中世のパン屋と農村のパン

May 04 [Sun], 2014, 14:21
ヨーロッパ中世のパン屋は自ら粉を練りパンを焼き上げるまでを一貫して行っていました。市民が練った粉を持ち込んで、手間賃をもらってパンを焼くものとの間には明確な格差がありました。農村においては領主の設置したパン焼き窯を領民は利用せねばならないという使用強制権が設定されていたが、のちには農村でもパン屋によってパンが焼かれるようになっていったそうです。
ふすまパン通販
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:h560cpa6
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h560cpa6/index1_0.rdf