金堂ヶ池

July 31 [Tue], 2012, 17:47
今朝の草取りで腰がまたまたガクガクになりました。

ったく弱ってしまった腰、何とかせねばなんにも出来ませんです。


それでも、どうにか今日もぼちぼち気張って汗を流しました。

昼 飯

July 31 [Tue], 2012, 12:16
ブログ初登場、福寿園の酢豚定食を食いました。

暑い時に食う、熱い酢豚も中々美味いもんです。

7月31日(火)・7月最後の日

July 31 [Tue], 2012, 9:26
 おはようございます。



今日で7月も終わり、明日から8月です。

8月も猛暑が続くことでしょう。
どちら様も、熱中症などに気を付け、どうぞ一カ月を明るく楽しく元気に乗り切って下さい。


さて今日は朝から一念発起、畑の草取りに汗を流しました。


 Before
よくもまぁーここまで、蔓延らせたもので、野菜がどこにあるのかわかりません。


 After
取っ掛かりから2時間半後に6スパンの内、とりあえず1スパンを終わらせました。
これが体力の限界、今日はこれで予定終了です。


終わった時には汗と泥まみれ。
とにかく重労働で、早朝の2時間ほどしか出来ない作業です。



今朝の朝獲れ新鮮野菜。

中玉トマトとミニトマト、


それにナスとキュウリとゴウヤはまだあと少し収穫出来そうです。

金堂ヶ池

July 30 [Mon], 2012, 17:56
十日振りでしょうか、或いは二週間振りでしょうか、そのくらいリハビリ運動をしていませんでした。



腰痛防止のためには運動は必要不可欠なので、多少の痛みは堪えてでもぼちぼち再開しました。

防犯灯

July 30 [Mon], 2012, 16:49
暑い中、区の防犯灯を2台新たに取り付けました。

そしてただ今、切れた蛍光ランプを交換しています。

暑いので大変ですが、ぼちぼちやりました。

富士登山日記其の2

July 30 [Mon], 2012, 12:52
鳥居荘を出発したのは真夜中の23時。

ヘッドライトの明かりを頼りにゆっくりゆっくり、そしてただ黙々と息苦しさに耐えながら頂上を目指します。


標高3,350mの本八合目で須走口登山道と合流すると登山客が一気に増え、ここから先は、ひどい停滞で、登山客のヘッドライトの明かりが頂上まで数珠繋ぎになっています。


一歩刻みでしか登れませんでしたが、高山病寸前の私にはこれが逆に幸いだったのかもしれません。

しかし、登山客が多いとは聞いていましたが、平日でこんなにあれば土日はもっと混雑するに違いありません。
平日登山を申し込んだのは正解だったようです。


このまま混雑した登山道を登っていたのでは頂上でのご来光に間に合わないとのガイドさんの判断により、途中から下山道を登って頂上を目指すことになりました。

そして午前4時48分、遂に御来光です。 


初の挑戦で登頂を果たし、尚且つ運良く拝観が叶った御来光に胸が熱くなり涙腺が緩んだのでありました。


富士五湖の一つ、「山中湖」の上に光り輝く御来光。
すべてに感謝しました。

がしかし、あまりの感動に願い事をするのを忘れてしまった私でした。 


雲に反射してか、太陽が二つ見えました。


コルセットで腰をガッチリと固定して挑んだ富士登山でしたが、不思議と痛みは一切出ませんで、痛み止めの飲み薬も座薬も全く必要無かったのは奇跡としか思えませんでした。

でも何故、痛みが出なかったのか不思議でならないのですが、気圧の影響なのか、或いは登山用ザックで背中を固定していたからなのか、今でも解りません。

ほんでもやはり、こうやって見ると腰が曲がっていますね。


釣り用のレインスーツが場違いではありますが、海の男が日本一の山を征した記念の一枚です。


直ぐそこが頂上。
御来光は此処から拝観しましたが、


ご覧のように登山道はこの時間でもアリの行列、ずらぁ〜っと数珠つなぎになって登山客が登っていたのであります。

それにしてもこの傾斜、やはり富士山は日本一の山でした。

7月30日(月)・最後の週

July 30 [Mon], 2012, 7:01
と言ってもあと二日で終わってしまう7月です。





 おはようございます。


いやぁ〜、まさに「光陰矢のごとし」であります。 

ついこの間まで、梅雨が明けない梅雨が明けないとぼやいていたのでありますが、蝉の鳴き声がうるさくなってきたかと思えばあっという間に8月がやって来て、やがてお盆です。


今日も暑くなりそうな朝の空模様。

どうぞ皆様、熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい。


さて今日から仕事の一週間のスタート、ロンドンオリンピックの応援で寝不足気味の方も多いのでは。 
日本選手の活躍に勇気とパワーをもらいますね。

そんなところでどちら様もこの一週間、寝不足でポカをしないように気を付けながら明るく楽しく元気良くお過ごし下さい。 

それでは皆さん、一週間どうぞご安全に

夜釣り〜2

July 29 [Sun], 2012, 6:33
7月28日日曜日、皆さんおはようございますです。

干潮は午後7時45分でしたがウネリが大きくなって来ましたので、安全を期して午後7時半、「クツバリ」に瀬代わりしました。

結局「沖の二ツバエ」での釣果は私の、イサキ1匹のみでした。


やはり富士登山の疲れが残っていたんでしょうね、私は午後8時半にはギブアップして晩飯を食い、ボンボンベッドの上で眠りに落ちました。

二人は朝まで頑張っていたそうですが、釣れたのはフエフキダイばかりだったそうです。


此処で私は朝マズメにキロアップ、45、6センチの価値ある1尾を釣り、午前6時には竿をたたみました。


三人で反省です。

夜釣り〜1

July 28 [Sat], 2012, 15:39
北浦の「沖の二ツバエ」に権藤、寺田会員と三人で瀬上がりしました。

夜釣り大会最後の週となる今回は8人が参加して、「高島の鼻」から3人、「ナゼバエ」から二人が竿を出しますです。


競技開始は午後6時、竿出しまでまだ2時間以上もありますし、二人の先客が竿を出していますので、5時頃からぼちぼち準備に取り掛かります。

しかし、ウネリのあるのがちょっとばかし気掛かりですね。

7月28日(土)・ロンドンオリンピック開幕

July 28 [Sat], 2012, 6:34
 おはようございます。





いやぁ〜、暑いですねぇー。 

みな様、お変わりなくお過ごしでしょうか



今日も猛烈な暑さになりそうな夜明けですよ。



で、ロンドンオリンピックが開幕しました。

水泳や陸上、サッカーなどなど、日本選手のメダル獲得が楽しみですね。


特にのびおか出身の200mバタフライの松田丈志選手には期待しております。

何としてでもアメリカのマイケル・フェルプス選手を破って金メダルをのびおかに持って帰ってもらいたいものです。


さて今日はナイトフィッシング。
3週に渡った延岡磯研の夜釣り大会最後の週のバトルです。

早めに準備を済ませ、15時には磯に渡る予定です。
狙いはオナガにイサキにアジ。

富士登山の後遺症の太ももの痛みもかなり和らいできたようですので、ま、ぼちぼち気張ってみることに致します。


それではどちら様も、モーレツに暑い週末になりそうですが、どうぞ熱中症にお気を付け、元気に一日をお過ごし下さい。 

今日も一日、ご安全に

富士登山日記其の1

July 27 [Fri], 2012, 19:23
40年間海一筋で生きて来た男が、そして山登りに興味も無ければ、ましてや経験も全く無い男が何故に富士登山を思い付いたのか


それは、ごく単純な理由。

日本人なら、日本で一番高い山に一度は登ってみたい。

それでも、こんな腰ですので出来るだけ動ける内に。

ただ、それだけでした。 


そして5月下旬には富士登山ツアーに申し込みました。
当初は宮交観光の「富士山ゆったり登頂」と言う、7/24〜7/26の二泊三日コースを予約したのですが、山小屋でゴロ寝した時の私のいびきを考えた場合、二晩も他人に迷惑をかけたくないとの思いから「タビックスジャパン」の一泊二日コースに変更、今回の富士登山となった訳であります。

さぁ〜それからが大変、何せ周りに登山をアドバイスしてくれる知り合いなどおりませんので、Webで登山用ザックやトレッキングシューズ、トレッキングポールなどを検索しては知識を学んで買い揃え、そして、朝の運動でトレッキングシューズを履いて足慣らしをしたり、近くの行縢山に登ってみたりもしました。

そんな時です。
椎間板ヘルニアの腰痛に再び襲われたのは。 

6月10日の釣りから腰痛が酷くなり、12日には歩くことも出来なくなってしまい掛かり付けの整形外科を受診して痛み止めを処方してもらいました。
しかし、痛みが治まらいために7月4日には腰椎の固定手術をしてもらった福岡のかい整形外科まで出掛けてMRIなどの検査を受けたのであります。 

こんな体で富士登山など無謀な企てだったかと思いましたが、7月10日が期限であったキャンセルを見送ってまでも挑んだ、男の挑戦でありました。


7月24日午前7時10分、宮崎空港の旅行会社受付カウンターの前には18名のツアー参加者が集まり、更に羽田で鹿児島と熊本、四国の香川や愛媛、高知、徳島からの参加者と合流し、43名+添乗員1名の総勢44名で大型観光バスに乗り込み、富士登山吉田ルートの起点である富士スバルライン五合目に向かいました。

道中、添乗員からの説明では、高山病で途中でリタイヤして頂上を断念する人が毎回参加者の2割程度は居るとのことで、ネットで仕入れた知識とずいぶん違った説明に心配しながらバスに揺られること約3時間、やがて富士スバルライン五合目に到着したのであります。


標高2,305mの富士スバルライン五合目から見上げた日本一高い山、富士山。


五合園レストハウスで慌ただしく登山着に着替えて昼飯を食ったら外に集合、二人の登山ガイドさんから登山の心得や注意などを聞き、軽いストレッチを終えると午後3時頃には愈々登山道へ向かってなだらかな道をゆっくり歩き始めました 。

途中沢山の幼稚園児や観光に訪れている大勢の中国人などとすれ違いながら進んで行くと、下から霞が湧き上がって来ましたが、これが冷たくて気持ち良かったです。
                           ※ 画像は『行雲流水的蕎麦人生と…』様からお借りしました。

さぁ〜、いよいよ本格登山の始まりです。

本七合目の標高2,900mにあるこの日の休息場所、「鳥居荘」を目指して六合目、2,400mの分岐点を登ります。


平日にもかかわらず、登山道は登山者で一杯。


このジグザグの登山道をただひたすら、山荘目指して黙々と登ります。


この頃までは43名のツアー客全員、みんなまだ大丈夫で余裕もありました。
しかし、私は徐々に息苦しさが増すと同時に動きが鈍くなり、軽い目まいを感じるようになっていたのであります。


色んな山荘が目の前まで近づいて来ましたが、鳥居荘はまだまだ上、


途中休み休みしながら、とにかくゆっくりゆっくり登って行きますが、


標高差10mを登るのにも苦労し、やがてなれない岩場が立ちはだかって来ました。


相当にきつい岩場でしたが、ここを登りきると、


ようやく、「鳥居荘」のシンボル、赤い鳥居が見えて来ました。


本七合目、標高2,900mの鳥居荘に着いたのは午後6時過ぎ、私は高山病特有の症状でぐったりでしたが、何とか此処までのリタイヤは逃れることが出来ました。 


山荘に着くないなや、即寝床の準備、そして晩飯です。
晩飯は富士山の山小屋の定番料理とかのカレーでしたが、


ラッキョウが美味かったです。


山小屋で売っている600円也の缶ビールを飲むことを楽しみにしていたのですが、さすがに気分が悪くて飲むことが出来ずに横になりました。
で、寝床はこんな具合で、男女群島に行く渡船の寝床よりもはるかに狭い寝床でありました。 

とにかく寝返りすらできない窮屈さ、二晩も横にならなくて正解でした。 
                         ※この 画像も『行雲流水的蕎麦人生と…』様からお借りしました。


この時点で、残念なことにお二人が脱落しましたが、これが富士登山の現実でした。 

さぁー、数時間仮眠したら愈々山頂に向かって出発です。





 

への河童菜園〜真夏の収穫

July 27 [Fri], 2012, 13:51
真夏の真昼間に野菜を収穫するなど笑われそうですが、かみさんの『ナスもキュウリもなんにも無い』との無謀な要望により上下のつなぎを着て畑に出て収穫したのは、ナスとキュウリに、


ゴウヤと、


カボチャ、


それにミニトマトと中玉のトマトでしたが、僅か20分で、全身汗ジっポリになりました。 


夏の畑には出たくありませんが、近々草を何とかしなければ、えらいことになっておりまするです。 

7月27日(金)・土用の丑の日

July 27 [Fri], 2012, 6:28
 おはようございます。




いやぁ〜、昨日の太ももの痛いことと言ったら尋常じゃありませんでしたぞなもし。 

2時間近いハードな下り坂が両足に与えたダメージは、本格登山初の初心者と言うハンディがあったにしても相当に激しいものがありました。

昨日ほどではないにしても、今朝もまだ痛みがあります。 


梅雨が上がった途端、一気に夏到来のようです。
各地で厳しい暑さによる熱中症の被害が多発しているようです。

どうぞ皆様におかれましても、くれぐれもご用心下さい。
こまめな水分補給、これが大切ですね。

さて、うす雲はありますが、今日も暑くなりそうな今朝の空模様です。 


ところで今日は、土用の丑の日。
うなぎを食ってスタミナを付けることに致しましょうかね。


どちら様も、暑さに気を付けながらぼちぼち気張って明日の週末をお迎え下さい。

それでは本日もご安全に

7月26日(木)・太ももの痛い朝

July 26 [Thu], 2012, 7:06
おはようございます。



思ったとおりでした。

今朝起きて2階から1階に降りようとすると、太ももが痛くてたまりませんでした。

普段使うことの無い太股部の筋肉を、昨日の富士山からの下山で相当痛めつけたみたいです。



昨日午前4時48分、富士山山頂から拝んだ御来光、真下の湖は山中湖です。

腰に大きな爆弾を抱え、不安の中で成し遂げた富士山登頂に涙があふれ出ました。



今朝の好天を物語っていた、帰りの飛行機の中から見た夕焼け。

のびおかや日向市の夜景がはっきりときれいに見えました。


ナデシコジャパンが2対1で勝ちました。
幸先良いスタートです。

この勢いで皆さんも今日を、そして夏を乗り切って下さい。


それではどちら様も、今日も一日熱中症に気を付けて元気でお過ごし下さい。

本日もご安全に

富士山のお茶

July 25 [Wed], 2012, 20:46
今日の下山中に7合目の山荘「巴館」で買ったペットボトルのお茶を、宮崎空港駅で飲もうと思ってザックから出したらしゃげていました。

気圧の変化の悪戯っすね。


さあ〜、これで今回の富士登山のレポートはひとまず終わりです。

後はまとめ編でしょうか?


御訪問、ありがとうございました。

羽田空港

July 25 [Wed], 2012, 17:26
出発は18時40分、まだ1時間以上の待ち時間があります。


ならば、これしかないってことで、またまた生ビール。
つまみは鶏のから揚げ。


宮崎空港発21時07分の特急電車がのびおかに着くのは10時21分、とにかく今回は最高に疲れました。

明日の腰と足は、果たしてどうなっているでしょうかね?

昼 飯

July 25 [Wed], 2012, 13:10
河口湖湖畔の「みはらし亭」。


やっぱ、温泉上がりのギンギンに冷えた生ビールの美味さは格別ですね。
2杯も飲んでしまいました。

富士山下山〜2

July 25 [Wed], 2012, 10:14
9時41分、出発した富士スバルライン5合目まで帰り着きました。

何と帰りは、途中で滑って転んで右手の甲と右腕に擦り傷を作りながらも2時間40分で下っていました。



昨夜は疲れと目眩でビールも飲めず、はからずも休肝日となってしまいました。

下山直後のビールは、全然冷えていませんでしたが最高に美味いです。

富士山下山〜1

July 25 [Wed], 2012, 7:48
御来光も拝観してすべてに感謝しました。

登頂を果たしたらいよいよ次は下山です。



午前7時に下山を開始しました。

画像は3,200b付近。

富士山へ〜7

July 25 [Wed], 2012, 5:45
奇跡です。

腰は全く大丈夫でした。


そして、酸欠に苦しみながらも何とか登頂しました。

素晴らしい御来光も拝観出来ました。




みんなに感謝です。

富士山へ〜6

July 24 [Tue], 2012, 23:42
山荘ではうつらうつらしただけで22時半に登山準備、23時鳥居荘を山頂目指して出発しました。

ただ今8合目、3,100b付近を、ヘッドライトの灯りを頼りに、ただひたすら黙々と登っています。

息苦しさで深呼吸を何度も繰り返しながらです。

富士山へ〜5

July 24 [Tue], 2012, 18:56
何とか本7合目にある赤い鳥居で有名な山荘「鳥居荘」まで登って来ました。

ここで標高約2,900bです。


さすがにビールを飲む気力はありません。
今から晩飯のカレーを食って仮眠、夜中に頂上に向かって出発します。

富士山へ〜4

July 24 [Tue], 2012, 14:33
富士登山登頂吉田ルートの起点となる富士スバルライン5合目に到着しました。



天気はまあまあ、まもなく、7合目に向かって出発しますが、途中で脱落者とならぬよう、ぼちぼち気張って登ります。

富士山へ〜3

July 24 [Tue], 2012, 12:19
ただ今東名高速をバスで移動中ですが、足柄SAでトイレ休憩です。



吉田ルート登山口の富士スバルライン5合目までは後1時間半程だそうです。

富士山へ〜2

July 24 [Tue], 2012, 7:10
宮崎空港8時10分発のANA602便で羽田空港に飛びます。

7月24日(火)・富士山へ〜1

July 24 [Tue], 2012, 5:20
おはようございます。

いよいよ富士登山の日がやって参りました。

腰の調子はまあまあです。



Gパンの下にコルセットを装着してやや窮屈ですが、5時22分南のびおか発の電車で宮崎空港に向かいます。



それではどちら様も今日も一日どうぞご安全に !

梅雨明け宣言

July 23 [Mon], 2012, 15:53
今朝予想した通り、本日午前、梅雨明けが宣言されました。


待ちに待った梅雨明けですが、しかし今度は一転して暑さに襲われますねぇ〜。
現在事務所の気温は32℃です。


で、早速お袋が『熱中症のごつある』と言い出しまして、掛かり付けの病院へ連れて行き只今点滴中です。 
ま、お袋の場合、何かにつけ病院へ行きたがるのが病気ですので仕方ありませんが。 



さて、梅雨が明ければ日中のオナガ狙いですね。

 は、島野浦は「平バエ」でのある夏の風景ですが、暑さで身も心も融けそうな中、


仕留めた価値ある1尾です。

そして真夏のオナガの食味、脂が乗って美味さ抜群なんであります。


7月23日(月)・今朝は秋のような

July 23 [Mon], 2012, 7:07
風が吹き、実に爽やかな朝でした。





 おはようございます。

今朝のこの天気、幾らなんでも今日明日には待望の発表があるんじゃないでしょうか


さて、先週もあっという間に一週間が過ぎ、今日からまた仕事の一週間がスタートしました。


小中学生も夏休みに入り、周りではクマゼミとアブラゼミが気忙しく鳴いています。

季節は正に夏なのですが、でも何かが、何処かが何時もの年とは違うような気がしております。

一体、何なんでしょうネ


1918(大正7)年のこの日、富山県魚津の漁家の主婦たちが米の県外移出を阻止する集団行動を起こし、全国にまで広がった米騒動の始りとなったことから今日は「米騒動の日」だそうです。


そして1979年(昭和54年)から郵政省(現日本郵政グループ)が実施している「文月の日」でもあるそうです。
毎月23日は「ふ(2)み(3)」の語呂合せから「ふみの日」となっているが、7月の旧称が「文月」であることから、特別に「文月ふみの日」としてさまざまなイベントを実施しているそうであります。

「米騒動」と「ふみの日」、何となく妙な取り合わせの一日ですね。


さぁー、どちら様もこの一週間、ぼちぼち気張って、明るく元気にお過ごし下さい。 

それでは皆さん、一週間どうぞご安全に

富士登山〜鋭意準備中

July 22 [Sun], 2012, 20:24
愈々明後日の出発となりましたが、気が重い最近です。  



そう、脊柱管狭窄症管から来ている左殿部付近の痛みが日によって違うからです。  

まあまあ調子の良い時には、数百メートルは屈んだりせずに歩けるのですが、調子の悪い時には全然歩けません。
ですので昨日のリハビリ運度は、用心して止めときました。

今日も明日も、念のために止めときます。

で、ザックの中には痛み止めの飲み薬と坐薬も入れました。
そして暑くて大変ですが、腰の固定手術をしてくれた甲斐先生から言われたように、コルセットも着用して登ることにしました。

ま、5合目まで行ってみて、腰の様子を見てみたい思っていますが、少々の痛みは堪え、足が前に出る限りは何としてでも、標高3,776mの日本最高の頂を踏んで帰りたいものです。

のびおか出発は24日午前5時22分。
宮崎空港から羽田に飛び、そこからバスで5合目まで移動。

とりあえず準備だけはぬかりなく終わらせておくことに致します。



侵入者

July 22 [Sun], 2012, 15:47
今日のお昼、昆虫綱トンボ目オニヤンマ科に属する日本では最大のトンボ、オニヤンマが事務所に侵入して来ました。 


大きな体ながら、ホバリングも器用です。


釣り具の周りや、


キーボードの上などあっちこっち飛び回っていましたが、


やがて事務所入り口の玄関マットの上にとまり、


なにやら不思議な行動を。

マットに産卵弁を突き立てるこの仕草、まるでマットに卵を産み付けているようでした
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮崎県-細島
提供:釣り情報フィッシングラボ
★ プロフィールその他 ★
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:への河童
  • アイコン画像 誕生日:1948年
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:宮崎県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-磯釣り&ルアーフィッシングの他、アウトドア全般。
    ・グルメ-ビール&日本酒、焼酎の他、魚&肉料理、韓国料理。
    ・音 楽-井上陽水&小椋佳の他、ベンチャーズのエレキサウンド。
読者になる
アイコン画像 釣りの原点は小学の頃のフナ釣りととテナガエビ釣り。
24歳の時に振り込んだカニエサのイシダイ仕掛けが磯釣り初デビュー。
その後グレ、チヌは勿論、トカラ列島のヒラアジやアラなどの巨魚、南西諸島や男女群島などでのビッグオナガ、磯や船からのヒラマサ、ルアーでのヤマメやシーバス、ブラックバスなどあらゆるジャンルの釣りを楽しんで今日に至る。

アイコン画像 過去43年間の主な記録はチヌ60a、スズキ8.2`、ヤマメ42.5a、ブラックバス57aなど。
そして阪神淡路大震災発生前日の平成6年1月16日の夕刻、男女群島中ノ島の「吉田の2番」で仕留めた71.4a、4.75`のオナガグレが自己最大の記録。

アイコン画像 これまでの主な大会での優勝、入賞歴はオールジャパングレ磯ロイヤルカップ4回の優勝と3回の入賞(鶴見)、東レスーパースターカップ優勝(下五島大宝)、WFG2年連続優勝と入賞3回(鶴見及び五島列島)、亞洲海釣錦標選抜賽第3位(韓国)、スポーツフィッシングワールドカップ第3位(オーストラリア・ゴールドコースト)、G杯争奪チヌ九州大会(宮之浦)、G杯争奪グレ九州大会(鶴見)、GFG杯争奪チヌ(九十九島)、がまかつテスター会グレ(紀伊大島)、日韓親善スポーツグレカップ(上五島)、NBCチャプター熊本野尻湖戦(野尻湖)優勝2回などなど。

アイコン画像 天孫降臨の地、宮崎県高千穂町の神々の里に生まれ、現在はかみさんと二人で延岡でぼちぼち暮らす。
今まで数々の夢と感動を与えてくれた釣友と魚たちに心から感謝し、少しばかりの電気工事をこなし、孫の成長に癒されながら、年に数回の旅行を楽しむ日々。
がまかつ会延岡磯研、釣研FG延岡支部、MFG九州、GFG宮崎県支部、TFT九州所属。
全九州釣ライター協会常任幹事、釣研FG 副会長。

アイコン画像 目標は生涯現役釣り師。夢はオナガグレ71.4aの自己記録更新。
★ コ  メ  ン  ト ★
アイコン画像akoako
» 雨水の日の今日 (2018年02月20日)
アイコン画像への河童
» コーヒータイム (2018年02月19日)
アイコン画像fujisan
» コーヒータイム (2018年02月18日)
アイコン画像への河童
» 今日の太陽君 (2018年02月18日)
アイコン画像麻衣子 
» 今日の太陽君 (2018年02月16日)
アイコン画像への河童
» 青バエのチョンのクロ釣り〜4 (2018年02月15日)
アイコン画像への河童
» 太陽君 (2018年02月15日)
アイコン画像からぶり君
» 青バエのチョンのクロ釣り〜4 (2018年02月14日)
アイコン画像麻衣子 
» 太陽君 (2018年02月14日)
アイコン画像への河童
» 氷が (2018年02月13日)
アイコン画像おばちゃん
» 氷が (2018年02月13日)
アイコン画像への河童
» 氷が (2018年02月12日)
アイコン画像への河童
» 氷が (2018年02月12日)
アイコン画像への河童
» 太陽君 (2018年02月12日)
アイコン画像きっしー
» 氷が (2018年02月12日)