誕生日おめでとう!! 

2005年08月07日(日) 20時57分
また横浜でごめんね〜
勝手がいいからつい使ってしまうのよ〜。

とにもかくにもHAPPY BIRTHDAY
これからも楽しく生きていくことを目標に、元気なコマツでいてください

ところでSMAPのコンサートはどうだったんだんだろうなぁ??

気付いたぞ! 

2004年12月12日(日) 2時08分
書き込み見ました
どうもありがとう
たいしたことできてないかもだけど・・・早く元気になってくれぃ

大量更新しました。
よく分かんないのもあるだろうけど、時間があれば読んでみてちょ。

対戦国について 

2004年12月10日(金) 21時22分
最終予選で同組になった国について、ボクの思うところを書きます。

まずイラン。
イランは強そうだね!
あんまり潰し合わないで、仲良くドイツにいきたいところ。

次にバーレーン。
バーレーンといえばアジアカップで思わぬ苦戦をしいられた国ですよね。
そして何よりその試合は、夏合宿の2日目の夜に行われたってことで記憶に新しいところです。
あの時はちょうどこれから花火ってとこで、車で現地まで行ってたボクは、
「海岸まで花火運ぶから車出して。」
みたいなことを言われた記憶があります。
しかしそのとき試合は、2−3で試合終了間際とゆう窮地に立たされていたところから、中沢の起死回生の同点ゴールが決まったところで、これから延長戦に入るところでした。
そんなエキサイティングな局面を前にして、花火やら1女の浴衣やらはっきり言ってどーでもよかったボクは、その試合を捨てて花火を運ぶとゆうボランティアに手を貸す気など微塵も無く、
「今行くと車の天井がガード下に擦っちゃう。」
とゆう意味不明な言い訳でその場をしのぎ、無事延長戦を見届けることができました。
その時の結果は玉田のゴールで4−3とめでたく勝ちを収めたので、今度も勝ってもらいたいですね。

最後に北朝鮮。
北朝鮮に関しては、情報不足で未知のベールに包まれているとか煽ってるけど、実際はたいしたことないと見た!
以前、韓国と統一チームでW杯予選を戦おうって案が出たときも、韓国とレベルの差がありすぎるから無理って見送られたそうだし。
昔はW杯でベスト8に入ったそうですが、それは昔の話。
ナメちゃいけないけど、今なら問題ないでしょ。
そして初戦はその北朝鮮と、ホームで2月9日に対戦します。
2月9日と言えば、冬合宿の最中じゃないか!
確か前回の冬合宿の出発日は2次予選の初戦のオマーン戦の日で、みんなでわいわいで応援しました。
最終予選の初戦も奇しくも冬合宿中とは・・・。
こりゃみんなで応援するしかないでしょう!
今度は花火が邪魔することも無いだろうしねw

アジア最終予選組み合わせ決定! 

2004年12月10日(金) 20時06分
昨日、アジア最終予選の組み合わせ抽選会があった。
日本時間で17時から始まったのですが、なんとその時間ボクはちょうど講座中ではありませんか!
始まる時間を知っていたボクは、講座中も落ち着きが無く、穴埋めの語句や漢字を間違えてばかり。
そんなフワフワした講座をやってたんで、こりゃまずいと思い、途中でその理由を1年に説明して謝罪。
それでもソワソワして、
「あと1分で始まる〜。」
とか言ってふにゃふにゃしてたら、1女に、
「あと1分で講座終わることは無いんだから、諦めて下さいよ。」
と諭されてしまった・・・w
まったくその通りです。

肝心の組み合わせ結果ですが、ボクは良くもないけど悪くもないなって感じました。
テレビを見てると、どうも皆さん「厳しいグループだ」って言うのが好きなようで。
別にこんなもんなんじゃないの?
ボクは、日本、サウジ、ウズベク、北朝鮮が理想だったんだけど、現実の組み合わせでも問題ないでしょ。
個人的には、ホームで3勝、アウェイで3分けで勝点12とすれば予選突破確実!と皮算用してます。

波乱は無しだ! 

2004年12月09日(木) 22時37分
チャンピオンズリーグのグループステージが終わって、16強が出そろいました。
心配されてたレアルやアーセナルも無事突破できてよかった〜。
別にレアルのファンじゃないけど、ビッグクラブ同士の対決は見てみたいものです。
前回のCLはジャイアントキリングが多くて、決勝はポルトVSモナコだったからね・・・。
それはそれで面白いんだろうけど。
今回の勝ち上がりは全く順当と言って良いんじゃないでしょうか。
ボクとしてはうれしい限り。
バレンシアが敗退したけど、通過したのがインテルとブレーメンだからね。
波乱って程じゃないでしょ。
トーナメントの1回戦では1位通過VS2位通過になることは決まってるそうです。
ってことは、1位通過のユーベ、アーセナル、ミラン、インテル、チェルシーなどと、2位通過のレアル、マンU、バイエルン、バルサなどの試合がいきなり見られるわけです。
こりゃ楽しみ!
どこが優勝するかより、どんなマッチアップがあるのかって方が気になります!
上に書いたようなクラブ同士の対戦は、見る方は楽しいけどクラブ関係者の皆さんは勘弁してくれって感じだろうね。
「1位で通過したのにいきなりバルサとかい・・・ふざけんなよ!」って思う人が絶対いるはず。
とにもかくにも、組み合わせ抽選の12月17日を楽しみに待つべし!

週末K−1観戦記 

2004年12月07日(火) 0時03分
土曜の夜は、K−1GP決勝を見ました。
結果的にはボンヤスキーの連覇となり、まぁこんなもんでしょって感じでしたね。
それにしても決勝のボンヤスキーVS武蔵戦は、3ラウンド終了時の判定でボンヤスキーの勝ちで終わりにしてよかったんじゃないでしょうか。
両者とも決勝に至るまでに散々延長を戦ってきたわけだから、誰の目から見ても相当疲労が溜まってたし。
一瞬、前回のK−1ワールドマックス決勝のブアカ―オVS魔裟斗戦を思い出しました。
(そのときはK−1側が無茶な延長戦だったことを認め、誤審だったと謝罪していた。)
今回は誤審とまではいかないけど、判定に首をかしげていたボンヤスキーの気持ちは窺えます。
K−1よく見てるけど、審判って日本人のときが多いですよね。
もしかしてみんな日本人だったりして。
同じ国の者として日本人に肩入れしちゃうことは無いのかしら?

今回のGPの前は、「今度こそ武蔵はマジで優勝狙えるんじゃないか!?」ってゆう下馬評があって結構盛り上がってたようですが、ボクはボンヤスキーが優勝してちょっと安心しました。
それは、ある国で始まったスポーツのチャンピオンが他国の選手である場合、人々はそのスポーツはその国の所有物でありその国のための競技なのだとゆう認識から離れて、その結果としてよりグローバルに裾野を広げるスポーツとして認知されることになり、今後も栄えていくんじゃないかと思うからです。
なんか自分でも言ってることが分かりにくいんですけど、例えば、オリンピックの柔道で日本人が何個メダル取ったとしても、それは柔道が日本発の競技だからでしょ?って世界的には認識されちゃうと思うわけですよ。
それに対して、相撲で朝青龍が横綱になったり、イチローがシーズン最多安打数を更新したりすることは、他国の人間がトップを取ったことになるわけだから、そのスポーツはその国だけのものじゃないんだってゆう認識が濃くなっていくんじゃないかってことです。
K−1もまだ歴史は浅いので、「日本人が始めて日本人がチャンピオンだなんて、勝手にやってれば?」って思われないうちは、まだまだ安心かなって思ったりしてます。

そんなことより、今回のGPでの1番の驚きはガオグライでした。
あんだけよける人を初めて見た!
軽いからミドル級に行って、魔裟斗やブアカーオと試合するのを是非見てみたいです。

週末サッカー観戦記 

2004年12月06日(月) 22時14分
観戦記と言ってもテレビですけど・・・。

先週の土曜、昼過ぎに起きたら、ちょうどジーコジャパンドリームチームVSアルビレックス新潟の試合をやってました。
ジーコが提案した功労者代表召集プランの代替案として実現し、なんだかんだ揉めた挙句の試合だったから、最初の方は見てたんだけど、あまりにも点が入らずつまんなかったので、途中で見るのをやめました。
あとでスポーツニュースで結果を見たところ、結局スコアレスドローだった模様。
点が入んないからつまんないってのはかなり素人考えだけど、実際この試合は新潟県中越地震の復興支援チャリティーマッチなわけだから、真剣勝負ってゆうよりもいわばショー的な意味合いが強いはずじゃないですか。
ショーのクライマックスはもちろんゴールでしょ!
だからお客さんももっとガンガン点が入る試合を期待してたんじゃないかな〜。
第一、ゴールが決まらないチャリティーマッチなんて見たこと無いぞ!
まぁ、守備も手を抜かずに一生懸命やった結果だから、それはそれで新潟の被災者に勇気を与えたんじゃないのって考えの人もいるだろうから、良し悪しは一概には言えないんですけどね。
それと比べるのもなんですが、先日エイズ撲滅キャンペーンってことで行われた世界選抜VSバルセロナの試合は、中田のゴールを含む3−4と派手なスコアになってました。
やっぱチャリティーマッチはこうじゃないと!

ゼミ選考レビューY 

2004年12月05日(日) 22時42分
10月にTOEFL受けないでサッカー見てたので、今日代わりに受験してきました。
日曜に学校行くなんて久しぶり。
昨晩がものすごい強風だったので、大学は公孫樹の絨毯が敷かれてました。
掃除するの大変だろうなぁ。
今日は休日なのに人がいっぱいいて、平日みたいな様子。
でもなんか違和感を感じます。
よく観察するとその理由が分かりました。
みんな日本人じゃない!
今日は日本語検定やってたようです。
大学って休日はこんなことやってんのね〜。

こんな前置きはどうでもいいんです!
ゼミサバイバーで勝ち残りました。
もちろん稲葉ゼミです。
一緒に面接した2人を蹴落としてやりましたよ。
サヨナラ〜、2次でがんばってねw
面接時にボクの隣にいた女の子は、フツーはやる気とか熱意をアピるところで、「おじさんが好きなんです〜」という大胆な攻め方をしていましたが、稲葉はシビアだったようです。
残念!!

受かったときは嬉しいというよりホッとしました。
「このゼミに入れるんだ!やったぜ!」みたいな前向きな感覚はなく、「これで2次の準備をする必要がなくなってよかった・・・」とゆう消極的な達成感があったって感じです。
1次ですんなり決めることを目標にしてたので、今の感覚がボク的には正解なんでしょう。
もともと稲葉にこんな応募があることを想定していませんでしたからね。
でも定員割れの場合よりかは、選考を行っている分、おもしろい人がいるかもしれないし、期待して待とう。
当初の計画と違ってリスクを負わなければならなくなったものの、1次でキッチリ決められたのはよかった!
学会のみんなも概ね1次でゼミ決まったようでなによりです。

変更じゃ 

2004年12月04日(土) 2時03分
今日からこのブログはかなぷ専用にすることにしたよ。
スキンもタイトルも一新して生まれ変わりました!
でも投稿文はみんなに公開するのと変わんないだろうけどね。
こっちにはプラスアルファも載せます!
だからアンガールのコメントもじゃんじゃん書いちゃっていいよ〜。

ゼミ選考レビューX 

2004年12月02日(木) 22時55分
今日はついに稲葉ゼミの面接がありました。
面接は16時20分集合ということで、16時ちょうどに指定された教室に行ってみる。
もし名前順だったら死ぬなと思ったので、早いもん順を期待しつつ早めに乗り込んだわけですが、結果は名前順・・・。
残念!!
人数は50人から若干減って45人になってはいたけど、こんな時間から始めたんじゃいったいいつ回ってくるのかとテンション下がる一方。
その上、時間がきても稲葉は現れず、10分遅刻してくるシマツ。
そして、人数が多いので2人ずつのペアで面接していくという説明があり、あとはひたすら待つ。
待って、待って、待って、ようやくボクの番が回ってきたのは19時30分。
これじゃ講座休みにしなくてよかったんじゃないか?
個人面接だったらと考えるとゾッとしたよ、ほんとに。
しかも受験者が奇数だったので、最後は3人でまとめられてしまった。
面接前は緊張とかはふっ飛び、頭の中にあるのは、疲れた〜お腹すいた〜だけ。
肝心の面接の内容は、稲葉が志望動機や研究計画を読んで、それにあいづちをうつ程度。
稲葉自身も何十人も面接してきたからか、いまひとつ元気が無い。
最後になにか一言と言われ、「興味はあるのでヨロシク」ぐらいのことを言って終了。
こんだけ待ってこれだけかよ!とグッタリです。
あの面接じゃ何の判断材料にもなり得ない気がする。
ただ動いてるところを見ただけとゆーか・・・。
まぁ発表は土曜らしいので気長に待ちましょ!
あれだけ待ったんだから落とされたくないなぁ。

そういえば訂正があります。
ゼミ選考レビューUで、堀内ゼミにみんな受かる確率は約0.16%と書きましたが、あれはたぶん間違いで、本当は、

約0.078%!!

だと思います。半減しちゃった!
堀内もそろそろ合格者出してあげればいいのに。
P R
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像こまつ
» 誕生日おめでとう!! (2005年08月17日)
アイコン画像かなぷ
» 気付いたぞ! (2005年05月15日)
アイコン画像アンガール
» 気付いたぞ! (2004年12月13日)
アイコン画像アンガール
» ゼミ選考レビューY (2004年12月11日)
アイコン画像アンガール
» ゼミ選考レビューY (2004年12月06日)
アイコン画像アンガール
» 変更じゃ (2004年12月04日)
アイコン画像アンガール
» ゼミ選考レビューX (2004年12月04日)
アイコン画像アンガール
» 変更じゃ (2004年12月04日)
アイコン画像アンガール
» ゼミ選考レビューW (2004年12月01日)
アイコン画像アンガール
» ゼミ選考レビューU (2004年11月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gzw-space
読者になる
Yapme!一覧
読者になる