深津で野元

August 16 [Wed], 2017, 9:51
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科手術としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス術」という2つの施術がよく採用されています。
メタボリックシンドロームとは言われていなくても、内臓に脂肪が付着するようなよくない肥満が存在することに縁って、様々な生活習慣病を起こす可能性が高まります。
「とにかく多忙だ」「上っ面だけの付き合いが苦手だ」「技術やインフォメーションの進化に追いつくのが大変」など、ストレスが蓄積されてしまう状況は十人十色です。
BMIを計算する式はどの国にも共通していますが、BMI値の位置づけは国単位で違いがあって、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重、25以上は肥満、18.5未満の場合だと低体重と定義しています。
体脂肪の量にはさして変動がなく、体重が飲み食いや排尿等で一時的に増減するようなケースでは、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減った人の体脂肪率が上昇することがわかっています。
人間の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3か所に分類されますが、この中耳付近に黴菌やウィルスがうつり、炎症ができたり、体液が滞留する病気を中耳炎と言うのです。
なんとなく「ストレス」は、「無くすもの」「除外しなければいけない」ものとされていますが、実の所、私たち人は様々な場面でストレスを受けるからこそ、生活していくことに耐えられるのです。
ロックミュージシャンのコンサートの開催場所や踊るためのクラブハウスなどに設けられた巨大なスピーカーの真ん前で大きな音を浴びて耳が聞こえづらくなってしまうことを「音響外傷」と言っているのです。
結核対策は、長年、昭和26年に生まれた「結核予防法」に準じて進行されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは結核以外の感染症と供に「感染症法」に基づいて実行されることとなりました。
高齢化が原因の難聴ではちょっとずつ聴力が低下していきますが、大半の人は還暦過ぎくらいまでは耳の悪さをなかなか自覚できないのです。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)のひとつのスルフォラファンというブロッコリーに含まれている揮発性の物質が、肝臓の持つ解毒酵素の自然な発生をサポートしているという可能性がわかりました。
いんきんたむしというのは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と言われており、かびの一種である白癬菌が股部、陰嚢、臀部などの場所に何らかの理由でうつり、定着する病気の事で俗に言う水虫です。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、動脈硬化や脳梗塞を筆頭に様々な疾患の合併症を招く可能性があります。
侮ってはいけないインフルエンザの効果的な予防法や治療方針等の基礎的な対処策は、それが季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザでもほとんど同じです。
杉花粉症などの緒症状(鼻みず、鼻づまり、連発するくしゃみ等)のために夜間しっかり眠れないと、それが元凶で睡眠不足に陥り、翌朝起床してからの業務の遂行に思わしくない影響を与えることもあるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウト
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる