小俣でミニブタ

October 16 [Sun], 2016, 20:59
急遽ですが、あなたは亡くなられたおじいさん・おばあさん、ないしは父さんや母などのお墓参りには充分定期的に歩きを運ばれていますでしょうか?
「お墓参り」という亡くなったパーソンの眠っているところに会いにいく営み自体は条件均一ですが、きちんとお供えを持って、お彼岸やお盆などの休日を通じてその地に足を運ぶ、は我らが住む日本での昔からの伝統であり、習慣であるともいえます。
最近はお商売が休日で暇があっても、実に「今回は行かなくても良いか・・・。」という諦めてしまう中でもティーンズが増えてきたそうです。
その理由はいよいよ里から都内などの都心に移住達するパーソンや、海外で動く邦人が増えたことも背景にはあるようです。
ただし、亡くなられたご家事様のお考えをちょこっと考えてみて下さい。
お商売が忙しかったり、内密があわただしいということも仕方がないのかもしれませんが、恐らくお墓で静かにあなたのことをむかえると思います。
クライアントは亡くなっても精神はちょっと残っていたり、お墓があれば亡くなられたご家事様がこういうおんなじ
土で生きていた、という象徴が思う存分居残るということですから、「たえず見守っていてくれて有難う」の考えを触れることは結構大事です。
仮に久しぶりに「お墓参りをめぐってみよう!」と思い立ったならば、「清月堂」の和菓子がお供えとして至極おすすめですよ。
清月堂様では「仏事目的」に和菓子を包んで頂けるので買上も簡単で便利です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:琉斗
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる