仁侠ヘルパー

December 21 [Fri], 2012, 16:57
昨日、お友だちのゆきちゃんと剛くんの仁侠ヘルパーの映画を見に行きましたゆいちゃんとは、映画館で待ち合わせでした。映画館までは、保険のお兄ちゃんがわざわざ送ってくれました。映画の内容は、本当に色々考えさせられるものでした。剛くんの演技は本当にすごくって、涙が出てきました。私は、剛くんのドラマのなかでも仁侠ヘルパーが大好きだったので、とっても満足しました(*^^*)これからの介護や自分の老後を考えちゃいました。

007

December 21 [Fri], 2012, 16:57
四日市CCのメイングリーンが
007に変わった
というか変わりつつある
007は、L93からサウスショアまでの24種類のDNAを採取して開発された優秀な遺伝子をもつ、クリーピングベントの最新型で
名前の由来は2006年に開発され
2007年から販売された為で映画の「007」とは全く無関係
メンテナンスにしやすさとグリーンキーパーが求めるクオリティーの高さが特徴で
まだ日本ではあまり採用しているコースは無く、ごく僅かということなんだけど

早いw
来年の春を目指してオーバーシードしているそうで
もっと早くなるらしいw
今でさえ
今までのベントだと足幅内側で3歩外側の振り幅で5歩といったイメージだったのが
足幅内側で5歩ほど転がる

こうなってくると
加工したヘビー級のパターも良し悪しで
さてどうしたもんやら
悩みは尽きない^^

「TOKYO 0円ハウス 0円生活」

December 21 [Fri], 2012, 16:56
久々に面白い本に出会った。
2日間で読破してしまった。

数年前に出た本のようだが、「TOKYO0円ハウス0円生活」
いわゆるブルーシートハウスの住人、世間で言うところのホームレスの人に
家の話を中心に聞いたドキュメンタリーなのである。
著者の旺盛な好奇心と探求心による些細な取材のたまものだが、
ここに登場するホームレスの鈴木さんがもうとにかく洗練された人なのだ。
真の洗練とはこういうことを言うのではないだろうか。

家の造り、毎日の暮らしぶり、生活の糧、ひとづきあい・・・・
とにかくムダがない、創意と工夫がある、知恵がある、戦略がある、
インテリジェンスがある、人間味がある、思想がある、人付き合いがある。
生きる楽しさ、充実感、喜びといったものの実感が感じられるのだ。
我々の「満たされた暮らし」が陳腐にさえ思えてくる。
著者は、鈴木さんはホームレスではなく、
ちゃんと安心できるホームを持っていると言っている。

普段当たり前に物に囲まれて、いわゆる家に住んでいる我々は、某かの違和感や澱み、
息苦しさを心のどこかで感じながらも、それを探る時間や余裕もなく、
目に見える豊かさに自らを納得させているところがある。
あるいは、多くのムダを感じながら、仕方がないものとして、ムダを容認し、
自らの暮らしの安全や快適に幸せ感を見いだし、自己を安心させている。
しかし、多くの人は、何かに飢えているのだ。
こんなに満ち足りているのに飢えている。潤いを求めている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:れん8rjm
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

くまのぬいぐるみ

google

渡り廊下

魔法の本

過去列車

みるくキャンディ

あいあい傘

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/h0jan9uz/index1_0.rdf