アルビノナンキンがなき子

July 01 [Fri], 2016, 17:20
医者の業務を看護師が行うようになって、仕事内容が多様化しています。相次ぐ患者の急激な体調の変化への対応に追われながら、注射や点滴、カルテの整理や記録なども行い、休みにくく、帰宅できない日も増加しつつあるようです。
結婚、出産をした看護師にとっては、家事や育児にプラス仕事は、つらいものがあります。



より一層、離職者が増加してしまい、看護師不足は解決できません。看護師が病院や医療施設などで勤務する時、配属先がとても重要な要素です。同じ病院の中で勤務する場合でも配属される科によって、仕事内容がかなり違ってきます。もし、自分のやりたいことができる配属先なら困難に直面することはありませんが、不得意と考えている配属先だと配属先の仕事をこなせないケースもあり得ます。看護師からしてみればお仕事、育児の両方をしっかりとこなすのは容易ではない問題といえるでしょう。
病院で仕事をしたいと感じていても、育児と同時に、看護師の仕事を果たすのは、様々な困難が出てきてしまいます。看護師と育児をどちらもこなすのは個人が抱える問題よいうより医療全ての問題として試していく必要がある思います。看護士の志望理由は、実際何を契機として看護師になりたいと思うようになったのかを交えると良い感触を得られます。



職業を変える際の志望動機は、これまでの経験で得た技術を活かしたい、より一層人の役に立つスキルを取得したいなど、前向きな印象を持たれるようにしてください。
今まで勤めていた職場の中傷は声に出さないようにすることが大切です。

他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしていると悪いイメージにつながるかというと、そうであるとは言い切れません。

自己アピールを上手に行えば、経験が多くあり、意欲的であるというイメージを与えられるかもしれません。ですが、働いている期間がほんのちょっとの場合には、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまう場合も少なくないでしょう。



看護師が転職するにあたっての志望動機には色々なものがあります。
一例を挙げれば、最先端の医療、高度な医療技術の習得、経験豊富になるために、特殊技術を持つ病院に転職したいなどの事例もあるでしょう。

それに、結婚、出産などによるライフスタイルの変化に適応できるように転職を選択するケースも多くあります。


看護師の年収は高額だと思われている方もいると思います。


だけど、夜間業務がないとあまりお金を得ることができず、もらえる月給が不十分ということがあります。

ですから、独身の間は夜の勤務がある病院で働いて稼ぎまくって、嫁いだ後は、夜勤のない病院に再び勤める方も多いです。

近頃は労働者不足や高齢化によって病院に来る人が増加した影響で、昔と比較して、看護師1人当たりの負担が重くなっています。
負担緩和するため、人が足りない病院に多少の余裕がある別の病院の看護師を派遣し、忙しさによる負担を軽くしたり、素早い患者への対応を念頭に置いているのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佑真
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h2vyoiet7srnve/index1_0.rdf