太陽君

March 31 [Thu], 2016, 17:35
ちょっとだけ遊びに来ています。

2016年第2回男女群島釣行ムービー其の6

March 31 [Thu], 2016, 15:48
「ハナグリのカベ」 はアラやイシダイ、尾長の実績十分の釣り場で、一度は竿を出してみたい釣り場です。

先日は熊本の 磯遊人さんが、94cm、9.7kgのビッグなマダイ を釣っていました

魚 拓

March 31 [Thu], 2016, 13:41

男女群島「下赤瀬のビョーブ」で仕留めた価値ある1尾。

2015・ペルーの旅ダイジェスト版その1

March 31 [Thu], 2016, 11:43
たまには釣りから離れて違う話題でも。

体重管理(3月)

March 31 [Thu], 2016, 11:39
60キロ越えで今年度を〆ました。 

3月31日(木)・オーケストラの日

March 31 [Thu], 2016, 7:03
 おはようございます。


天気予報では、今日は朝から  マークでしたが、ご当地延岡は今のところ  が顔を出しています。

しかしこれから徐々に悪くなって行くのでしょう。

花散らしの雨 にはまだちょっと早いようですので、もしかしたら 桜雨 となるのかもしれませんね

ま、何れにしましても今日は傘が必要な街もあるようです。 

さて、3月も今日で終わり、いよいよ明日から新年度です。

そんな今日は、「み(3)み(3)に一番」「み(3)み(3)にいい(1)ひ」(耳に良い日)の語呂合せと、春休み期間中であり親子揃ってイベントに参加しやすいことから、日本オーケストラ連盟が2007(平成19)年1月に制定して、その年から実施している 「オーケストラの日」 です。

明日からの新年度が良い旅立ちでありますように



それではどちら様も3月最後の一日をぼちぼち気張って恙無く過ごし、希望に満ちた4月をお迎え下さい。 

今日も一日、どうぞご安全に

宮崎県建設産業労働組合

March 30 [Wed], 2016, 18:45
延岡支部の地区総会、午後6時半から始まりました。

晩飯も食わずに5時半から来てますので、腹が減りましたです。


2016年第2回男女群島釣行ムービー其の5

March 30 [Wed], 2016, 15:24
このムービーもBGM無しでどうぞ。

女島の東磯をフルスロットルで疾走するブラックカイザーの迫力あるエンジン音やスピード感など、男女群島瀬渡し船の雰囲気を少しでも感じ取って頂けましたら幸いです。

コーヒータイム

March 30 [Wed], 2016, 10:11
天気予報通りに暖かくなりませんねぇ〜。 


2016年・男女群島釣行第2弾その4〜お仕舞い

March 30 [Wed], 2016, 9:42
今回の釣果は、クロが23尾にアカハタ3尾、シマアジ1尾、スマカツオ1尾でした。

男女群島にしては物足りない釣果ですが、自然保護を考えればこれ位が丁度良い釣果なのかもしれません。

ただ、60アップの尾長が1尾も釣れなかったことが最大の心残りです。

その原因が夜釣りポイントの選定ミスと分かってはいるのですが、毎回それが実行出来ない不甲斐なさに我ながら情けなくなる最近の男女群島釣行なのであります。 


その結果が、今回の最大サイズの尾長51センチ。
前回より2センチもサイズダウンです。 


まあ〜、救いは男女群島で初めて釣った43センチのシマアジでしょうか。
今年は全域でシマアジが多かったようです。


そして、素晴らしいファイトで楽しませてくれたスマカツオは65センチでしょうね。


4.02キロありましたが、4号ラインを100m以上も引き摺り出して行ったこいつとのやり取りが今回の釣行で一番想い出に残ったドラマでした。 

それにしても、2mは超えるとてつもなくデカイサメに今回釣行の一番大きな尾長を横取りされたのにはったく腹が立ちましたが、この頃の「下の赤瀬」には、 ジョーズ級のサメ がずっと出没していたみたいだったようです。 

さぁ〜、次の宇治群島でリベンジだ

3月30日(水)・マフィアの日

March 30 [Wed], 2016, 7:14
 おはようございます。



今朝は  ではありますが、寒くはありません。

そして今日の天気はです。
土曜日だけは何とか  の天気ながら、明日から来週前半はずーっと  の天気予報。

新たな年度が始まるって言うのに、これじゃぁ〜気が滅入っちゃいますね。 

 になったらこんな花や、折角開き始めた桜が可哀想です。


1282(弘安5)年のこの日、フランス支配下のシチリアでフランス人の蛮行に対抗した 「シチリアの晩鐘事件」 という暴動がありました。

この暴動の合言葉が「Morte alla Francia Italia anela(全てのフランス人に死を、これはイタリアの叫び)」で、
この各単語の頭文字を並べると「マフィア(mafia)」となり、これがマフィアの名前の由来と言われています。
 
シチリアといえば、ゴット・ファーザー」だけでなく「グラン・ブルー」や「ニュー・シネマ・パラダイス」など多くの映画の舞台となっていますが、このことに因み今日は 「マフィアの日」 だそうです。

今のところ日本にはマフィアの影響は無いようですが、しかしあるところでは893屋さんたちが怖〜い抗争を繰り返しているようで、今後、昔のような仁義なき戦いに発展しなければ良いのですが。 

年度末も後二日です。

どうぞ焦らずにぼちぼちと気張って、今日の一日を有意義にお過ごし下さい。 

今日も一日、どうぞご安全に

金堂ヶ池

March 29 [Tue], 2016, 17:16
今日も感謝、感謝です。


2016年第2回男女群島釣行ムービー其の4

March 29 [Tue], 2016, 15:18
ほんの僅かな短いムービーですが、迫力あるエンジン音とスピード感をちょっとだけお楽しみ下さい。

2016年・男女群島釣行第2弾その3

March 29 [Tue], 2016, 12:51
3月21日午前9時過ぎ、私たち二人の瀬変わりを終え、ブラックカイザーは走り去って行きました。

瀬変わりして来た釣り場の正面には 女島灯台 や、

男女群島を象徴する柱状節理の 針古瀬 一帯の釣り場が右前方にのぞめ、

女島と反対の方向には 「沖の赤瀬」 が不敵に横たわっていました。 

そう、私たちは 「下の赤瀬」 に瀬変わりして来たのです。

私も平野さんも「沖の赤瀬」から竿を出したことはありましたが、「下の赤瀬」から竿を出すのは今回が初めてです。

男女群島の解説本によれば、下の赤瀬は西や北の鼻などと釣り場も広く、ポイントを自由に移動出来るので潮流によって釣り場を選定していただきたいとありましたが、代表的な釣り座は の「下の赤瀬ビョーブ」と、

の「下の赤瀬南の鼻」でしょう。

午前9時35分、「下の赤瀬ビョーブ」で回収を待っていた二人の底物釣り師の所へ前田船長のブラックヘラクレスがやって来ました。

その時、ポーター役で乗船していた相川さんがホースヘッドの上から、
『橋本さん、此処はサメがおったとばって
と大声で話しかけてきました。

妙に気になったこの言葉。

2年前にカイザーで渡った目の前の「針古島」での出来事が脳裏を過ぎりましたが、今までの貧果を挽回すべく昼釣りタックルで釣りを始めたのでありました。 

先ずは二人して、「下の赤瀬ビョーブ」の釣り座から「沖の赤瀬」との水道に仕掛けを振り込み、潮に乗せて流します。
しかぁ〜し、大潮と言うのに潮の切れが今一つパッとしません。 

と言うことはつまり、口太の食いさえ今一でありまして、ましてや日中の60アップの尾長などとてもとてもです。 

ここでも『名礁も潮が動かなければただの岩』だったのでありましたが、

それでもあの手この手を繰り出し、ポツリポツリと口太を拾っていく平野さん。 
流石は男女群島に燃える釣り師、その情熱とファイトに頭が下がりましたです。 

そんな時、掛けた瞬間に一気に80mほど突っ走るアタリに襲われました。 

そのスピードとパワーは表現し難く、一瞬、昔のヒラマサとのやり取りを思い出しました。

青物であろうけれども猛烈なスピードで泳ぎまくる正体不明の獲物はドラッグを逆転させ、物過ぎ勢いで遠慮なしにスプールからラインを引きずり出していきます。

「沖の赤瀬」から延びている沈み瀬でラインが擦れているのでしょう、その感触が穂先に伝わってきます。 

しかし、正体を見極めるまでは諦める訳には参りません。

私も真剣モードに突入でした。 

「下の赤瀬」 の西の方に移動しながら必至の攻防を繰り返し、10分ほど経過したのでしょうか、瀬擦れでザラザラになった4号ラインとハリスで平野さんが差し出してくれたタモで取り込んだのは、65センチ、4.02キロの スマカツオ だったのであります。 

やがて下げの潮が動き出し、良型の尾長が食って来そうな抜群の雰囲気になってきました。

「下の赤瀬の南の鼻」に釣り座を移動して本流を狙う平野さん。
何としてでも数を伸ばそうと根性でマキエを打ち、仕掛けを振り込みます。

んっ
何故か鍋が  

やがて再び潮止まり。

思った以上に数が伸びない上にサイズが小さいのと、動かぬ潮に苦戦を強いられ、後ろ姿にも心なしか寂しさが漂います。

満月に照らされた二晩目の夜釣り。

相川さんが言った妙に気になる言葉が、まさか現実のものになろうとは。 

50センチくらいまでの獲物ならば強引に巻いて寄せ、一気にブリ上げることが出来ますが、それを超えるといくら夜釣りタックルでも強引に寄せてブリ上げるのは困難です。 

夜釣り開始から数投目でした。
今回の最大サイズであろう尾長を食わせたのは。 

何度かの締め込みをかわして足元まで寄せたその時、『サメじゃ、サメ 平野さんの叫び声と同時に獲物をガバッと銜え、間髪いれずに尾びれを反転させて一気に沖に走りました。 

8号ラインは瞬時に飛ばされ、電気ウキごと持っていかれてしまったのであります。 

昼間見えていた、優に2mを超える、下手すれば3mもありそうなサメ、こいつの仕業でした。

その後平野さんもサメの襲撃を受け、釣りどころではありません。 

夜が明けると、今度は1m位の別のサメからクロを略奪され、これで万事休すです。  

時雨れに霞む「沖の赤瀬」を見ながら納竿。
釣り場のオキアミを洗い流すなどの後片付けを終え、

虚しく回収の船を待ったのでありました。 

コーヒータイム

March 29 [Tue], 2016, 10:08
半袖Tシャツで。


3月29日(火)・八百屋お七の日

March 29 [Tue], 2016, 7:04
 おはようございます。


天気予報では今日から暖かくなると言っていましたが、それにしても相変わらず花冷えの寒い朝です。 

ま、今日の朝もこんな風景でしたので日中は暖かくなることでしょう。


八百屋お七の日

1683(天和3)年3月29日、八百屋の娘だった18歳のお七が、3日間の市中引回しの上、火あぶりの極刑に処せられたことに因み今日は、 「八百屋お七の日」 です。

この年の前年の12月28日の大火で、お七は避難先の寺で出会った寺小姓・生田庄之介のことが忘れられず、火事になればまた会えると考えて3月2日の夜に放火、火はすぐに消しとめられましたが、お七は御用となりました。

当時は放火の罪は火あぶりの極刑に処せられていたが、17歳以下ならば極刑は免れることになっていたそうです。そこでお奉行は、お七の刑を軽くする為に『おぬしは17だろう』と問うたのでしが、その意味が分からなかったお七は正直に18歳だと答えてしまい、極刑に処せられることとなったのでした。

お七が丙午(ひのえうま)の年の生まれであったことから、丙午生まれの女子が疎まれるようになったのはこれからのことでした。

そんな悲しいお七でしたが、八百屋と言えば、八百屋にキャベツを買いに行って来ると言って買い物に行き、そのまま家に帰ってこなかった釣り人の奥さんが居たと言うむかぁ〜しの話を思い出します。 

釣り人の皆さん、こんな惨めな羽目に遭わぬようお互いに気を付けましょうネ。 


それではどちら様も3月も残り三日となった今日一日を、体調管理や交通事故などに気を付けながらてげてげ気張ってお過ごし下さい。 

ご安全に

金堂ヶ池

March 28 [Mon], 2016, 17:03

ぼちぼちやれたことに感謝です。


2016年第2回男女群島釣行ムービー其の3

March 28 [Mon], 2016, 12:27
BGM抜きで、ブラックカイザーが搭載している強力ないすゞのP系船舶用エンジン、 いすゞV型12気筒(640ps) ×3基掛けの迫力ある重低音とアクセルアップに伴うスピード感を味わって下さい。

3月28日(月)・シルクロードの日

March 28 [Mon], 2016, 7:17
おはようございます。 


愈々3月も今日を入れて残り4日となってしまいましたが、どちら様も年度末の準備はぬかりなくお進みでしょうか

ま、無理をせずぼちぼちお気張り下さいませ。 


今朝も花冷えする寒い日の出時でしたが、天気は 
こんな具合 ですので、日中はポカポカ陽気になることでしょう。


今から2000年前、中国の敦煌から砂漠を16日ほど進むと、ロプ・ノール湖のほとりに荒れ果て、砂漠の中に消えてしまっていた楼蘭(クロライナ)というシルクロードのオアシス都市がありました。

1900(明治33)年3月28日、スウェーデンの探検家・地理学者のスウェン・ヘディンが、この廃虚になっていたシルクロードの古代都市・楼蘭を発見しました。

今日はそれに因んだ 「シルクロードの日」 記念日です。



それではどちら様も、3月残り4日間の内の今日一日を交通事故などに気を付け、てげてげ気張ってぬかり無くお過ごし下さい。 

どちら様もこの一週間、どうぞご安全に


だれやみ

March 27 [Sun], 2016, 19:06
ビールの後はマッコリと


千徳の冷酒に癒されました。

だれやみ

March 27 [Sun], 2016, 18:09
Mr ガーリックで、

焼き肉を食べて馬力アップですが、先ずは生ビールから。

2016年・男女群島釣行第2弾その2

March 27 [Sun], 2016, 17:13
3月21日午後7時前のことでした。
女島まで南下して来たブラックカイザーから私と平野さんの二人がケツから2、3番目に磯場に降り立ったのは。

既に辺りはすっかりと夜の帳が下りていましたが、これから60センチオーバーの尾長グレが狙えるかと思うと、いやが上にも気持ちは高ぶります。

何故ならば女島のこの辺一帯の釣り場は、今までにも60アップのビッグ尾長の実績が豊富で、大いに期待が持てたからでありました。 

私たちが瀬上がりしたのは、水道を挟んで左手に 「地の平瀬」


右手に 「地の平瀬の水道2番」 を眺める


「地の平瀬の水道1番」 でした。  


釣り座はこんな具合で、とても足場も良く、正しく年寄り二人にはぴったりの釣り場でした。
あじか磯釣センター発行の男女群島解説本によりますと、両サイドの水道から流れ出る下げの潮に仕掛けを流して狙うのがセオリーとあります。

私は此処から竿を出すのは初めてでしたが、平野さんは二度目の竿出しでした。

以前に単独で釣行した時は瀬変わりをせず、瀬上がりした時から回収までの1日半、ずーっと此処から竿を出し、尾長の最大は50そこそこだったものの数釣りを堪能したそうで、今度こそはと二人して意気込んでの竿出しでした。

早速、足下にオキアミとジャンボアミのマキエを打ち込みながら、がま磯パワーフカセスペシャル5-4.8と東レのラインハ、リス共に8号の夜釣り仕掛けをセットし、午後7時半頃から夜戦に突入したのでありました。

数投目、幸先よく40センチを超えるシマアジがヒット、俄然戦闘モードは高まりました。

が、しかぁ〜し、それ以降パッタリとアタリは途絶え、結局ボーズのまま朝を迎えたのでありました。 

朝まで一睡もせず頑張った平野さんでさえ、40センチ未満の尾長4匹と言う貧果だったのです。 


夜が明けると昼釣りタックルにチェンジして口太を狙います。


男女群島に対する情熱だけは誰にも負けない燃える男、平野さんもこのままでは前回の二の舞とばかり、気合を入れてマキエを打って口太を狙いますが、ポツリポツリとしか食って来ませんし、釣れる口太も小さいく、男女群島まで来てこれでは全く話になりません。  


そこで平野さんと相談した結果、この見事な 柱状節理 を見上げる釣り場から逃げることに決め、


午前8時、見回りでやって来たブラックカイザーに乗り込み瀬変わりを敢行したのでありました。

太陽君

March 27 [Sun], 2016, 15:31

花より団子ってが。


太陽君

March 27 [Sun], 2016, 14:09
今日は朝から爺ちゃんと遊んでます。


やはり男の子、自動車が大好きです。



3月27日(日)・さくらの日

March 27 [Sun], 2016, 7:11
 おはようございます。



花冷えの寒い日が続いておりますが、皆様方お変わりなくお過ごしでしょうか

朝と昼とで気温の変化が大きいので体調を維持するのも大変ですね。

しかも年度末まであと残り僅かときてますので、お仕事の忙しさもピークのことと思われます。
どうぞどちら様も、お体ご自愛の上残りの四日間を無事に乗り切って下さい。 

憎らしいことに、釣りにはもってこいのこんな良い天気になりました。 



今日3月27日は、さくらと「3(さ)×9(く)=27」の語呂合せと、七十二候のひとつ「桜始開(さくらはじめてひらく)」が重なる時期であることから、 日本さくらの会 が1992(平成4)年に制定した 「さくらの日」 です。

日本の歴史や文化、風土と深く関わってきた桜を通して、日本の自然や文化について関心を深めてもらうことを目的にしている日だそうで、3月最後の日曜日の今日、ちらほらと咲き始めた桜に身体を癒されるのも宜しいかもですねす。 

それではどちら様も、今年度最後の日曜日の今日一日を交通事故などに気を付け、ぼちぼち気張って明るく楽しく、そして朗らかにお過ごし下さい。 

どうぞご安全に

2016年第2回男女群島釣行ムービー其の2

March 26 [Sat], 2016, 21:37
「下の赤瀬」、「沖の赤瀬」共に潮切れ抜群で、本流の中からは日中でも60センチを超える尾長が狙えるポイントです。

太陽君

March 26 [Sat], 2016, 16:17
バックホウに乗って遊び、


イチゴを見つけて喜び、


今日のオヤツのリンゴを食べました。



2016年・男女群島釣行第2弾その1

March 26 [Sat], 2016, 14:23
何時もの如く、軽箱バンの荷室を釣り具で満載にして自宅を出発したのは3月20日(日曜・春分の日)の午後9時前でした。

途中、佐伯市のかわの釣具によって餌等を調達し、途中一度のションベン休憩をして、あじか磯釣センターに着いたのは午前2時38分、約6時間のドライブです。

平野さんの弟子の恩田君が仕込んでくれていたキムチ鍋を食って体を温め、腹一杯になったところで2階の大広間で午前7時までぐっすりと寝ました。

キムチ鍋を食っていた時に吹いていた強風も夜が明けると随分大人しくなっており、平戸瀬戸をまたぐ平戸大橋は静かにたたずみ、上空には青空も広がって来ました。 

11時過ぎ、残っていたキムチ鍋にウドン玉をぶち込んだキムチうどんの昼飯。

腹ごしらえを終えると、午後1時30分頃から積み込み準備です。

グラックカイザーが男女群島から帰港して来たのは午後1時20分過ぎ。
帰りが大時化だったために帰港が遅れたそうで、結局折り返し運航だったブラックカイザーの出港も大幅に遅れ、午後2時56分でした。 

この時間、まだ五島列島の沖を航行しています。 

着いたのは、夕闇せまる18時30分過ぎでした。

18時48分、瀬上がりの準備を終え、

山見船長の指示に従って、早速瀬上がりして行きます。

男島からクロキ島、中ノ島、ハナグリ島と瀬上がりを終え、カイザーは女島に向かって走ります。

お袋さん

March 26 [Sat], 2016, 9:52
米寿を過ぎて認知は少しづつ進んでますが、相変わらず元気でした。


3月26日(土)・楽聖忌

March 26 [Sat], 2016, 7:01
 おはようございます。


いやぁ〜、今朝も冷えますねぇ〜。
開き始めた桜の蕾も、この花冷えにはさぞかし驚いていることでしょう。 

しかし天気は、二三日前の天気予報を見事に裏切るかの如く、御覧のようにとても良い天気で、気の早いところでは花見も賑わうのではないでしょうか

明日予定されていたがまかつ会延岡磯研の新春釣り大会、週間天気予報では土日と  マークでしたので4月に延期となったのでしたが、この分では明日は全然問題無くやれたようです。 

春の天気は予測がつきませんので、仕方ないですね。 

1827年3月26日、ドイツの作曲家で多くの交響曲を作曲し、「楽聖」と呼ばれた ベートーヴェン がウィーンの自宅で亡くなったことに因み今日は 「楽聖忌」 です。

亡くなる三日前に、甥のカールを唯一の相続人にするように遺言書を補足し、「諸君、拍手したまえ。喜劇は終ったのだ」という有名な言葉を呟いた。

29日の葬儀には2万人の市民が参列し、宮廷歌手が棺を担いでフンメルら弟子たちがそれに続いたのでしたが、しかし、数々の作品を献呈され交際のあった貴族たちは誰も出席しなかったそうです。


それではどちら様も素敵な土曜の一日お過ごし下さい。 

ご安全に
2016年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮崎県-細島
提供:釣り情報フィッシングラボ
★ プロフィールその他 ★
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:への河童
  • アイコン画像 誕生日:1948年
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:宮崎県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-磯釣り&ルアーフィッシングの他、アウトドア全般。
    ・グルメ-ビール&日本酒、焼酎の他、魚&肉料理、韓国料理。
    ・音 楽-井上陽水&小椋佳の他、ベンチャーズのエレキサウンド。
読者になる
アイコン画像 釣りの原点は小学の頃のフナ釣りととテナガエビ釣り。
24歳の時に振り込んだカニエサのイシダイ仕掛けが磯釣り初デビュー。
その後グレ、チヌは勿論、トカラ列島のヒラアジやアラなどの巨魚、南西諸島や男女群島などでのビッグオナガ、磯や船からのヒラマサ、ルアーでのヤマメやシーバス、ブラックバスなどあらゆるジャンルの釣りを楽しんで今日に至る。

アイコン画像 過去43年間の主な記録はチヌ60a、スズキ8.2`、ヤマメ42.5a、ブラックバス57aなど。
そして阪神淡路大震災発生前日の平成6年1月16日の夕刻、男女群島中ノ島の「吉田の2番」で仕留めた71.4a、4.75`のオナガグレが自己最大の記録。

アイコン画像 これまでの主な大会での優勝、入賞歴はオールジャパングレ磯ロイヤルカップ4回の優勝と3回の入賞(鶴見)、東レスーパースターカップ優勝(下五島大宝)、WFG2年連続優勝と入賞3回(鶴見及び五島列島)、亞洲海釣錦標選抜賽第3位(韓国)、スポーツフィッシングワールドカップ第3位(オーストラリア・ゴールドコースト)、G杯争奪チヌ九州大会(宮之浦)、G杯争奪グレ九州大会(鶴見)、GFG杯争奪チヌ(九十九島)、がまかつテスター会グレ(紀伊大島)、日韓親善スポーツグレカップ(上五島)、NBCチャプター熊本野尻湖戦(野尻湖)優勝2回などなど。

アイコン画像 天孫降臨の地、宮崎県高千穂町の神々の里に生まれ、現在はかみさんと二人で延岡でぼちぼち暮らす。
今まで数々の夢と感動を与えてくれた釣友と魚たちに心から感謝し、少しばかりの電気工事をこなし、孫の成長に癒されながら、年に数回の旅行を楽しむ日々。
がまかつ会延岡磯研、釣研FG延岡支部、MFG九州、GFG宮崎県支部、TFT九州所属。
全九州釣ライター協会常任幹事。

アイコン画像 目標は生涯現役釣り師。夢はオナガグレ71.4aの自己記録更新。
★ コ  メ  ン  ト ★
アイコン画像麻衣子 
» 太陽君 (2017年07月22日)
アイコン画像への河童
» 7月21日(金)・日本三景の日 (2017年07月21日)
アイコン画像麻衣子 
» 7月21日(金)・日本三景の日 (2017年07月21日)
アイコン画像への河童
» ブルーベリー (2017年07月21日)
アイコン画像への河童
» 金堂ヶ池 (2017年07月21日)
アイコン画像akoako
» ブルーベリー (2017年07月21日)
アイコン画像団塊おじさん2号
» 金堂ヶ池 (2017年07月20日)
アイコン画像への河童
» 除草剤を (2017年07月20日)
アイコン画像からぶり君
» 除草剤を (2017年07月19日)
アイコン画像への河童
» 太陽君 (2017年07月18日)
アイコン画像麻衣子 
» 太陽君 (2017年07月18日)
アイコン画像への河童
» 太陽君 (2017年07月17日)
アイコン画像麻衣子 
» 太陽君 (2017年07月17日)
アイコン画像への河童
» 太陽君 (2017年07月17日)
アイコン画像への河童
» 太陽君 (2017年07月17日)
★ Yapme!一覧 ★
読者になる
★ 月別アーカイブ ★
http://yaplog.jp/h96-104aki/index1_0.rdf