三つ子の魂百まで。

January 27 [Fri], 2012, 13:01
子ども部屋に掃除機をかけようと男の子たちの部屋サイドビジネス繋がってるに入ったら4才の末っ子の部屋がおもちゃだらけはぁ足の踏み場もないっていうのはこの事だ私が片付けたら、ものの5分もあれば綺麗になりますよ。
でも夫の部屋も、子ども部屋も自主性に任せることにしているので日々汚い部屋を横目に、すんごーい我慢してるんです笑。
なんとなくお部屋は綺麗なのと、自分で気付くのを待ちます。
そして1週間経っても動かないと、ブチ切れる私がやってあげるのは簡単なことデス。
でもそうしていたら、いつまでたっても自分でできない。
やってくれる人がいれば、人はやらないもんですから。
夫と子どもたち三人に、言い続ける毎日。
このパジャマはどうしてここにあるのかなタンスが開けっぱなしだけどまだ用があるのお菓子のゴミは、足が生えてて自分でゴミ箱まで歩くのかしら嫌味にも拍車がかかるってもんよ私の声帯は休む暇がないあ、ホント自分がやってしまった方が百倍早いんですケドねぇ。
まったく、じれったいでもずっと私が家族の後始末をし続けるなんて絶対に、嫌なの。
子どもに手がかからなくなったら、私には私のやりたいことがあるのよ将来楽をするために、片付けと言う物を徹底的にたたき込む笑今日も懲りずにブツブツ言ってます。
さっき見たら、末っ子の部屋が綺麗になってたまだまだ、とりあえず下に物がなくなった程度の片づけ方ですがヤツはまだ4才だから褒めといてやろう笑言いすぎると、動かないって言わなくても、動きませんからっ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:h3lhoia3de
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h3lhoia3de/index1_0.rdf