「借金は時効になれば返さなくていいの?」、「時効援用手続きの注意点は?」など、時効援用についての様々な疑問を解決します。

未払いの携帯料金が払えない…

スマホにすると、月々の料金が上がります。
欲しくて契約したけど、高くて払えなくなったら…解約すれば違約金がかかってますます払えなくなるし、未払いのままで強制解約された人は意外といます。

自分名義じゃなくても、親や友人の名義で契約すれば新しい携帯は手に入るので、そのままにしている人もいます。

何年か経って、携帯の未払いにも時効があることを知り、時効だから新しく契約できるだろうと勘違いする人もいます。

携帯の時効期間は5年ですが、5年過ぎても時効の援用をしなければ時効にはなりません。
何もせずに携帯ショップに行けば、過去の未払いを請求されるだけです。
時効の5年間の間、債権者である携帯電話会社が裁判所に支払いの申し立てをしていれば、差し押さえなどの判決が出て、時効は中断します。

5年間、放置しておけば勝手に時効になるような甘いものではありません。

時効については無料相談ができます。あなたが時効の条件をクリアしているかどうかは専門家に相談してみてください。

失敗しない消滅時効の援用のためには、時効について正しく知ることです。

アヴァンス行政書士法人 公式サイトを見る


相談無料!時効のチェックも無料でお願い出来ます。



一番いいのは、払うことですが
5年間、督促も無視して、裁判所からなにも届かなかったのなら、時効の援用で支払いをなくすことができます。

ただし、時効で支払いがなくなったからといって、未払いのまま踏み倒した事実が消えるわけではありません。
自分名義の携帯が持てるかどうかはキャリアによるようです。



消滅時効援用のことならエストリーガルオフィス


くる天 人気ブログランキング
@With 人気Webランキング

一括ランキング投票

月別アーカイブ