あさちゃんの川尻

October 22 [Sat], 2016, 13:31
民間療法などでは、育毛に良い食べ物が挙げられていますね。よく言われるのは、コンブ、ワカメといった海藻類。その他、タンパク質補給のための大豆、ビタミンやミネラル豊富な緑黄色野菜、あの色艶からか、青魚も育毛に良いとされてきました。血のめぐりを良くするためには、唐辛子も育毛にどれも大切な食べ物といわれています。どれをたくさん食べれば育毛に良いというわけではありませんね。栄養バランスを考えて、毎日いろいろなものを食べるように意識してください。偏った食生活は、抜け毛を増える結果になりかねません。
丈夫な髪を手に入れるためには、頭皮をほぐしてみてはどうでしょうか。マッサージによって、血の巡りがスムーズになれば、髪の毛が元気になる栄養成分が今までよりももっと、届くようになるでしょう。頭皮を傷つけないために、短く爪を切ってから丁寧に指先を使ってマッサージしてみましょう。頭皮のことを大事にしないやり方では、逆効果なので、あらかじめ、注意しておくことが大切です。
東洋医学においてツボは重要な役割を担っていますが、その中に、髪の毛が豊かになるツボが存在します。セルフヘッドスパなどをする時に、そのツボを押してみるのも良いでしょう。ただ、ツボを押したところで明日にでも効き目が出てくる、ということではありません。そんな風に即座に育毛出来るなら、薄毛の人々の悩みなんてあるはずないです。
栄養素の一つである亜鉛には健康な髪を育てる効果があると言われています。元気な髪のために亜鉛を食べ物から摂取したいところですが、吸収率がそれほど高くないため、それほど容易ではありません。亜鉛を含む食べ物を摂るだけでなく、亜鉛の吸収を邪魔する加工食品などには気を付けて、食事から除かなくてはなりません。元気な髪を育てたいなら、サプリでの亜鉛摂取は手軽で、確実です。
近年では育毛方法も増え、薬を使用する方も以前より数が増えています。薬の中には育毛効果がうたわれていものがありますが、基本的には飲むタイプと塗るタイプに分類されますが、副作用というリスクはどちらにも付きまといます。費用の面だけを問題とし、専門家である医者の処方をないがしろにすると、簡単だからと言って個人輸入をしてしまうと、偽物がまぎれ混んでいる可能性も決して少なくはないのです。
薄毛の原因として遺伝や体質など先天的なものを挙げられる方もいますが、生活時間の乱れや栄養不足などが肌質に影響し、抜け毛を誘発していることも多いため、心当たりがある方は、一度見なおしてみると良いかもしれません。カロリーや食物繊維ばかりに気をとられて育毛に必要な栄養素の不足に気づかないでいると、肌の免疫機能が損なわれ、頭皮など汗をかきやすい部分のトラブルにつながるだけでなく、落屑や抜け毛が増えてきてしまいます。目立たない服を着用するよう気をつけたり、他人に指摘されることもあると、つらいですね。昼食が外食中心であったり、外での飲食のおつきあいが多い方、パンだけで済ませる方、レトルト食品やスナック菓子が好きな方など、おつきあいの外食は仕方ないですが、それ以外の食生活を改善するべきでしょう。髪と肌のターンオーバーに必要な栄養をちゃんととって、体本来のリズムを取り戻していきましょう。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛海
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる