ストリアータツヤクワガタとソニック

December 01 [Thu], 2016, 1:32
ベビ待ち中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも栄養の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に栄養が不足してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の栄養以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした栄養摂取を行うと良いでしょう。ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。
生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。また、周囲の期待感や気遣い、時間的制約による焦りが不妊治療に通ううちに高じてくるというケースもしばしば見られ、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。穏やかな気持ちで治療を続けることはベビちゃんを授かるためには良いことだと思います。



妊娠しづらいように感じ始めたら、基礎体温計測から始めてみましょう。



基礎体温表をつけていくとその変化で、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。

基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。
毎日、起床時に体温を測るというルールもあるので、きちんと守っていくことが大事です。

一日忘れても根気よく続けていきましょう。栄養は食品の中に含まれる栄養素ですから、お母さんの方の中でも自然な食べ物を通して摂取しようと栄養が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も多いと思います。ところが、栄養は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。そのため調理の際の加熱によって栄養が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の栄養の摂取量を、食材から計算したとしても、十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。いまは待望のベビちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。
ベビちゃんが欲しいと思い始めてから2年。
基礎体温はつけていたんですけど、一向に妊娠の兆候が見られなくて、義妹や姉のところに子供ができると、焦ったり悲しかったりでした。
クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、早々に妊娠が発覚しました。

悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:咲希
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる