基本通りのもので

November 24 [Sun], 2013, 16:44
ダイエットをモデル体型になるためにするという意味ではない意味がモデル(モデルという職業にも、ファッションモデル、読者モデル、ショーモデル、パーツモデルなど、色々あります)のダイエットにはあるようです。
有名モデルが実践しているダイエットを指すケースもあるでしょう。
そもそも私たちと同じ人間だといえるのがトップモデルです。
ごく当然ですが、自分もモデルがいつも行っているダイエット方法を実践すれば、同じようにダイエットをすることができると考えるでしょう。
広く知られているハイディ・クルムやナオミ・キャンベルのような世界的に知られているモデルはダイエットをどのような方法で行っているか知りたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)を成功させるために、モデル(模型のことをモデルともいいますね。プラモデルなどが一般的でしょう)の他に有名人が実践したダイエットを自分も行ってみたいという人もたくさんいます。
はっきりとした目標が立てやすいと言うメリットが、成功した人が現実にいることでダイエットした後の体型をイメージできることであるといえるでしょう。
ダイエット(一生継続できる方法で行わないと、一時的には成功したように思っても、結局は失敗するようです)の効果は個人差があるため、同じ効果を自分が手にできるとは限りません。
数多くのモデルが実践しているダイエット(女性なら誰でも一度くらいはしたことがありますよね)は、ダイエット(短期間で行うのは危険でしょう。リバウンドしてしまったら、何にもなりませんよね)の基本通りのもので特殊なものはあまりないといいます。
お酒を飲んだり間食をすることはやめ、きちんとした食事を心がけて水分をこまめに摂ることが大事なのです。
普段から有酸素運動をして、良い睡眠を摂るようにすることも大事だといえるでしょう。
結論としては、ダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)を成功させる方法にはモデルさんが行うにしても普通の人が行うにしても特別なものはないということが言えるでしょう。

やずや にんにく卵黄







薄くなってきた

November 04 [Mon], 2013, 15:06
遺伝が原因で脱毛症状が起きるものを、壮年性脱毛症といいます。
一般的にはゆっくりと数年かかって進行するとなっています。
最初のうちは壮年性脱毛症が目立たず、ある時を境に急に頭髪が減っていることに気づくという髪型もあるため気をつけましょう。
休止期、成長期(なるべく遅く訪れるほど身長が高くなるといわれています)、退行期という3つの時期が髪にはあり、常に新たな毛に生えかわっています。
壮年性脱毛症になったのであれね、成長期(思春期を迎えてから、三年から四年くらいであることが多いでしょう)が1年程度しかありません。
毛包という毛穴の下にある髪の毛を囲む組織が小さくなってしまい、毛は細くて短くなってしまうのですね。
男性ホルモンの分泌量が増えることが、壮年性脱毛症の原因です。
頭髪の抜け毛が増える反面、胸毛やひげはより太く、硬い毛が生えるようになります。
壮年性脱毛症、一般的には若ハゲなどとも呼ばれ、男性に多いのですが女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)でも起こる症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)です。
皮膚科では、円形脱毛症とよく似た治療をします。
自分で自分の別の部位の毛を頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)につけるという、自家植毛手術もあります。
使う体毛は、皮膚ごと切って採ったものです。
壮年性脱毛症の進行は初期段階でストップさせることができるため、早めの対策が大事です。
皮膚科(病院だから安心、信頼できるとは限らないので、まずは口コミをチェックしましょう)や脱毛症の専門医などに診てもらうことをおすすめします。

よほど注意しないといけないのかな

November 01 [Fri], 2013, 7:50
薬とサプリメントの両方を摂取する際は、注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)しなくてはいけません。
薬の効果とサプリメントの効果は、飲み合わせによって減衰してしまったり、大きくなりすぎる場合があります。
疲れた時や便秘(およそ800万人もの人が悩んでいるといわれています)がちな時にグレープフルーツが効果があると呼ぶのですが、グレープフルーツは酵素の薬へ及ぼす作用をとめてしまうことがあります。
そのために、薬が思った以上に効き過ぎると言うことがあります。
グレープフルーツ成分であるサプリメントや、フレッシュのグレープフルーツジュース(手作りすると美味しいですね。
手作りの味に慣れると、人工のものは飲めなくなるともいわれます)などでも同様の作用がありますね。
ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)Kの含有量が多い野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)には、主としてブロッコリーやほうれん草が挙げられます。
血が止まりにくくなる効果がビタミンKにはあるのです。
ビタミンKを多く含んだクロレラ(主に着色を目的として蕎麦に練りこんだりすることもあるのだとか)やケール(ヨーロッパでは料理に使われることもありますが、日本では青汁以外の食用はあまりされていませんね)を使用した青汁(手軽に葉緑素、カルシウム、食物繊維、ベータカロチン、ビタミンAやCなどの栄養素が摂取できることから人気を集めています)や納豆をかず多く摂取していると、血液凝固効果があるワルファリンなどの薬とぶつかり合い、薬の効果が弱まることもあります。
病院で疾患(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)の治療の為にと薬を出された時、使っているサプリメントを中断するか継続するかは担当医に話を聞いてみる必要がありますよね。
病院でサプリメントについての話を気かなかったという場合、薬を使っている間はサプリメントは休むという考え方もあります。
薬とサプリメントの関係は合う合わないによりますから、何の影響もない場合もあれば、体に悪影響が出るケースもあるらしいです。
薬とサプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)の相互作用というものは、思わぬ副作用が起こることもあるので気をつけてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:h565z5b
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h565z5b/index1_0.rdf