食を考える

November 14 [Wed], 2012, 15:18
最近は、欧米食‥云々という事は古く、皆さんよく理解してきています。詳しく解らなくても、肉や砂糖は身体に悪いくらいのイメージはあると思います。

しかし、一番悪いのは、過剰摂取です。
身体に良いと言って、特定の健康食に依存する事。 あらゆる健康法というのは、採寸したスーツと同じで、その個人に善いんです。 世の中に万能薬は無いと思う。

座頭市は、勝新で構成された作品。北野たけしでなく、勝新で面白く、黄色いハンカチは、阿倍寛ではなく、高倉健が面白い。その人にあった方法という事です。

人参ジュースが良い、肉は食べないなど、それは個人で違います。 逆に身体に良い納豆など、無理して食べるという事は、あまり正しくない気がする。

大豆アレルギーという言葉もあるくらいです。舌のセンサーが、拒否しているという事は、身体に合わない、今は必要ないと感じているんだと思う。
一番大事な事は、何事も『適量』という事です。コーヒーは、肝臓に良い半面、ビタミンの阻害、青菜は‥。特定の疾患にはどれも逆効果です。酵素食品は、最近の健康法のひとつですが、それも適量あっての事です。


運動がダルい、面倒‥そういう時は、しない方がいい。身体や心が感じている事を無視してしまいがちですが、規則正しくしたら健康的、義務感的な思考が優先しますが、しない事も必要だと思います。

季節の食品を、適量に、野菜や果物を中心に食べる。好物も食べる。好物というのは、個人差はあるが、砂糖、油、炭水化物を集めた凝縮した食品。旨くない食品は、身体に効く。

旨い食品は心に効く。
現代は、選択できる時代です。


他にない差がつくファッションをお探しならこちらのtroveがおすすめ!
troveの詳しい公式ホームページはこちらをクリック


遅ればせながらのマダガスカルとかいろいろ

August 26 [Sun], 2012, 18:15
ああ、残念。
ドリパスで入手したMWのチケットなのに!
出先からの帰りがアクシデントで遅くなり、どうしてもいけませんでした。
でも聞いた話では、すごく遠方からきたかたたちもいたようで
映画を観るというより、何かのイベント、思い出と向き合う的な?あの日の感動と生で対峙する的な?
そんな濃いひとときだったようですね。
ロッカーズは絶対ちゃんといくぞ!大スクリーンでのライブシーンが今から楽しみです。

さて、だいぶ間が抜けましたがマダガスカル3。いまさらながら感想いきます。
楽しかったー!!
DVDでりゃいいや。な作品も多い中、これはもう劇場で見るのと自宅で見るのとでは雲泥の差ですよ。1からいいかげんハイクォリティな画面づくりではありましたが、すごい次元まで行っちゃってますね。どういう技でこの質感が。ほんとに人間技?スタッフに宇宙人がまぎれてんじゃないの。というぐらい、(そういやビジュアルスタッフにchin-coという人がいたのをエンドロールで見て、ナニ人?としばし悩んだわ)
ありえないアングルからの、ありえないアクションと効果と画像、あふれる色彩とスピード感と、なんつうの、多幸感。
日本人の体質というか私の淡白な体質ではしまいに受け止めそこねて意識が遠くにいっちゃうほど、どこにも手抜きのない画面と高揚感の連発で、見てるだけで魂抜き取られそうでした。

回覧・承認など電子決済や電子承認の基本機能に加え、コメント機能などの便利な機能を多数搭載はrakumoのワークフロー
ワークフローの詳しくはこちらの公式HPまで


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みさきez84
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h8cztkon/index1_0.rdf