長沢と桑野

June 09 [Fri], 2017, 22:01
体重を減らそうと思っても毎日毎日、マラソンしたり歩いたりするのはやっぱり、どちらかというと面倒な気持ちが芽生えてきますよね。
そこで推薦したいのが室内での酸素を取り込む有酸素運動です。ラジオ体操もバカにできない有酸素運動なので、楽な服装で、大きく体を動かし体操をすると、確実にカロリーも消費されます。体重を落とすのに効果的な運動といえば、エクササイズです。ダイエットを達成させるためには、消費カロリーが摂取カロリーを上回ることが重要なので使ったカロリーが多いジョギングやエアロビクスやサイクリングのような運動がいいと思います。

くわえて、身体を引き締めて強弱のあるボディラインを作るためには筋トレも一押しです。ダイエットで人気の高い有酸素運動は、もっとも効果のある心拍数を把握することによって自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪の燃焼させられます。長時間継続して体を動かすほど痩せられるのではなく、激しすぎる運動だと、筋肉に酸素が行き届かなくなってしまい、逆効果です。体重を減らす為に朝食を抜くのは健康状態に良くないので、抜かずに食べる方が効果的です。カロリーを心配する場合は主に食べるご飯をグリーンスムージーやヨーグルトに置き換えるといいです。他にも、茹でた野菜や温かいスープも代謝が上がりますし、肌も美しくなります。バナナを朝食にしてもいいので、朝食は必ず食べて健康に痩せましょう。
有酸素運動は最低でも20分以上継続しないと効能が出にくいなとされてきましたが、今は何度かにわけても20分を超える時間を運動していれば効果があるのではないか?といわれています。また、筋トレのほとんどは呼吸をほとんど止めた状態の運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動をかわるがわる行うことで効果をよりアップさせることが、成功します。基礎代謝の一般的な平均値は20歳を過ぎたあたりから、徐々に減っていくものです。これは成長期の終了によって代謝量が一定の数値に安定したことと、運動量が少なくなったことにより筋肉量もまた徐々に低下しているためです。30代を過ぎ中年に差し掛かるといつのまにか太りやすくなっているのはこういうれっきとした理由があるのです。
前に、炭水化物を少なくするやり方で食事制限をしたことがあります。たくさん噛むことで、充分に心を満たそうとしたけれど、辛かったです。
日本の者なので、時には、ガツンと白いごはんを欲します。



ですから、最近は、夜は炭水化物の飲食を控えるけれど、朝食と昼食はごく普通に摂ることにしています。この間、私はダイエットを決意した時、自宅でもできるダイエット方法として腕立て、腹筋、スクワットをして、筋肉の量を増やしてからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少し早めのウォーキングを30分以上続けました。
これを毎日続けたおかげか、わずか二ヶ月で5キロの減量を達成しましたが、続けることは根気がいりました。

私的に女性からすると、結婚式は二度ないはずのことなので、婚約してから、私もそれなりにダイエットに励みました。その後、エステにも足を運びました。
色々お金を要したので2日しか通う事ができなかったけど、非日常的なことをして少しだけ綺麗になれた気分になりました。ダイエットに必須なのは、有酸素運動と筋肉トレーニングです。遅筋は有酸素運動で主に使われますが、筋トレで使うのは速筋が鍛えられます。


あなたも聞いたことあるかもしれませんが、遅筋は筋が肥大しにくいため、ボディビルダーみたいにマッチョのようになりにくい筋肉です。

遅筋と速筋を両方鍛えると、イメージ通りのスタイルになってゆきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯真
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる