2016年09月13日のつぶやき

September 14 [Wed], 2016, 0:00
  • #虎8 そもそも、ブラック企業は労基法無視の中小零細企業を指す言葉。 それがいつの間にか大手企業(主に連合系の労働組合の企業)に対して共産党が使い出している。これでも民死ん党は共産党と組むのか? 完全な野合ですね。 Posted at 09:46 AM
  • http://twitter.com/h2goam

2016年07月18日のつぶやき

July 19 [Tue], 2016, 0:00

ひろめ市場

March 13 [Sun], 2016, 20:06
ひろめ市場

高知で飲み行く際
何処に行こう?と
迷ったら迷わずココ!!
フードコートスタイルと言うか
ホーカーズスタイルと言うか
とにかくたくさんの飲食店が集まって
何を頼もうかまるってしまいます。
(迷ったり、迷わなかっったり、
そして最後にやっぱり迷うんかい!!)

とさでん

March 12 [Sat], 2016, 13:04




とさでん交通 - 電車

とさでん 路面電車、関西ならチン電です。
ここでも故やなせ先生のアンパンマンが、
調べてみると生まれは東京ながら
育ちは高知や後免町と縁があるんですね。
納得です。
WiKi

高知駅 坂本龍馬先生像

March 12 [Sat], 2016, 12:26

高知の坂本龍馬の像といえば桂浜の
坂本龍馬銅像

が有名ですよね。
しかし、高知駅前の
高知県情報発信館とさてらす

のすぐ近くに坂本龍馬先生を中心に
右に武市半平太先生、
左に中岡慎太郎先生を従えた
土佐三大英傑(そんな言葉アンのかな?)
像が並ぶさまはまさに土佐の誇りッて感じです。
総て名前の後に「先生」付なのも注意ポイントです。

鹿児島などでも「西郷隆盛」なんて呼び捨てにすると
地元の人からは嫌われてしまいますよ。
ちゃんと「西郷隆盛先生」と言わないとね。

高知 琴ヶ浜

March 11 [Fri], 2016, 11:49


高知 琴ヶ浜

「日本の白砂青松百選」にも選ばれている
ベタベタ日本的海岸です。
名月鑑賞の地だそうです。
行ったのはまあ春なんですがね。
「春の海終日のたりのたりかな」
もちろんこの琴ヶ浜を読んだ俳句






ではありません。
あしからず。

うみの宿 しおや宿

March 10 [Thu], 2016, 18:20
うみの宿 しおや宿

料金
和室  8畳(4名まで)×2部屋 ・6畳(3名まで)×6部屋)
1室を3名様以上でご利用 3,460円
1室を2名様でご利用 3,670円
1室を1名様でご利用3,890円
幼児、小学生、中学生は一律料金
2,330円 幼 児
2,720円 小学生
3,110円 中学生
2段ベットの部屋(4名×6部屋・・6名×1部屋)
1室を3名様以上でご利用 3,350円
1室を2名様でご利用 3,560円
1室を1名様でご利用 3,780円
幼児、小学生、中学生は一律料金
2,220円 幼 児
2,610円 小学生
3,010円 中学生 

夕食 1,510円 〜
貝焼き夕食  3,780円
お子様夕食  1,080円 〜          
お子さまランチ  760円〜           
朝食(和食)  860円〜

私はこんな方にお薦めします。
一人旅の方
歩き遍路や自転車遍路の方
自転車やバイクのツーリングの方
釣り目的の方

青春18切符番外編 夜須

March 10 [Thu], 2016, 16:25

15時59分後免駅発安芸行きに乗り込みます。

16時21分最終目的地夜須に到着。
この土佐くろしお鉄道ごめん・はなり線
各駅総てにあのアンパンマンの作者
故やなせたかし先生の作った
ゆるキャラが設定されています。
ごめん駅ならごめんえきお君
夜須駅ならやす人魚ちゃんとか
興味のある方は総ての駅を巡ってみては如何

青春18切符 御免

March 10 [Thu], 2016, 15:52

13時49分阿波池田発高知行き
琴平から乗ってきた電車に再度乗り込みます。
(同じ電車が1時間後高知行に変わったんです)
いよいよ(今回は伊予・愛媛県には行かないんですがね)
四国3カ国目(3件目)土佐(高知県)に
この間は祖谷口、大歩危、小歩危など
山の難所が多く風光明媚なところが多いいんですが
あまりにもマジもんの「撮り鉄」さんたちが
暗躍されるので似非「鉄ちゃん」は静かにしていました。
いやはや

15時51分後免駅に到着
JRはここまで。
土佐くろしお鉄道ごめん・はなり線安芸行きに乗り換えです。

阿波池田たばこ資料館

March 10 [Thu], 2016, 13:40



1時間弱時間があったので
途中下車しうだつの家こと
阿波池田たばこ資料館

を見に行きました。
残念ながらたばこのみではないので
中は観ずに外観のみです。
「うだつ」?皆さん「うだつ」って
なんだか知っています?
そう、「うだつが上がらない」とかで言う
あの「うだつ」ですよ。
実は↓の写真の囲ったところのような壁飾り上の部分なんですよ。

近くに庚申塔(庚申塚)なんかもあり
なかなか古い街並が保存されたいいところですね。


※庚申塔 Wikipediaより引用
庚申塔(こうしんとう)は、庚申塚(こうしんづか)ともいい、
中国より伝来した道教に由来する庚申信仰に基づいて建てられた石塔のこと。
庚申講を3年18回続けた記念に建立されることが多い。
塚の上に石塔を建てることから庚申塚、
塔の建立に際して供養を伴ったことから庚申供養塔とも呼ばれる。
庚申講(庚申待ち)とは、人間の体内にいるという三尸虫という虫が、
庚申の日の夜[1]寝ている間に天帝にその人間の悪事を報告しに行くとされていることから、
それを避けるためとして庚申の日の夜は夜通し眠らないで天帝や猿田彦や青面金剛を祀り、
勤行をしたり宴会をしたりする風習である。
庚申塔の石形や彫られる仏像、神像、文字などはさまざまであるが、
申は干支で猿に例えられるから、「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿を彫り、
村の名前や庚申講員の氏名を記したものが多い。
仏教では、庚申の本尊は青面金剛とされるため、青面金剛が彫られることもある。
神道では猿田彦神とされ、猿田彦神が彫られることもある。
また、庚申塔には街道沿いに置かれ、塔に道標を彫り付けられたものも多い。
さらに、塞神として建立されることもあり、村の境目に建立されることもあった。

阿波池田のうだつの家近くの庚申塔は
飛騨高山などでお馴染みの
サルボボが飾っていましたよ。
P R
プロフィール
2016年09月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント