胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するため

November 15 [Tue], 2016, 5:42
胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段のご飯だけでは不十分になりがちです。


ですから葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取がいいはずです。


サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意して下さい。


葉酸を効率よくはたらかせるためにも、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにして下さい。

ご飯で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。



反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。


ですから避けた方が無難です。



妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。その理由は、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。



当たり前ですが、妊娠を願望する妊活中の方にも言えるでしょう。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。


そのため、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中には十分に葉酸を摂るように注意して下さい。妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。亜鉛が卵巣に働きかけ、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。妊娠を願望している女性だけでなく、妊活中の男性にも効果があります。それは、亜鉛の摂取によって健康的な精子の増加をサポートしてくれるというりゆうです。
亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。
ぜひご夫婦で亜鉛摂取を初めてみるのが良いと思います。
一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜系の葉菜が多いようです。

病院の検査で妊娠が分かってから、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。

葉酸の摂取で、胎児の先天異常を発症させにくくする沿うです。ですが、いろんな問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをおススメします。葉酸を多く含む食べ物ですが、果物に限った話では、イチゴ、ライチに多いことが紹介されています。
その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースを飲むのもおススメです。

葉酸の摂取期間についてお話しします。

皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において重要であると厚生労働省が発表しています。
ところで、妊娠後期の妊婦には葉酸が無くても良いのでしょうか。

妊娠後期は初期にくらべて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そのような事はありません。


赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを下げてくれるという意味では、妊娠3ヶ月までの期間が注意が必要な期間ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨しているりゆうであって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、くどく言うと怒られ沿うな気がしたので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。

月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、即、妊娠できるというわけでもなく、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私はラッキーだったのか、それからしばらくしたら、下の子を授かりました。

いまの不妊状態から脱出するのに、食生活を見なおしてみるのは大切でしょう。卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、食生活が良くないのを放置していると、妊娠しやすい元気な卵子、精子は、期待しにくいでしょう。



妊娠しやすさのためには夫妻そろって偏らない、健全な食生活を大切にしていくといいでしょう。
妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。

ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われているのです。ヨガをおこなう事で崩れた自律神経のバランスを治しますのでホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。
妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。
自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。これは、こころとからだのバランスを整えると言われているのですので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。
不妊の一因は冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)性だともいわれています。



体温低下で血行不順になると摂取した栄養がうまく活用できなくなって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することが知られています。こういった症状の改善には古くからお灸が使われてきました。
お灸は緊張をほぐして血行を良くして自然な代謝を促進し、ツボ刺激による癒し効果もあります。

ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sousuke
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h3ttb8creneana/index1_0.rdf