アッコだけどリコ

May 16 [Mon], 2016, 3:14
介護福祉士は、患者と接しなければいけないので、髪形にも気を配っておきましょう。

介護福祉士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、清潔感を第一にすることが良いと思います。

また、病院によっては、介護福祉士の髪形に対するルールが違うことを理解しておきましょう。

給料についてですが、介護福祉士の場合はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。

個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。

退職する時に出る手当である、退職金については、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、介護福祉士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。

個人病院はどうなっているかというと、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。

公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。

他はそうとも言えない、ということになるでしょう。

介護福祉士の収入については、労働者全般と比べると、年間を通した平均収入の額ですとなんなく介護福祉士が上回りました。

慢性的に人手が不足している医療分野では需要はいつでもある訳ですから、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという大きなメリットがあるといえます。

ただ、良い面ばかりではありません。

高給取りなのは間違いありませんが、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、介護福祉士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。

一般的に、介護福祉士の休みは、職場によって異なっていますから、一概には言えません。

特に、3交代の勤務体系で行われていると、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日や出勤日が変則的なことも普通です。

別の見方をすれば、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。

働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。

よく聞くのは不規則な勤務形態ではないでしょうか。

カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという辛さがあるようです。

または、労働環境が過酷で簡単に休みが取れないという問題もあります。

規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、転職を考えるのが良いでしょう。

転職の際には、介護福祉士の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、気を付けなければならないことがあります。

何だと思いますか?それは、その履歴書で最も重要な志望動機をいかに書くかです。

志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、技術や知識を学べるといった理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、前向きな印象を受ける内容が適すると思います。

意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる介護福祉士は、割合に数が多いです。

たいていの医療機関では、介護福祉士の需要が大変高く、ですから、求人だってもちろん多いです。

せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。

今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。

景気に関係なく求人が途切れることのない介護福祉士は、転職が大変やりやすいといわれています。

転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、多くの場合は面接という形になるでしょう。

これまでの経験や職務について、志望動機など質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。

しかし、実務的なことの他に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く観察されることになるはずです。

実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所もみてもらうことができれば、上出来です。

正社員として働く介護福祉士もいれば、パート勤務を選ぶ介護福祉士もいます。

正社員の場合は月給制で、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。

その時給ですがこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが大体の相場らしいです。

パートの仕事の割には結構良いように思えますが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、あまり良い時給ではないのかもしれません。

学校は看護学校を卒業しました。

そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。

辞める時には、このまま介護福祉士を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。

けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり介護福祉士は続けたい、というもので、転職することを決めたのでした。

それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。

そういうサイトを見たり、本を探したりしながら四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。

けれども、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にも自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだとわかったのです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タクミ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h4tamaep4l9xe4/index1_0.rdf