巨大トンカツ in 韓国

July 20 [Fri], 2012, 18:51
日本人に昼食を誘われました。
この会社に来て20年弱の古参日本人顧問です。
人気があるトンカツ韓国発音はトンカスに近い屋があるそうです。
場所は車で10分ほどの隣町である東灘ドンタン。
50階を超える高層集合住宅ががいくつも建つ新興地域です。
ちなみにドンタンのドンが東と言う意味だと認識していない韓国人もいるようです。
固有名詞として認識、意味は気にしないハングル表現の限界ですね。
会社が古参顧問に支給している大型黒塗りの乗用車に乗って会社を出発。
運転はトンカツ屋を紹介してくれる韓国人。
会社の保安は厳しくて、車で出門する時も通常は同乗者は車を降りて個別に空港のよな保安Gateを通過しなければなりません。
しかしその古参顧問はVip待遇、同乗者も乗ったまま通過できました。
明確に待遇を区別するそんな感じになんか韓国的な匂いを感じます。
かつての日本もそうだったかな軍隊の影響なのかな10分ほど走ってトンカツ屋に到着。
人気があるようで、すでに1516人の順番待ち先客がいました。
不思議に思ったことが、待合室の占有面積が広すぎます。
その面積を食事席に割いたほうが客の回転は良さそうです。
そうすれば、客は待ち時間が減るし、店は売上が向上するはず。
待合室の面積の半分を利用したとしても8人は余裕で食事できます。
なんか勘違いしてるなここの店主しばらくたって席に案内されました。
私は初来店なので看板料理を食べてみたらどうかと薦められました。
その看板料理が写真にある巨大トンカツです。
写真ではお皿が大きいこともありあまり大きく見えないかもしれません。
十分巨大です。
そうですね、手のひら2枚より大きいです。
今、目の前に両手のひらを並べてみてください。
それより大きいのです。
衣はなにか甘い感じがします。
韓国で食べるたこ焼きも同じなのですが、何かが甘いです。
ホットケーキのうようなこれは古参日本人顧問も同意見でした。
砂糖が入っているのかなコーンスターチを使っているタレソースはデミグラスソースとトマトケチャップの中間的味です。
まあ、洗練されてない味に感じました、それなら日本で言うソースでいいのに。
韓国で日本で言うところのトンカツソース味に出会うことは多くありません。
文句を書いているようですが、まずくはないです。
いやー食べ応えがありました。
途中で飽きますが自分が注文した食事は残さず極力全部食べる事を信条にしているので、食べきりました。
無理にではなく、張り切って食べました。
おなかいっぱいです。
お値段は8800KRW約615JPYです。
他の料理も量が多くて、価格は大体同じよう。
おなかがすいたときに来ると良さそうです。
PS外来語カタカナ表現を極力使わないで文書を書いて見ました。
これを意識して文章を書くといろいろな発見があって楽しいです。
皆さんも一度試してみてください。
面白いと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:h1zlegmiyg
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h1zlegmiyg/index1_0.rdf