まだボクの考え方が甘いのだ。
 

どうにか収束に向かっている
2012.06.05 [Tue] 17:44

忙しさもがんばって生産をやった効果が出てきたのか、収束しつつある。
ずっと地獄が永続するのはどう考えても堪忍してほしいからね。
しないといけない事はさっさとたまらないようにやってしまう。
そうしてまたやってくる次のがん張りのタイミングに備えて休む。

ボクについて考えると基本的には仕事のことは嫌いではない。
今やっている仕事についてはやりがいもあるし、何より楽しい。
家族の事もかけがえのないものにしたいと何時も思っている。

残念な事ながら、どちらかに思いがかたむく事になってしまう。
両方大事にところだが、いかんせんそれがとっても難しい事である。
家庭を持つ方であればお分かりいただけるだろう。

両方を適当にやる事とはわけが違っている。
片方に全力パワーをそそぎ、均衡が取れないようになってきたらもう片方へ。
ちぐはぐな状態も、釣り合いがキープされているといえるのかもと思ってしまう。
 

かなりの時間が過ぎてしまった。
2012.05.21 [Mon] 17:43

そうかもう火曜日になっていたとは。はや一週間過ぎてしまっていた。
ここ最近の一連のせわしさを振り返ってみると、はや1週間たっていたこともうなずける。
そうのようなヘビーな仕事であったわけだ。カラダの節々が軋みをあげている。
どうにかして今日だけでも定時あがりで帰れないだろうか。

定時あがりで帰宅は難しいだろうな。ラストの仕上げがまだやる必要がある。この残りの仕事が終わると幾分かは落ちつくだろう。
誰もがそうなることを目標として根性でしているところがあると思われる。
ボクも同様、該当しないわけではない。正直言って、非常につらい。

栄養補給食品がなかったなら、今回の現況を乗り切ることができなかっただろう。
途中でだめだ、と何回も思ったりしていたが、なんとかなるもんだとわかった。
休むだけでせっかくの休みが終わるかも知れない。
それでも体が楽にということにかわりはないだろう。はっきりはしないが明日以降についてはしばらく定時でもって帰ることができる日々になる。
その時までの我慢である。もう少しは頑張ろう。
 

過ごしていく日々
2012.04.19 [Thu] 17:43

家のアイドルの芸名はペピンだ。名前っておかしなもんだと思うんだが、慣れると愛情のようなものがわいてくるもんだ。
今ではボクだってよぶときは名前を連呼するようになってしまった。

あいつの気持では序列は下位なのだろうが、なついてくれる。
やっとボクが餌をくれる存在だ、というのが理解できたようだ。
子供達がべったりな中でも、ボクのこともわかってもらえてうれしい限りだ。
なによりボクが大好きなので相思相愛というのだろうか。

ペットの命を維持するためだとは思っても、ケーキにへそくりを都合することも無くなってしまった。
けれど、この嬉しそうな動きを見られるから良いか。
お金を出すのがいやだというわけじゃないが、家計的にはイタイ。

遠くないあいだに少し前に出来上がったペット公園につれてってあげよう。
全力疾走で走れたらいいな。娘たちも大喜びだろう。
持ってくるかどうかは別として、ボールなども与えてやろう。
 

開けたところで走らせてやる
2012.03.14 [Wed] 17:42

職場からくたびれて帰ったらいちばんに飛び込んでくる。ボクことを信用し切っている開いたひとみでまとわり付いてくる。
これがもう、たまらなく可愛くてさぁこまったものだね。

ペット用品代や医療費が掛ってしまうけど、これといって嫌とは思わない。
大事なこのなくてはならない癒しをまもるためなら、ボクは相当に疲れても耐えられるとおもってる。
今じゃ息子たちと同じような家族の一員になってしまった。
駄々をこねたり、文句もいわないところもなお癒されるのかも。

あんなに毎日走っていれば心配ないかな?
だけども、室内だけでのことだからな。少々気がかりなてきた。
飯をたくさん食べるのだけれど、そんなんで大丈夫か思ったりする。
ハミガキとセットの食用のものだが、カラダに影響は無いのかどうかわからない。
近所のWさんの敷地ぐらい広々とした公園みたいなものがあればいいとおもうけどね。
うちだってちょっとした敷地があることはあるけれども、全力で走れるレベルではないことはわかっている。
大きい敷地が目玉のお屋敷にでも引っ越したいものだ。
そうするには、日々の勉強をしっかりとがんばらないとダメだね。
 

弁明は別にしたくないのだが・・・
2012.02.14 [Tue] 17:42

なぜか叱責をくらった。めちゃくちゃハラがたちます。
落ち度が無いのに理不尽な叱責を受けると本当に気が重いよね。上ももうちょっと何があったか把握して考えてくれないのかな。
しかしボクが悪くはないって言えば「言い訳するな」と言われちゃうだろうしね。

そもそもなんで今日みたいな事やろうと考えたんだ?
流石にここまでされてしまうなら作業をしっかり見ていれば良かったな。
普通に考えてはみたものの有りえない。入社一年ぐらいのルーキーじゃあるわけでもないだろうに。
さっきまでは快適に作業してたのに、残念だ・・・。

内部の事なもんで事細かには伝えることはできない。悪いとは思う。
面倒になったのか、急いで仕上げればいいと思ったのかどっちの方向にせよだめなことは変わりない。
ボクが後輩とかを教えるぐらいになるならば、あんな仕事はプライドにかけてしない。

過ぎてしまったことではあるけれど、とばっちりは嫌なもんだ。この後しっかりと謝ってくれるの?
このまんま放置なんてされたなんて事になったらほんとどうやって怒りを押さえ込めば・・・。
 

過ごしていく日々の日記
2012.01.18 [Wed] 17:32

うちのスターの名前はペピンだ。
いまではボクでさえ声をかけるときはありつのなまえを何度も叫ぶようになった。

やつの心中で順位は格下なのだろうが、なついてくれる。
ボクがかわいがってくれる人間だというのが理解できたんだ。
なによりボク自身が大のお気に入りなので相思相愛というのだろうか。

健康を一番に考えるためだとは思っても、ケーキにカネをまわすといった余裕がなくなってしまった。しはらうのが嫌だという訳じゃあないんだけど、出費としてはきつい。

近々のうちに多少昔にできたドッグパークに行ってみることにしよう。
全速力で走ってもらいたい。子供達も大喜びだろう。
拾うかどうか別で、フリスビーなんかも使って遊んでやろう。
 

もの凄く微妙
2011.12.30 [Fri] 17:41

昨日の出来事があんな雰囲気だったから今も何か複雑な感じ。
全責任があるのは作業していた彼のはずだ。それなのにボクがすべて責任を負うかたちになっている。
参ったな。弁解するのもしんどいし、今回の件が収まるまでガマンするとしよう。
だがめちゃくちゃハラが立っている。こんなレベルが世のレベルなのか。

こんなでも分かってくれている人はいるみたいなんだ。
Uさんには助けられた。いつでも全力なので安心して作業を助太刀してくれる。
とても鋭い注意力で、誰がボクよりも悪いのかということも理解してボクを励ましてくれる。
一人でもいるだけで救われた気になる。

やはり昨日起きたような事を起こさないようにしているのか、周囲の作業効率は悪くなっている。
意気揚々と仕事してるように見受けるのは事件の当人だ。
何度も言うよ。とても悔しいと。
仕事は普通に進んでいるのにな〜。

あまりボクは気が短いほうではないとは思うのでもうあまり気にしないことにしよう。
トラブルの度に気にしてもうこれ以上足を掴まれるのは嫌だ。この悔しさを胸に秘め、この次の作業はトラブル0で仕上げてみようとおもっている。
浮かばれない性質なんだろうさ。ボクに認識が無いし構やしない。