ルイヴィトンジャパン

May 16 [Mon], 2011, 15:07
同店は、99年9月に国内初の独立路面店舗としてオープンしましたシャネル 財布。店舗デザインを建築家・青木淳氏に依頼し、ルイヴィトンの代表的モチーフの1つであるダミエ(市松模様)を配したダブルスキンのファサードを採用されています。このファサードの仕様はその後、世界各地の店舗にも採用されるなど、「名古屋のランドマーク的存在」(同社)となっています。
 リニューアルではシャネル バッグ、このファサードにはほとんど手を加えることなく、メンズフロアへ続く専用エントランスを新設しました。また、従来のモダンで控えめな店舗デザインからの「デパーチャー〜旅立ち」を表現し、ファサードからのコントラストが際立つクリスタルラインを、新たなインテリアとして投入。シャネル 公式 1階のレディスフロアでは、伊ムラーノ島のベネチアンガラスよるシャンデリアを使用するなど、クラシック感とラグジュアリー感のある内装としました。
 地下1階は、トラベル製品と「名古屋栄メンズ」のフロアとし、コーチ バッグ「フランスの地下にあるような古きよきジャズクラブをイメージ」した演出を採用。複数の資材を融合させ、男性的なムードのカラートーンを使用している。
 また、同フロアではコーチ 財布 、「エピライン」および「モノグラムマカサー ライン」の新作バッグを各1モデルを先行発売しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:やまだたろう
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h161tpqb6x7/index1_0.rdf