ニセ医師「病院や市民に迷惑かけた」反省の言葉(読売新聞)

May 20 [Thu], 2010, 1:44
 岩手県立宮古病院に循環器科医として着任するはずだった女性が無資格だったとされる事件で、医師法違反容疑で逮捕された一宮輝美容疑者(44)が、接見した弁護士に「宮古病院や市民に迷惑をかけた」などと反省の言葉を口にしていることが13日、わかった。

 弁護士によると、一宮容疑者は逮捕された8日夜から12日午前まで、署が差し出した食事に全く口をつけておらず、「宮古病院にだいぶお金をかけさせておいて、これ以上税金を使わせるわけにはいかない」などと話しているという。

 一方で、一宮容疑者は捜査関係者が動機を尋ねても、ほとんど口を閉ざしたまま。捜査関係者によると、一宮容疑者は取り調べ中に「具合が悪い」などと体調の悪さを繰り返し訴えることが多いという。

「児童に重大な損害を与える」 江戸川区立小学校に包丁と脅迫文(産経新聞)
小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕−福岡県警(時事通信)
ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)
太地町民の水銀濃度「全国平均の4倍」 「健康被害」大丈夫なのか(J-CASTニュース)
介護報酬「特養過払い」新たに佐賀・広島で(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/h6nca06l/archive/53
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。