ダイエットの人気は

May 03 [Sun], 2015, 0:12
インシュリン抵抗性
長期的な安全性を保証できないと言う報告などがあるから
ダイエットの人気は急低下してしまいました。


現在でも炭水化物を制限するダイエット法は人気があります。

実際に体験した人はそのことを信じる一方厳しい版もあります。



賛否両論あって議論がついているのが現状です。


私も炭水化物の極端な制限することはないかと考えます。


ケトン体は糖尿病の病態をチェックするための指標として用いられています。


体内をケトン性ケトン体がさらに増えて血液が酸性に傾く事はなく
糖尿病の患者にとってはあまり良い状態でないことを示します。


一般的に糖尿病患者の場合、血糖値管理が不良とされています。


糖尿病患者の場合の人は結合やインシュリン抵抗性が
インシュリンが効きにくくなって起こります。インシュリンは


膵臓から分泌されてるホルモンで血液中のブドウ糖を細胞に
取り込みエネルギーを作り出すために欠かせない物質です。



インシュリンが不足すると炭水化物をとっていても
血液中のブドウ糖細胞内にうまく取り込むことが
できずエネルギーを作り出すません。



すると脂肪酸からエネルギーを作り出すようになり
血液中のケトン体が増加したけど陥ります。


糖尿病患者の場合は違ってケトン体が発生しています。


血液中にブドウ糖があるにもかかわらずインシュリンが
きちんと働かないためにブドウ糖が作り出せる
ケトン体が作られているのです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:h7dok435022
読者になる
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h7dok435022/index1_0.rdf