「さよなら」って言ったのは君なのに何で泣いたの?

January 24 [Thu], 2013, 9:45
2013年になりました。
このブログはさかのぼると2007年くらいから書いているから
もう6年もやっているというわけになりました。

最近は、領域別実習も終えてマネジメント実習も終えて卒論も終えて、
三週後に国試を控えて日々勉強しています。

こないだふと、中学と高校時代の友達との手紙が出てきて
覚えているのもあったけど忘れていたこともあったりして
特にradwimpsのそりゃ君が好きだからが好きだったことが、
すごく懐かしく思えてその頃に好きだった歌とかを
いっぱい思い出して聴いてたら胸がグワアってなった(笑)

そのあと高校三年生の時から大学二年生くらいまでの、
HPの日記もなんとなく久しぶりに読み返してみた。
毎回、自分の日記なのに、自分の日記だから?、
読み返すたびに違った感情があるのが不思議です。
でもそれは全部、嫌な感情ではなくて愛おしいって思う。

今みたいに自分の気持ちを分析して
何が言いたいことなんだろう、何を残しておきたいんだろうって
考えなくたってスラスラと言葉が出てきて、
いっぱいいっぱい伝えたいことがあったな、とか
毎日、毎日、残しておきたいことでいっぱいだったな、とか
今に不満があるわけではないけど、
その頃の自分が素晴らしすぎて関心するよ(笑)

殿のことに関しては、また新しい感情が生まれた。
私は今まで殿のことを高校時代はすっごくすっごく大好きで、
殿の一挙一動に振り回されて、それでも満足してて、
大学になってからは殿ってなんてひどい男だったんだろうって
殿を憎んだり軽蔑して自分ってバカなやつだったなって落ち込んで
落ち込みながらもどっかであの頃の自分が羨ましい自分もいた。
でも大学卒業間近になった高校卒業して四年が経った今は、
殿ってなんだかんだと言いながらも私に与えるものは与えてくれて
嬉しい言葉とかドキドキする仕草とか切ない感情とか
それも全部、殿の意識していない優しさというか、
全然殿はみんなが言うような嫌な奴ではなかったように思った。
単純に考えて、本当に嫌な奴だったら
出逢って別れて高校三年間が終わって四年も経ったのに
こんなにも自分の中で大切な思い出になってるはずはないんだな。

先輩のことに関しては、殿よりも懐かしい感情になった。
高校時代は自分の中で大好きな時代だから
何かあるたびに何もなくても思い返したりしてたけど、
大学一年生の頃の自分を思い出して、というか知って
なんだかすごく愕然として驚いた(笑)
この四年間で私、純粋な気持ちとかをなくしたのかなって
上手く言えないけどきっと知らないうちに濁ってたんだなって
いいのか悪いのか分からないけど大人になってたんだなって思った。
そしてそれに気付いたときは少し、だいぶショックだった(笑)
先輩と付き合ってから殿といた頃のような自分は消えたと思ってたけど
それはつい最近のことだったんだなって思った。
確かに大学二年生くらいまでは、あの頃と同じ自分じゃんって
今の私からしてみれば思った。
今の私は、全力で悩むことをしなくなって、
恋愛に関して譲るっていう考えがなくて諦めに変わって、
慣れもあるかもしれないけどいつももういいやって思ってる。
友達関係にしても、いい人でいようとしすぎて疲れたり、
変に計画的すぎる性格になったのかもしれない。
もう戻れないのかな、もしかしたらまだ純粋なのかな?

どうしてこんなに過去にとらわれてしまうんだろう。
そんなに幸せな人生を送ってきたんだろうか?

大学生になった頃に、
高校の時は毎日切ないって言ってたけど
切ないってどういう風な感情だったんだっけ
ってよく考えてた。
今は分かる、また分かる、切ない。
もう元には戻れないんだよな、進むしかないんだよな。
戻れないのかな、辛いな。

共依存

September 02 [Sun], 2012, 17:20
こないだ幼馴染と仲良しの35歳と三人で飲みに行きました。
最近は付き合うってことを続ける理由もやめる理由もなくて、
でも今の状況でいるのもなんとなく違う気がしています。
それで、恋愛についてひたすら三人で語り合ってた(笑)
永遠のテーマである浮気はどこからかとかね、エッチの頻度とかね、
結婚を決意する何かってあるのかとかね、
特に三人とも共感し合ったのは、今の気持ちで過去に戻れたら何したいかで、
みんな好きな人に好きって伝えたいっていうのと、
自分のこと好きって言ってくれた人と付き合えばよかったってこと(笑)
もっと中学、高校の時にいっぱい恋愛しようとしてればできたのに
いっぱい色んな経験してれば、今もっと比較して付き合えたのにな、とかね
それでもあの頃の私が先生に直前でバレンタインのお菓子を渡せなかったこととか
周りの目を気にして殿と付き合えなかったこととかも全部が、
今でも大切だと思える思い出だし、多分、そういう結果だったからこそ、
愛おしく思える思い出なんだろうなとも思いました。

そんな話をしてすっかり心は中高生に戻っていたところ、
帰りの電車で彼にバッタリ会ってしまって不思議な気分だった。
なんか、知り合いなんだけど、友達なんだけど、恋人じゃないような、
親しい人じゃないような気分だった(笑)
それで次の日にまたフェイスブックでタグ付けされてる彼に
一人イライラしたりでもどうでもいいやって思ったり、
日に日に愛情より同情が大きくなっていってる付き合いなのに
嫉妬とかヤキモチも好きの気持ちよりも独占欲な気がするのに
別れようって言えないのは一人になるのも怖いけど、
もう二度とこんなに自分のこと好きになってくれる人いないだろうって思う、
きっと彼も私に依存してるけど私も依存されることで
自分の存在価値を感じてるから共依存なんだよな、きっと。

八月半ばに高校の同級生からメールがきました。
同級生と言うには迷惑をかけすぎた存在なのだけど、
元カレと呼ぶには図々しすぎるような存在の人です。
飲みに行ったときに、その人とももっと長く付き合ってみればよかったって
話をしたけども、きっと長く付き合って彼に幻滅されていくより、
長く付き合って別れが辛くなるより、友達に戻れないほど取り返しがつかなくなるより、
ずっとその人にとって好きだった友達として覚えられてるほうがいいな。
だから何が正解で何がダメだったのかその時は全然、分からなくても
全部ちょっと先の未来には答えが出てて、
今の私と彼の関係もきっと正解か後悔か分からないけど
何かしら意味はあったって肯定的に捉えられるときがくるんじゃないかな。

逃げるためじゃなく、夢追うために

August 07 [Tue], 2012, 17:01
一月から頑張ってきた長い長い領域別実習が終わりました。
就職も悩んでいたけど、なんとか自分で決めました。
それが正しいかどうかなんて、働いてみないと分からないと思います。
さらに言えば、それが正しかったと思えるようにするために
自分が頑張るしかないんじゃないかなと思います。
いっこいっこ自分でこなしてきて、残るはマネジメントと卒論と国試のみ。
ここまできて頑張れないはずがないと思うんだよ。
自分にもっともっと自信をつけるためには頑張るしかないよね。

最近フェイスブックをはじめて、はじめたきっかけは先生で、
好きなんてもんじゃないって分かってたけど
なんとなく見つけて嬉しくなって申請したら承諾してもらえた。
先生の私生活を知れるのはあの頃の自分からしたら
なんて貴重で幸せなことなんだろうって思うけど、
あの頃の自分なら、それを知ることはもっと残酷だっただろうな。
今もちょっとだけ、胸に刺さるものは、本当にちょっとだけあったけど
彼が誰かの写真にタグ付けされてるのを見るときの動揺と比べたら
なんてことはない昔懐かしい人の話になっていました。
でも昨日コメントされてた一言だけで世界が変わったように
テンションが上がってニコニコしてしまえたのも事実です。
さっき昔の日記を少し読み返してたら、もうその当時の気持ちを
思い出せなくなっていて、あった事実すらもそう言えばの話になっていて
こんな気持ちを一番に報告したくなるのも彼だし、
彼にとってそれは残酷なことなのかもしれないけど
私にとってそれは彼に心を許しているからっていう証拠でもある。
それから彼に対する我儘な気持ちは年々増していく。
実習を終えて、依存は消えたと思っていたけど
一人になる時間が今までは少なすぎて一人の時間がすごく長く感じる。
そんな時に連絡してくれないとなんだか気持ちが落ち込むし
でも絶対に自分からしたくはないと思う性格も変わってない(笑)
好きよりも依存だし、やきもちもやかせたい(笑)
でもやきもちだけはやきたくない、本当に。

七月半ばにいきおいで殿にラインしてしまいました。
内容も彼を傷つけるようなことばっかりわざと送って、
別に殿のことが好きなわけじゃないんだなって思いました。
殿は、涙が出るくらい大好きだった人から、
彼を傷つけるための道具に変わってしまったのかもしれないな。
もちろん、彼に殿とラインしたことなんて言ってないけど、
なんとなく気付くように画面をつけっぱなしにしておいたり(笑)
実際にバレたらなんて言い逃れようかも分からないのに。
彼が傷つくとこが見たくて、意地悪ばっかりしてしまう。
この歪んだ愛情はなんなんだろう、謎だ。

将来が見えない

June 18 [Mon], 2012, 19:09
大学四年生になって学校に行くことも少なくなり、
すっかりレアキャラになってしまった私です(笑)
心配していた急性、老年、慢性の実習も無事に終えて
他の科の同期は続々と内定をもらっているようです。
看護の同期も就職についてもう動き出しているようです。
心配性な私は心配だけど、心配するだけで胸が潰れてしまい
どこに就職したらいいのか分からない状態です。
何を大事にして選べばいいんだろうな…
まず、看護という道を何一つ知らなかった17歳の私が、
看護の道の上に立って、スタートラインまでてくてく歩いて
もうすぐ看護師になるというのが驚きすぎる。
不安しかないけど、やるしかないとも思う。
でもたまに頭がおかしくなりそうなくらい
将来が見えずに泣きそうになることがあるよ、みんなそうなの?
別に就職のことだけじゃない。
親とか兄弟とか一人暮らしとか結婚とか、色々と。
今どうにかしようと思ってもできないことは分かってるんだけど、
こんな気持ちのまま生活してくことが大人になるってことなら
大人の皆さんに本当に脱帽だよ、尊敬だよ(笑)
親を幸せにするにはどうすればいいの?
子どもの幸せが親の幸せとかそんな正解の答えじゃなくて
本当に自分の親を幸せにするって難しい。
でも幸せにしたい。多分、誰よりも幸せになってほしい。
好きな人の幸せより親の幸せがいい。
好きな人には幸せにしてほしいけど、親のことは幸せにしたいって思う。
これって、本当の好きじゃないってことなのかなあ?
ま、全然そんなことはどうでもいいんだけど。
彼のこと本当に好きなのかなってもう付き合ってから
何百回思ったか分かんないくらい思ってるから、
きっと本当に本当に好きな人じゃあないんだ。
私は寂しがり屋だし計算高いから、きっと一緒にいるんだろう。
もっと潔い性格だったら、三か月か一年の春か二年の夏か
三年にとっくに別れていただろうに。
今は彼も辛い時期で私も辛い時期でお互い自分のことで
いっぱいいっぱいだから別れるとかも考えてない。
このままいったら私が社会人になって目移りして別れるか、
彼が博士取って結婚するのかどっちかなんだろうな。
ふう、結局どこに就職したらいいのか分からない。
題名に対する彼の返信「自分の将来は見えないけど、私とおる未来は分かる」
だいたい私は高校から、自分のことを好きだと言ってくれる人しか
恋愛対象になってないからどこで恋愛しても同じ悩みがついてくる。

年上の彼

March 31 [Sat], 2012, 14:27
もうすぐ春休みが終わります。あんまり遊ばなかったかな?
けど、大切な会いたかった人達には会えた春休みでした。
母性、小児、精神の実習が終わって、それぞれ色んな事を学んで
少しは成長できたのかなって気持ちと、
春休みを終えてからの領域実習とか卒論とか就活とか国試とか
すごくすごく不安なことも沢山ある毎日です。

春休みには、最後の親不知を抜いて実習の打ち上げして
部活の友達と会って彼とお泊りして友達に誕生日お祝いしてもらって
彼のお見舞い行ってお墓参りして大学の友達と遊んで
いっこ上の先輩の卒業式があって、その追いコンもあって
高校の大好きな友達と会って免許の更新して
こうして振り返ってみると結構充実してたのかな?

21歳になって、何も変わっていないけど
ああもう21歳なんだって実感が全くなくて
高校卒業して3年も経つんだと思って
何も変わってないって言ったけど変わったこともあって
変わらないこともあって、あの頃の悩みはほとんどないけど
あの頃から内容は違っても悩みは絶えないことは変わらなくて
誰かに言われなきゃ自分が大人か子どもか分からなくて
それが21歳だなんて高校生の私は知らなかったな…

例えば教師の移動が新聞に出てももう気にならないし
1月19日に胸が苦しくなることもなくなったし
彼の前で殿の話もしなくなったけど
そういう事を忘れるってことはなくて、変わった自分に気付くだけ。
それは嫌でもないけど居心地が良いわけでもないのに
戻りたいなってたまに感じる気持ちはなくならない。
でも断言できることは彼らの事は前みたいに好きじゃない。
嫌いでもない。やっと無関心になれたんだと思う。

春休みに彼は入院してしまいました。
お見舞いにも週一くらいで行って好きだなって思って
人並みにやきもちも妬いて彼からの愛情も感じて
普通に幸せで普通に上手くいってて普通に順風満帆なんだなと。
文字にすると本当に平凡な順調なんだよな…
毎日感情は変わるのに大きく見ると本当に幸せなんだろうな。
三年前は遠い遠い先の事でそんな日なんて本当にくるのか、
疑ってたような日々が今の現実で、
彼は大学院も卒業して明日から大学院後期に入学して
私は大学四年生になって来年には就職して社会人になる。
くるって分かってたのに、なんか茫然と驚いてる自分がおかしい。
じゃあこのまままた一緒に歳とってタイミングがきたら結婚して
子どもができて家族になるのかなぁ?
それは今の普通な幸せよりもとっても幸せなことだけど
あの頃と同じようにまたそれも全く想像できないや。
でも彼より先に社会人になれて(今のところ)よかったと
最近は思う。だって、二人いっぺんにとか彼の方が先にとか
環境が変わったら不安でやりきれなくなりそうだもん。
そういう不安は、彼だけが感じてくれればいいことなのです(笑)

もうすぐ三年か、あと一週間で出逢って三年、一か月で付き合って三年です。
初めて彼を見かけたあの日は大学四年生って大人だと思ったのに
初めて話した日に好きになってくれた彼は
とっても大人で何でも知ってる先輩に見えたのに、この三年間で
彼の不安も弱さもダメなとこも子どもっぽいとこも知ったし
彼に泣いたり怒ったり信じられなくなることもあったけど
彼の変わらない愛情も優しさも強さもかっこよさも知ったから
三年経っても恋愛してるな、私って思う。
それはきっとすごく素敵なことで感謝しなきゃいけないことなんだ。

三年記念日には何をしようかな?
二人が学生でいれる最後の一年、大切にしよう。

三通目の手紙

September 28 [Wed], 2011, 16:52
夏休み前に心配していたことは無事に終わりました。
テストも全て単位を取ることができました。

夏休みは数える程しか会いませんでした。
八月はずっとケンカしていて最悪な思い出になりました。
あんなに誰かに対して腹が立ったり涙が出たり、
声を荒げたりすることはなかなかないような…
今でも八月のことを思い出すと胸が痛みます。
正直、私にも悪いところはあったかもしれないけど、
彼のことが嫌で嫌で仕方なかったです。
別れようとも話したし、彼も頷いたし…
それでも結局お互い別れられないのは依存なのかな。

九月も全然2人で会う時間はありませんでした。
他の男の子と遊んだりこっそり電話したりしました(笑)
そこで思ったのは確実に彼じゃないといけない何かっていうのが
あるはずなのに今は薄れて見えにくくなってて、
彼の大切さに気がついてないように思いました。
他の男の子と遊んでるときのほうが楽しいんじゃないかと、錯覚。
もしかしたらそれは本当なのかもしれないけど、
やっぱり別れて他の誰かにいく勇気もないから
まだまだしばらくは彼と一緒にいるのかな…
そんなこと言っても好きな気持ちはもちろんあるけどね。
一緒にベッドで寝てるときとか純粋に幸せだと思うし。
でも誰と付き合ってもそれはそれで幸せなのかなとも思う(笑)

もうすぐ彼の24歳の誕生日です。
出逢って私がお祝いする3回目の誕生日です。
あの頃21歳だった彼の年齢にもうすぐ私がなるんだね。
なんなら、あの頃好きだった人の年齢に彼がなるんだな…
なんかそう思うと歳ばっかりとって中身はみんな同じな気がする。
それに気付くってことが大人になってる証拠なのかもしれないけど。

年に一回だけ誕生日にだけ手紙を書きます。
手紙も2人の関係もいつまで続くか分からないけど、
続く限り恒例にしていきたいな…
まあ誕生日当日には会えなさそうだけどね。
もう二年半も付き合っているので彼のそういう性格には慣れました。
慣れたけど、思うことはいっぱいあるけどね。
もうそういうのを伝えても無駄な気もしています(笑)

死ぬこと以外はかすり傷

June 19 [Sun], 2011, 18:25
今週の金曜日は今年史上、最悪な日になる予定です。
怒られるのか、馬鹿にされるのか、泣かされるのか、
何を言われるのか全く分からないけど、頑張らないといけない日です。
頑張れるのかな、頑張れるよね
いや、頑張らないといけないんだな…
絶対に大丈夫だから頑張ってこいって言ってほしいだけなのに
なんで、言わないようにしなきゃだめなんだろうな
一番に支えてほしい人なのに、なんでかな
逆の立場だったら私も同じようにするかもしれないけど
なんかショックだったな…
この先にこんなこと何回もあっても
私は彼はこういう人だからで納得できるほど
一人じゃ生きてけないよ、強くないもん
占いで結婚するって言われても、所詮は気持ちの問題だよね
なんだか去年の夏みたいに楽しい夏にはならなさそうだな
とりあえず、金曜日は頑張ります。
何事もなく無事に終わりますように…
神様、お願いします(+_+)

再会

December 21 [Tue], 2010, 15:51
記念日の前の日、高校生の時に好きだった人と
会いました
会おうかどうしようかすごい悩んだし
実際に会うって決めてからも
会ってどうしたいんだろうっていうのが分からなくて
自己嫌悪したりもした

先輩には連絡がきた次の日に言った
会いたいって言われたって言ったら
私はどうしたいか聞かれたから
その時は素直に会いたいと思った

高校生の時によく放課後、話をしてた場所で待ち合わせて
会って話しました
何をそんなに話したのか他愛もない話題で話した
なんだかお互いに知ってるのに知らない人みたいな、
探り探りな感じだったけど
私はおっとりしてるところは変わってないねって言われて
でも大人っぽくなったって言われたから少し照れて
その人は変わってないような変わったような、
思えば元からよく知らなかったなと思ったり…

会って何か変わったのか良かったのか分からないけど
やっぱり大好きだったんだなって思った
会うまでのドキドキが高校時代に戻ったみたいで
そう言えば会う日は朝からそわそわして
公園までの道のりはくらくらして
顔が見えたら真っ赤になりそうで
でも話せば不思議と落ち着いたなっていうのを思い出した

ひとつ言えるのは先輩の事を大切にしようと、
本当に当たり前だと思ってはいけない存在なのだということ

彼女が男とふたりで、ましてや
過去に一悶着あった人と会うなんてことを
私の意見を真っ先に聞いてくれて
会っておいでって言ってくれる人なんていないよな

何回も遠まわしに行かんでいいじゃんって言われたけど(笑)、
切ない顔して送り出してくれた先輩を
本当に大切にせんといけんと思った

バイバイしてから先輩のところに戻ったら
何だか楽になった
私の落ち着く場所はここなんだなと思った
もうドキドキする必要なんてない
何で会わせてくれたかって聞いたら
もの凄い好きだものって言われた
本当にこんなに惜しみなく愛情を注いでくれる人は
私の人生では後にも先にも先輩だけだろう

ただ、私と会うためだけに帰って来てくれた彼も
落ち着きのない人だけど
これからも大好きだった人に変わりないなと思った

話は変わって昨日、先輩が過去の日記を見せてくれた
私と出逢う前の出来事とか気になってた人のこと、考えが
いっぱい書いてあった
何だか出逢う前だから当たり前なのに
そこに私がいなかったことが寂しかった
でも私が入学して初めて話した日の日記に
可愛い子が入ってきた、絶対に兼部させたい
って書いてあって、私のことだよって言われて嬉しかった
少し前に先輩が東京に行ってたんだけど
その時、やっぱり近くに必要だって思ったって
感じてくれたらしい
私も先輩が大きすぎる存在だから嬉しかった

今年は多分、もう会う日はないと思うけど
来年も仲良くしていきたいな

すごく共感した話

September 24 [Fri], 2010, 23:00
自分から好きにならなきゃダメだって良く分かってる
自分の気持ちに自信がなきゃ何も動けない
自信もないのに愛されたくて
なのに優しくしてくれる女の人に出会ったら
今度は愛されてない証拠探しばっかりしてしまう
自分から好きになってないから
彼女に愛されてるか愛されてないか
その為の努力が自分は出来てるかばかり気になってしまう
愛される理由が分からなくて不安定で
どんな自分でいたらいいのか分からない
俺が側にいたらきっとこれから何度も呆れられて見捨てられるだろう
俺は自分から好きになってないから
大事な所で踏ん張れずに逃げてしまうだろう

usj1泊2日の旅

September 17 [Fri], 2010, 17:00
USJ日記の続きを書きます
2日目は私が暑くて目が覚めて冷房つけて
彼を見たら私と離れてお互いに反対に向いて寝てた
その背中が何だか寂しそうに見えたから
抱きついて二度寝しました(笑)
イチャイチャしてきたから拒否して起きて←
泊まってるホテルの朝食バイキングに行ったよ
なんと一人2500円でした……
この値段なだけあって2人とも気合い入りまくって
たらふく美味しいもの食べました
もちろん朝の私は彼よりもいっぱい食べた(笑)

そしてチェックアウトしたらいざUSJへ
初日に乗れなかったアトラクションに乗ったよ
なぜかだいたい待たずに乗れたんだけど
40分待ちくらいのアトラクションがあって
彼は並ぶの嫌いだからぐだぐだ言ってた
こういう待ち時間に並んでるとき楽しめる2人がいいよね
ま、それは彼と旅行するなら覚悟の上だけど(笑)
とにかくどのアトラクションも楽しかった

なんと言ってもパレードがすごかったよ
今日からハロウィン仕様になってて可愛かった
ずっと2人で踊ってました
そっからテンションが上がりまくりで
テレビ局みたいなのが来てたんだけど
もちろん写りに行きました(笑)
今日はお揃いのTシャツ着てたしね
ミールクーポンがあってもったいないので
ケーキとかサラダをいっぱい買いました
でももちろんお腹空いてなくて
でもでも見た目も可愛いし美味しかった
お土産を買って楽しかったUSJバイバイ

シティウォークでお土産見たりプリクラ撮ってたら
新幹線の時間がやばいことに気付いて
とりあえずある電車に乗って乗り換えて
大阪駅のホームめっちゃ走った(笑)
車掌さんが待っててくれて何とか乗れて
2人でしばらく笑い合ってた
帰りの新幹線では2人でずっと歌ってて
いろんな歌をうたって笑って手繋いで
あっという間に岡山でした

岡山に着いたら雨降ってて傘を買って
相合傘しながらそれでも歌いながら
彼が予約してくれてたところに飲みに行ったよ
個室でゆっくりできたから楽しかった
コントしまくって本当に面白かった(笑)
居酒屋からの帰りもずっとネタ大会で
めちゃめちゃ楽しかった

駅に着いたらバイバイして帰りました
酔ってたから寂しいとかはあんまり思わなかった
確実に去年の神戸より春の奈良より京都より
今回の旅行は楽しかったなって思った
それはお互いがお互いのこと分かり始めてて
大事にしたい気持ちが大きくなってきたからかな
何よりも一緒にいて楽なのが嬉しい
大恋愛じゃないかもしれないけど
私にとって彼は一番の理解者です
何かと彼の嫌なところもあるの、本当に
こういう旅行とか行くとずっと一緒にいるから
余計に嫌なところが見えたりするのよ
いつもは嫌なところのほうが多かったりするけど
今回は楽しかったほうが数倍大きいかな
本当にいい思い出が出来た
来年はディズニーランドに行く予定なのです
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像みやけさん
» 書き残したいこと9 (2007年05月27日)
アイコン画像リか
» 書き残したいこと6 (2007年05月16日)
アイコン画像さき
» 書き残したいこと6 (2007年05月15日)
アイコン画像こんにちわんこりんせいのゴリさ
» 16歳♪.゜ (2007年03月18日)
アイコン画像おひさしぶリカ
» 16歳♪.゜ (2007年03月17日)
Yapme!一覧
読者になる