FX取引 ?注文方法の基本? 

September 20 [Mon], 2010, 22:34
■ IFD注文

IFD注文は『イフダン』と読みます。

『IF=もしも、もしかしたら』『D=done=実行する』という意味です。


たとえば、このような方法があります。

米ドル円が102 円になったら1 万通貨を買いで注文する。

その注文が通ったら次に、そのポジションを103 円になったときに決済する。

IFD注文では、一度で二つの注文を出すことが出来ます。

IFD 注文とは、

新規で出した注文が通ったら次の注文を通すという方法です。




■ OCO注文

OCO注文は、『One Cancel the Other』の略です。

二つの注文のうち片方の注文が通ったら、
もう一方の注文はキャンセルするという方法です。

たとえば、

米ドルのレートが100 円になったら買いポジションをとる
米ドルのレートが110 円になったら売りポジションをとるという方法です。

米ドルのレートが、100円?110円の間をいったりきたりしているならば、このような二つの注文のうち、

『どちらか一方が成立する』ということがあります。


一方の注文が成立したら、もう一方の注文はキャンセルをします。




■ IFO注文

IFD注文、OCO注文を組み合せたIFO注文という方法もあります。




■ 逆指値注文

逆指値注文は、ストップオーダーといいます。

逆指値注文は、損失を確定させるために便利な注文方法だと覚えておきましょう。

例えば、

1 ドル=100 円で持っている買いポジションが

1 ドル=110 円になったら利益確定しようとしている場合。

このときは指値注文を使って、110 円になったときに注文が通るようにしておきます。

しかし、為替相場というのは上がる可能性だけではなく、下がる可能性もあります。

もしも、100 円を下回る可能性も考えられます。

すぐに回復する場合もあるのですが、90円、85円・・・と、

どこまでも下がっていくという可能性もあります。

このようなとき、逆指値注文を使います。

自分が耐えられる損失額のレートで

いったん損切りをするというために、逆指値注文を使うと便利なのです。

FXは自動売買を行うことが出来ます

自動売買とは、指値や逆指値を使い、
IFD 注文やOCO 注文などを事前に注文しておくと、

その注文にしたがって為替相場がその予約していたレートになったら

注文を受け付け、その後の決済も予約していたレートで自動的に決済を行ってくれる機能です。

逆指値注文をあらかじめ出しておくことで、

暴落しても自分が耐えられるレートの範囲内で、損切りが出きる
という安心が得られます。




使い分ける方法

FX取引に専業ができるという人なら、様々な取引方法を使い分けることが大事です。

また、成行・指値注文を短時間に頻繁に出すことが必要でしょう。

しかし本業が別にあって、

週に一度、月に一度といった頻度でしか取引をしないという人にこそ
IFD注文やOCO注文を使って、リスクヘッジをしながら取引が出来るような知識が必要です。

急な事件があっても、すぐに対処できないことは、

専業のトレーダーに比べて『弱い』ポイントです。

そのため、リスクヘッジのできる注文方法を習得しておきましょう。

その一つとして『両建て』とは、

同じ通貨ペアで「買い」と「売り」の両方のポジションをとることをいいます。

通常であれば、同じ量の「買い」と「売り」のポジションを持つと、

片方の利益が片方の損失を相殺してしまうことになります。

しかし、両建てという方法は、利益と損失を相殺することなく、

「買い」と「売り」のポジションをそのまま持っておくことが出来る方法です。

両建てという手法には、投資家の間でも、賛否両論があります。

また両建ては全てのFX業者で使えるわけではないので、確認する必要があります。

先輩投資家の投資手法を参考にすることは、初心者にとって大事です。

しかし、投資生活の環境の違いというのは大きいので、

自分のスタイルを確立していくことにしましょう。




■ 指値注文

指値注文は、リミットーオーダーとよばれます。

指値注文とは、

自分が買おう(売ろう)としている値で前もって注文を出しておく方法です。

指値注文のメリットは、自分の買いたい値で買えるということです。

また、注文を出せないときにでも、

事前に注文を出していれば自動的に受け付けてくれることも、メリットの一つです。

利益確定の際にも、

保有しているポジションがあと1 円上がったら売ると決めているなら、

その値で売る注文を事前に出しておくことができます。

FXは自動売買を行うことが出来ます。

自動売買とは、指値や逆指値を使い、

IFD 注文やOCO 注文などを事前に注文しておくと、

その注文にしたがって、為替相場がその予約していたレートになったら

注文を受け付け、その後の決済も予約していたレートで自動的に決済を行ってくれる機能です。

FXの市場は24時間開いていますから、

自動売買機能を使うと自分が寝ている間でも取引を行ってくれます。

また、自動売買機能があるおかげで、FX取引でのリスク管理も行えます。

自動売買機能は一度注文をしても、

そのあとで何回でも修正をすることが出来ます。

そのため、基本的にはずーっと相場を睨んでいる

という生活をしなくてすむようになります。




■ 成行注文

FX取引の成行注文は、マーケットオーダーともいいます。

成行注文とは、現在表示されているレートで売買する場合に使う方法で、
すぐに注文を出したいという場合に使います。

表示されているレートは、

売値(Bid)と買値(Ask)の二つのレートで表示されています。

『〇円〇銭?〇円〇銭』という形で表示されているのを、

ニュースなどでご覧になった経験が、どなたにもおありでしょう。

しかし、このとき表示されているレートは、

数秒ですぐに変わってしまいます。

成行注文のデメリットはここにあります。

自分が買おうと思っていた買値で注文しようとしても、

注文を決定するまでの数秒に、レートが変わるおそれがあるということ。

レートが変わるといっても、数銭程度ですので、

さほど神経質になる必要はありません。

ただし、為替相場が暴落をした場合には注意をしなければなりません。

''数秒でレートが数銭どころではなく

ものすごい動きをみせることがある''のです。

成行注文は、このようなデメリットがありますが、

急いで注文をしたい
すぐに注文を出してしまいたい
という場合に便利です。

そこまで急いでいないという場合には

指値注文のほうが便利です。