唾液が減っている時の口臭対策

January 20 [Mon], 2014, 3:54
唾液の分泌量が減ると、口臭が強くなりやすくなります。

寝起きの時に、普段以上に口臭が強くなっていると感じたことはないでしょうか?これは唾液分泌量の減少が関係していて、就寝中に唾液の分泌が減るせいで口の中の雑菌が増えて臭いになってしまっているのです。

もちろん寝ている時以外でも唾液の分泌が減ってしまうことはあります。その時は、出来るだけ唾液の分泌を促してあげると口臭を抑えるのに効果的です。

例えばミントの味がきつめのガムをかんだり、梅干しのようなものを口に入れると唾液の分泌は増えます。仕事中になかなかこうした物を口に入れずらい場合は、口に入れてすぐになくなるタイプの酸味の強いお菓子をポケットにその場せておくと良いかもしれません。


▽▼口臭対策トピックス▼▽

http://nn0ig7zg.seesaa.net/

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠馬
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h8mycppy8/index1_0.rdf