八木橋とデイビス

May 02 [Tue], 2017, 13:30
興信所に持ち込まれる案件の多くは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。

それをベースに探偵の調査手法を解説します。



調査方法の基本としては、依頼人から提供された対象情報を参考に調査対象の追尾を行います。

何日も調査しても経費がかさむだけですから、ここぞという日時に限定して追跡し、浮気の裏付けをとります。
一番明らかな証拠は写真ですね。浮気の形跡がSNSを介してばれてしまうこともあります。

SNSだと誰の投稿か一見わからないのでパートナーも注意が足りずに、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。

中には、浮気をカミングアウトする様な証拠をネットに書き綴っている人もいるのです。
ユーザー名を知っていたらチェックしてみて下さい。探偵に浮気調査を依頼する場合、どんな目的でどのような調査をしてほしいか明確にしておくのが大事です。たとえば、不倫関係を解消させたいのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などを区別して、伝えておく必要があります。



どこに主眼を置くかにより探偵の調査内容に違いが出てくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。探偵を依頼することで浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。相手がおかしいと思った時、最初は自分でなんとかしようとすると思います。しかしながら浮気の証拠を自力で収集しようと思っても、相手に感づかれてしまう可能性が高いです。その原因はズバリ、相手があなたの顔を知っているからです。一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。

当然ですが、調査員が1人なら安く、多ければ多いほど高くなります。
また、尾行のために車やバイクを使うと、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認するべきでしょう。

探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子にもう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。

休日に家族と過ごす時間が減ったり、ふとしたLINEやメールの着信によりまたあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。その前の浮気に対する処罰が厳しさに欠けたことも要因なので、次はないということを実感させるような厳しい措置が必要なのではないでしょうか。「浮気癖」という言葉があるように、浮気は繰り返すといったケースもままあります。


不倫現場を見つけられて、一応反省はするものの、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っている可能性だってないわけではありません。胡散臭いと思うようなところがあれば、調査を探偵社に依頼して、ガッチリ浮気の証拠固めをして、責任をとらせるべきではないでしょうか。


配偶者が不倫していたことが原因で家族会議でも離婚話が進展せず、家裁での調停に持ち込まれることもしばしばあります。家庭問題に慣れた複数の調停委員が同席して離婚のための意見調整を行うため、当事者のみではもつれがちなことでも、比較的円満に話し合いが進められる点で体力的にも精神的にも助かります。
前の日はよく眠り、気楽に行くことです。



調査料金を探偵に支払うときは現金でないといけないというわけではなく、たとえば全国展開している大手などではクレジットカードでの決済に対応しています。



明細書に記載される表示に配慮しているところも多く、履歴から調査会社を使ったことが配偶者にばれるおそれがないのが嬉しいですね。
カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、それだけ信頼性も高いということです。
私は大手探偵社の調査員をしていますが、最も依頼が多いのが不倫調査です。
しっかりした裏付けを得るには相応の経験とカンが不可欠です。想定外のことがたくさん起きますし、それを速やかに対処する判断力も大事です。対象となる人物に調査案件が知れてしまえば依頼人を推定しやすいということからも、細やかな注意を怠らないことが大事です。



信頼と安全の確保に手抜きはありえないのです。


大手以外にも多くの探偵業者がありますから、選ぶなら、その中で評価の高いところを選ぶべきです。



ウェブを利用することで、各探偵業者の利用者のクチコミが出てくるはずです。



土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で評価の高い業者を見つけ、話をすれば、調査を任せても安心でしょうし、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。

探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。調査会社への代金の精算の仕方ですが、古手の中堅以上のところでしたらローンを利用した分割払いやクレジットカードに対応しているところもあります。早く浮気の証拠が欲しいけれども一括で払うのは難しいというときは、分割払い可の業者を中心にリストアップしていくのも良いかもしれません。

探偵社の数は多いですが、どれでも良いわけではありません。



事前に評判をチェックすることが大事です。

悪質なところだと、請求される料金の明細が不明確だったり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。
少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、法外な代金をとられることはありません。不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。

探偵が何もミスをしなくても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気調査が困難になり、証拠が揃わないこともあります。たとえ探偵が浮気調査をしても、100%成功することはあり得ないのです。失敗した場合の代金についても、契約を交わす際に決めておくことが大事だと言えます。一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、対象と近すぎる間柄の人が行うと、追跡が発覚しやすいばかりか、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう危険性もはらんでいます。探偵業者でしたら、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く目的を完遂することができるというものです。

調査がバレてしまっては元も子もないのですから。

探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。
でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えることもないと思います。離婚云々はさておき、肝心の証拠を押さえておけばメリットはあるはずです。もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、白黒つけたいと思うなら、探偵に相談するのがいいでしょう。興信所と探偵。

何か違いがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではその違いは名前だけだと言えます。

双方とも探偵の業務を行うという点では変わりないです。


浮気の追跡調査などを依頼する際は、同じと考えて問題はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。
ただ、ある程度、得意不得意なども調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、口コミを調べたり営業所に訊いてみるといいでしょう。
興信所や探偵社で行う浮気調査は、出来高制を採用している場合もあります。
こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んでラッキーと思うでしょうが、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、契約できないときもあるらしいです。

当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときにかなりの代金を請求されることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。


ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、作業には支払いが必要です。



同じ調査でも調査員の業務内容により、見積り額も変わってくるでしょう。追跡して行動を窺うような調査だと、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで料金に差異が出てきますので、調査を行う時間が長ければ、お金がかかると思ったほうが良いでしょう。



成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所にお願いすれば得をするかと言えばそうとも言えないケースもままあります。条件が成功報酬であれば不成功な結果となった場合、料金支払いが不要となるので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。


したがって、成功報酬の探偵事務所に特定して、選んでいる人さえいるのす。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダイキ
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる