遠田と原野

June 14 [Tue], 2016, 18:51
ニキビと食事内容は密接に関連性をもっています。
正しい食生活をすることはニキビも改善されます。
野菜を中心とした食事メニューにして、ビタミンやミネラルをじゅうぶん取りこむようにしましょう。食物繊維が多く含まれる野菜は、便秘を解消する側面もあり、ニキビを減らす効果があります。

ニキビを見つけるとほぼ潰してしまいます。



でも、跡が残るから潰すな、というのがよく言われていることです。なるべく早めに治療するには、ニキビ用の薬が最良かと思います。

ニキビ跡にも併せて効果があります。洗顔後に化粧水・乳液を塗って、ニキビ箇所を選んで薬をつけます。肌の潤いをキープしつつ、洗顔することが、ニキビケアの必須条件。とりわけ大人ニキビの場合は、主要因が乾燥だとされているため、洗顔のポイントは皮脂を取り除きすぎないことです。


その見込みがあるのが牛乳石鹸です。
ミルクバターたっぷりの牛乳石鹸なら、肌に潤いキープで汚れを落とせるので、ニキビ予防に有効なのです。

ニキビに使う薬というのは、色々なものがあります。
当然ながら、専用のニキビ薬の方が効果は強いです。

でも、軽い程度のニキビであるならば、オロナインでも大丈夫です。効能・効果の欄にきちんと吹出物ややけど、ひび等と一緒に、載っています。

10代には、チョコレートやスナック菓子を多く食べると翌日にはニキビになっていました。食べ物がこれほどまでにかかわるんだ、と経験したものです。それから、年齢を重ねるとともに食生活にも注意するようになり、チョコやスナック菓子などは食さないようにしています。そのおかげかニキビも完全になくなりました。

どうしてニキビができるのかという理由のひとつに、お肌の乾燥があります。

肌の余分な油脂のせいでできるんじゃなかったの?とびっくりしている人も多いかもしれません。当然、余分な油脂による毛穴の詰まりも原因のひとつではありますが、そう思って過剰に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌の乾燥がひどくなり、それが原因でニキビができてしまうのです。
角栓で毛穴が詰まることが、ひとつの、ニキビができる原因です。


ついつい指で角栓を押して押し出すと、それが原因でニキビ跡となってしまいます。角栓をつくらせないように、それを悪化させないようにするには、しっかりした保湿をすること、毛穴にあまり皮脂が溜まらないようにすることが、大切なことなのです。

最近ですが、徹夜の日々を送ったらニキビをみつけました。私は結構ニキビができやすい体質なので、ちょっと肌に負担を感じるだけでニキビ面になってしまうのです。

だから、たとえ忙しい時でも、できるだけ早く寝て十分な睡眠をとるように注意しています。


睡眠不足が一番ニキビに悪いと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リョウタ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/h0rvgn7gdihtad/index1_0.rdf