最期の時間

December 30 [Fri], 2011, 18:26
入川さん最後は「ありがとう」この方のことは余命半年という記者会見のとき初めて知りましたシンザン記念
あたしは日刊ゲンダイの携帯版を読んでるんだが(芸能関係ね)そこに入川さんが毎回コラムを書いててほんとに前向きな。
今日はこんな本を読みましたーとか芝居を明日やりますとか家族でごはん食べましたとか。
延命治療をあえてされずに普通の生活をして最期まで役者したいですと言ってた入川さん。
今日ミヤネヤで特集しててその会見からのドキュメントをしてたんだけどこの方は相模原市に住んでたんですね。
公園でお弁当食べて毎日ここで食べるよとかお酒をおいしそうに呑んだりとかいもニコニコと。
いい笑顔で。
「もう葬儀屋には電話したよ。
お金も払ったしね」とか「毎日の生活をほんとに楽しくすごせる。
1日を大切にできる」とか話されてて、今はほんとに楽しいのと。
ずっと取材されてたディレクターさんはVを見てぐっときて涙ぐんでいらっしゃいましたがなんだかすごく勇気をもらえたような。
死ぬことはもう絶対わかってるわけだけどそれまでの日々をこんなに楽しく過ごすやりかたもあるんだな。
あたしはそのときになったらどう思うかわからないけども、あえて延命を避け最期まで自分らしく生きてきた入川さんを尊敬します。
も少しあったかくなったら入川さんが座ってたあの公園のベンチに座ってこの方を思いたい。
ご冥福をというかこんなに元気で前向きな方だからきっとあちらでも楽しくきちんと過ごされるんだろうな。
なんか変な書き方だけどこの方にはきっと違う世界でも未来は開けてると思ってしまった。
ありがとうございました。
いいことを教えていただきました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:h74jn2zox9
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h74jn2zox9/index1_0.rdf