「公務員庁」を検討、民主が参院選公約に(読売新聞)

April 24 [Sat], 2010, 3:41
 民主党は22日、夏の参院選公約に、公務員制度改革の一環として、国家公務員の定員や給与などを管理する「公務員庁(仮称)」の設置を盛り込む方針を固めた。

 公務員の労働基本権を回復した場合、労使交渉の政府側窓口とする。労使交渉によって国家公務員の人件費2割削減を目指す考えだ。

 公務員庁は、幹部職員人事を一元管理する内閣人事局とは別に設置し、幹部以外の職員の定員管理や給与制度管理を集約する。労使交渉を担当する閣僚を置くことも検討する。

 民主党は昨年の衆院選政権公約で「公務員の労働基本権を回復し、民間と同様、労使交渉によって給与を決定する仕組みを作る」としていた。

外国人参政権 35県「付与反対」 地方の危機感拡大(産経新聞)
<自民党>谷垣総裁が近く「ツイッター」開始 ぼやき先行も(毎日新聞)
全国学力テスト始まる 3割抽出方式(産経新聞)
<3カ月予報>5〜7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め(毎日新聞)
普天間大詰め、担当の外相・防衛相はGW外遊(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/h6nca06l/archive/50
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。