子どもの祝い事が凄すぎる・・

April 08 [Tue], 2014, 16:30
赤ちゃんが生まれたときには、役所へ出生届を提出する必要があります。
出生届は本来、生まれた子どもについて両親のどちらかが提出するものです。
通院している病院に対しても、里帰り出産をする旨は早めに伝えておきます。
子どもが生まれてから100日までの祝い事は数々あり、子供の成長を感じながら親にとっても楽しみがたくさんある時期です。
提出先の役所は病院から最寄りにある役所、もしくは両親の本籍地か所在地にある役所に限られています。
そのため、検診の領収書や母子手帳を受け取るときにもらった助成券は、保管しておかなければなりません。
次は絵本や、おもちゃも多いです。
日本で子供が産まれた場合、通常のルールどおり14日以内に役所に出生届を提出しますが、日本国籍を取得するために国籍留保届も併せて提出しておきましょう。
ただし、一度役所へ出生届を提出して受理されると、特別な理由がない限り名前を変更することは非常に難しくなります。
子供の誕生を神様に感謝し、家族は紋服を着用して神社に参拝し、お祓いをしてもらいます。
次はお七夜と呼ばれる子供の無病息災を目的としたお祝い事です。
赤ちゃんの誕生を一緒に喜んでもらえるように様子を知らせるカードなどを添えるのもよいでしょう。
そのほかにも複数のケースで、読み聞かせを通じて親子のコミュニケーションを深めてほしいということから絵本をプレゼントしている場合があります。
海外で出産した場合には、戸籍法第49条によって生まれた日から3ヶ月以内に出生届を出す必要があります。
子どもが生まれてから100日までの祝い事秘伝書
子どもが生まれてから100日までの祝い事ABC
子どもが生まれてから100日までの祝い事ブック
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:h8godbf0
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h8godbf0/index1_0.rdf