デートの教科書 〜初デートからつきあうまでのすべての流れ〜の効果とホットセクシーズ 

September 29 [Sun], 2013, 7:44

こんにちは(^^)


今日もデートの教科書 〜初デートからつきあうまでのすべての流れ〜レビュー特集中です(^^)
デートの教科書 〜初デートからつきあうまでのすべての流れ〜は全く効果無し?という噂を聴き、半信半疑でしたが…
↓↓

デートの教科書 〜初デートからつきあうまでのすべての流れ〜検証レビューはこちら
この教材は本物です!


株式会社リフェイス 吉川博也さんが世に放つ情報教材デートの教科書 〜初デートからつきあうまでのすべての流れ〜を
オリジナル特典付きでお届けしています。


※ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)


詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

デートの教科書 〜初デートからつきあうまでのすべての流れ〜検証レビューはこちら


て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


定例どおり今日のブレックファーストは美味しいおコメと、カマスとお味噌汁


最高のメニューです。



10分で食べ終わり、9時46分に自宅マンションをしゅっぱつです。



最近出来たローソンに入店して、冷たいコーヒーをポイントでゲット(^^ゞ



これで体調が解るんですよ(笑)。



店舗に着いたら、日々の日課のパソコンでニュースチェック

きょうの話題はこれで持ちきり?

↓↓

 橋下徹大阪市長(44)が共同代表を務める日本維新の会傘下団体「大阪維新の会」新人の西林克敏氏(43)が立候補している堺市長選(29日投開票)で、選挙戦ラストの28日、現職・竹山修身氏(63)=民主推薦、自民支持=の街頭演説の応援に、自民党の野田聖子総務会長(53)が駆け付けた。野田氏は支持から推薦への事実上の格上げを突如宣言。一方、西林氏にはこの日“援軍”はなく、橋下氏頼みの選挙戦を展開した。自民の相乗り宣言で、橋下氏は正念場の投開票日を迎える。

 堺市も含めた「大阪都構想」の実現を目指す橋下氏が送り出した西林氏と、猛反対する竹山氏との一騎打ち。選挙戦ラストのこの日、市内でマイクを握った自民の野田氏が「支持という言葉が嫌いであれば、事実上の推薦に格上げしたと思ってもらって構いません」と、竹山氏への投票を呼び掛けた。

 橋下氏が耳を疑うかもしれない“格上げ宣言”だ。もともと竹山氏は自民に「推薦」を求めていたが、憲法改正などで維新との連携を模索する安倍晋三首相(59)が、橋下氏に配慮し、支援レベルを「支持」に落とした経緯がある。それが突然の格上げ。野田氏は理由を、自民の対応が支持にとどまり「(有権者が)疑心暗鬼になったかもしれない」から、と説明。自民支持層を固める狙いがありそうだ。

 報道各社の情勢調査でも「竹山氏リード」が伝えられており、いよいよ正念場の橋下氏。この日は人口84万人の堺市を東京都世田谷区(同約89万人)にたとえ、「大阪市も東京でいえば3つの区くらい。それ程度の2つの市がバラバラのままでは、ますます東京の一人勝ちになる」と、丁寧に大阪都の必要性を訴えた。

 とはいえ、日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事(49)と、市内をくまなく西林氏応援に回ったものの、著名人の応援演説はゼロ。一方、府レベルで維新と協力関係にある公明党が自主投票で、共産、社民両党は竹山氏を自主的に支援するなど、現職は事実上の与野党相乗り。この日、竹山氏には、日本サッカー協会の川淵三郎キャプテン(76)が22日に続き、応援に駆けつけたほか、堺市出身でプロボクシング元世界2階級王者の井岡弘樹さん(44)もマイクを握った。顔ぶれはあまりに対照的な両陣営だった。

 「『堺がなくなる。堺の地名がなくなる』という(竹山氏の)ウソ八百の言葉で市民の不安をあおることを相手は的確にやった。正直、やられました」と橋下氏。それでも「僕は大阪市も堺市も好き。何とか逆転させてください」と“堺ラブ”を訴えた。西林氏が敗北すれば、橋下氏の国政への影響力低下は避けられない。29日の投開票の結果が注目される。
(この記事はスポーツ報知から引用させて頂きました)



さすがですね〜

大して・・・って感じですね。



それはそうと本日のネタは

予定表を確認するとPPCアフィリエイトに12時間と、ブログテンプレの張替えに1時間。



かなりハードだけど余裕でしょう^^



稼がねば、母ちゃんに叱られる・・・



稼ぐとなれば、こんなのあります。

↓↓

ホットセクシーズ





あれ?全然関わって無い?

またやっちゃった?



さてディナーは何しよ?

からあげか手巻き寿司が久ぶりに食べたいなあ。



これも良いか?

↓↓





多分今度の記事更新は今日の夜でしょう。

お待ちしております。

2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事