<元厚生次官宅襲撃>小泉被告に死刑求刑 さいたま地裁公判(毎日新聞)

January 16 [Sat], 2010, 21:18
 元厚生事務次官宅連続襲撃事件で、2人を殺害し、1人に重傷を負わせたとして殺人罪などに問われた、さいたま市北区、無職、小泉毅被告(47)の論告求刑公判が13日、さいたま地裁(伝田喜久裁判長)であった。

 検察側は「達成感を得て、自己の正当性を訴え、人生に幕を下ろそうとした無差別殺人。前代未聞の凶悪事件で、およそ人間の所業と思えず、命をもって償わせる以外にない」として死刑を求刑した。2月10日の最終弁論を経て、判決は3月30日に言い渡される予定。

 これまでの公判で、小泉被告は動機を「子供のころに愛犬を保健所に殺されたあだ討ち。動物の命を粗末にすれば自分に返ってくることを思い知らせようとした」と説明。起訴内容を大筋で認めたうえで「私が殺したのは人間ではなく、心の中の邪悪なマモノ」と主張し、「死刑になると思うが、無罪判決以外は上訴する」などと述べた。

【関連ニュース】
元次官襲撃:小泉被告の再度の精神鑑定却下 さいたま地裁
元次官襲撃:小泉被告「会社社長の殺害中止は犬で」
元次官襲撃:「自分をほめたい」小泉被告 さいたま地裁
元厚生次官宅襲撃:殺害元次官夫妻の長男も「極刑に」
元厚生次官宅襲撃:重傷の妻、公判で証言「一番重い刑で」

【揺らぐ沖縄】名護市長選告示まで1週間 容認でも反対でも普天間に「壁」(産経新聞)
<桜井茶臼山古墳>発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)
<臓器提供>親族への優先、厚労省が運用指針改正(毎日新聞)
<岩津天満宮>受験シーズンを迎え、にぎわう 愛知・岡崎(毎日新聞)
なぜ?外国人参政権法案で歯切れ悪い自民 反対は多数だが…(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/h3glcoat/archive/16
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。