腰の痛みで考えられる原因とは?

June 28 [Tue], 2016, 13:40
腰痛と言うと、なんだか年寄り臭いイメージがあるものですが、実は若い人にも腰痛が増加しているのを知っているでしょうか?腰痛とひとくちにいっても、その原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)や種類(コレクターは全て揃えたくなってしまうものです)は全然違いるはずです。例えば、原因としてはことも少なくないのは、筋肉痛(冷やす、温める、ストレッチなどが改善策として有効ですが、劇的に改善できるわけではありません)です。運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)に限った事ではなく、仕事や家事などで起きる可能性があります。次に、こりがあるのでしょうか。肩こりみたいに、血行が滞ってこってしまった状態でも腰に痛みを感じます。これは、長時間腰を曲げたような変な姿勢を続けている場合起きます。また、老化に伴って増えてくるのが、関節の軟骨(スポーツなどで過度に負担をかけると、擦り減って衝撃を吸収しきれなくなり、痛みを感じるようになります)がすり減って起こる腰痛です。おそらく腰痛が年寄り臭いと言ったイメージは、この腰痛から来ているのでしょう。しかし、腰痛の原因としてそればかりではありません。よく言われているぎっくり腰は、いきなり腰に力を入れた時に突然起きることが知られているのです。これらは全て、腰自体に問題があって起きた腰痛とは言っても、場合によると内臓疾患(時には、その症状として肩こりや?痛、湿疹などが起こることもあるでしょう)が腰痛として現れると言うこともあります言う事もあります。例えば、すい臓がんなどといった場合、殆ど自覚症状がないと言われているんですが、末期になってくると腰痛として自覚症状が出ることもあるらしいです。以上のように、腰痛といって腰の筋肉や骨に問題が発生して起きる腰痛と、内臓疾患(はっきりとした病名を他人に教えたくない場合に使うこともあるようです)が原因で起きる腰痛があり、いずれかと言えば後者の方が恐ろしいと言えます。特に腰痛の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)に心当たりがないのに、なんだか腰に鈍い痛みを感じるようになったら、ぜひ健康診断(勤め先などで年に一度実施することも多いですね)を受けて下さい
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:光希
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h4uo9t79hacfgt/index1_0.rdf