ぎっくり腰の時の処置 

September 10 [Sat], 2016, 19:58
ぎっくり腰の応急処置のポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)は、大別すると三つです。

・体が冷え(夏でも冬でも極力体を冷やさないように心掛けることで、免疫力が上がり、健康な体を維持できるでしょう)ない安全な場所に移動する。
・とにかく安静にする。
・患部を冷やす。

これらの3つです。

ぎっくり腰になったら、とにかく安静にしなくてはならないため、1点目の安全な場所、安静に可能なところに移動します。

自宅にてぎっくり腰になった場合なら、すぐに安静に出来ますけど、外で、また道を徒歩でいる時等にぎっくり腰になった場合は、周りの方に手伝ってもらったりして、道の端などに移動して下さい。

そして、タクシーや知人に頼んで迎えに来てもらい、自宅、または病院に行ってます。

どれだけ痛くても、救急車を呼ぶことは避けましょう。

次の2点目かといって、ぎっくり腰になると、腰に負担をかけてはいけないので、横になり安静にします。

もし、横になれない場所であれば、壁にもたれるなどすることで、腰に負担を掛けないようにしてください。

3点目かと言って、ぎっくり腰は、患部に炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)がみられる事がありますので、冷やして炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を抑えます。

ぎっくり腰は、どうにかしてすぐに良くなるものではないものです。

ですから、とにかく安静にするのが一番でしょう。

病気のせいで腰が痛いこともあるの? 

September 06 [Tue], 2016, 12:24
単なる疲労ではなくて、病気のせいで腰が痛いと言ったケースもあるのです。

腰に痛みを感じる病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)は、以下の通りになります。

・腰椎椎間板ヘルニア(遺伝的な要素も原因の一つとして考えられているそうです)
・腰部脊柱管狭窄症(神経根が圧迫されるタイプ、馬尾が圧迫されるタイプ、混合タイプがあります)
・変形性脊椎症
・子宮頸がん
・尿管結石

腰痛をはじめ、下半身にしびれや痛みを感じるのであれね、腰椎椎間板ヘルニア(遺伝的な要素も原因の一つとして考えられているそうです)の可能性もあるかもしれません。

歩行すると痛みが出たり、下半身にしびれや痛みといった症状も感じる場合、腰部脊柱管狭窄症(早期に治療することにより、手術を回避できることが多いものです)んですよ。

腰痛の他に臀部にも痛みを感じるのだったら、変形性脊椎症の疑いがあることでしょう。

腰が痛んだり、血尿が出たり、おりものが増加した場合には、子宮頸がんの検査を受けるようにして下さい。

腰や下お腹に痛みを感じたり、血尿が出る場合、尿管結石になってしまっているケースもあるかもしれませんね。

こ以外にも、腰椎分離・すべり症や骨粗鬆症(特に閉経後にはなりやすいと考えられています)、更年期障害、子宮筋腫、お腹大動脈瘤(破裂しなけれね生活に支障はありませんが、破裂すると死に至ることもあります)なんかも、腰に痛みを感じることが頻発する病気です。

病気(先天的なものも少なくないでしょう)から腰の痛みがきているのを知らずに放置してしまったりすると、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が悪化してしまい、生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)に支障をきたしたり、命を落とす危険もあるみたいです。
整体 腰痛 効果

腰が痛い時って病院の何科に行けばいいの? 

September 03 [Sat], 2016, 22:58
腰に痛みを感じる場合は、何科に行けば良いのでしょう?

まず、真っ先に行くべきなのは整形外科です。

整形外科を受診して、腰痛の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)を探るためにレントゲン(体内の状態を調べるための検査だけでなく、撮影した写真を指すこともあります)や核磁気共鳴画像法検査などを行うのです。

もし、検査の結果、整形外科では治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)できないと判断された場合は、神経内科など他の科を紹介してもらえます。

そのため、自分の判断で他の科に行かずに、取りあえず整形外科に行くようにしてください。

中には、腰が痛くなると整骨院に行く人もいるかもしれませんが、それはあまりおすすめ出来ません。

何故なら、整骨院ではレントゲン(ドイツの物理学者ヴィルヘルム・レントゲンが発見し、第一回のノーベル物理学賞を受賞したそうです)やMagnetic Resonance Imaging systemなどを使った詳しい検査を行う事が出来ないからです。

仮に、深刻な病気が原因で腰に痛みを感じてあったとしても、それをみのがしてしまい、取り返しがつかない事態に発展する事があります。

場合によると生命にかかわるような病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)が関わっている事もあるでしょうから、整骨院は原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)が分かってから行くなさってくださいね。

また、女性の場合、月経と腰痛が関係していることがありますから、毎月一定の周期で腰痛が起こるなら、産婦人科(プライバシーに配慮して、名前ではなく番号で呼び出す病院もあります。その病院によって全く対応が畭なりますから、嫌な思いをしたらすぐに転院しましょう)に行くのもいいのではないでしょうか・

腰が痛い原因って? 

August 31 [Wed], 2016, 0:07
腰が痛い要因としては、以下の通りでしょう。

・筋肉疲労および筋力(適度についていると、かっこいいプロポーションが保てます。最近では、電気刺激でつけられるなんていうダイエット器具もよく売られていますよね)の低下
・骨格の歪み
・血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)
・ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)

筋肉疲労(早く回復するためには、ゆったりとした軽度の有酸素運動を行ったり、アイシングをしたり、タンパク質、アミノ酸、ビタミンB1やビタミンCなどの摂取が良いでしょう)や筋力(あまりないのであれね、下半身、つまり、足から鍛えていくといいそうですよ)の低下が原因で、腰痛を引き起している事も少なくないでしょう。

デスクワーク(その名の通り、机の上で行う仕事全般のことをいいます)をしてる方やスポーツをしている方、運動不足の人、体の柔軟性が無い人などは、腰痛になり易いです。

それに、骨格がゆがみが原因で腰痛を引き起こしてしまう事もありますから、姿勢には充分に注意が必要です。

例えば、猫背(肩口猫背、真ん中猫背、?猫背に分けることができるでしょう)の人や歯並びがよくない人、脚を組むくせのある方などは、腰痛になる可能性が高いでしょう。

また、血液の流れが悪かったら筋肉がこりか蓄積されしまい、腰痛を引き起こします。

そのままの状態に行うと、ますます症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が悪化しますので、早いうちに対処しないといけません。

運動不足だった方やいつも同じ姿勢で長時間作業をしている人は、血行不良(自律神経の乱れや運動不足など、様々な要因が考えられます)になり易いのですね。

そして、一見関係がないように感じますが、(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)も腰痛を起こす原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)だといわれているため、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)の軽減を意識(高く持たないと成長できないといわれています)した生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を送るなさってくださいね。

腰が痛い原因としては主にこういったとなるのですが、これ以外にも、病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)や月経が原因となり腰痛が起こる事もあります・

腰が痛いのを改善できるツボはある? 

August 28 [Sun], 2016, 11:50
腰が痛いと言う場合、ツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)を刺激すると症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が和らぐ場合もあるかもしれませんね。

腰が痛い時に効果の高いツボは、以下の通りになります。

・腰腿点(ようたいてん)
・帯脈(たいみゃく)
・志室(ししつ)
・殷門(いんもん)

腰腿点は手の甲に存在しているツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)で、ここを軽く刺激する事で腰の痛みを緩和可能になったのです。

左右の手の小指と薬指の分かれ目の中央にそれぞれあるんですね。

帯脈は左右の腰のラインにあるツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)で、あまり力を入れずに優しく押すのがポイントですよね。

腰痛は当然として、月経痛(体を温めるようにするといいといわれていますね)や月経不順にも効果があるのです。

志室は腰の中央にあるツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)で、腰痛を始め、胃腸炎や全身疲労の改善にも有効なんです。

刺激行うケースは、体の内側に向かって押すようにしてください。

大腿部の後ろの中央に存在している殷門は、左右を同時に刺激にして下さいね。

そうすると、腰の痛みや痺れを和らげることも可能になります。

これらのツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)は腰の痛みに有効でしょうが、刺激する部分に熱や炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)がある場合には押すのは止めて下さい。

それに、あまりにも強く刺激するのも良くありませんので、ほどほどの力にしておくことも大切なんですね・