塩田だけど夕(ゆう)

August 25 [Fri], 2017, 18:22
株式投資をした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告をする決まりになっています。

例外的に、特定口座を利用していた場合には、こういう税務に関する計算は金融機関が計算してくれますし、確定申告が不必要な場合もあります。



そのため、株投資者初心者の方にとって最もお勧めです。1点集中型の投資をしようという方にはさほど必要ありませんが、株や債権、海外投資など、多種の投資を行う場合はポートフォリオを重要視して投資の是非を決断すべきです。

投資でもっとも大切なことは、リスク分散型の投資スタイルですからバランスの良い投資がポートフォリオでできているのか、随時確認作業を行うことが必須かと思われます。
株式投資には細分化したやり口がありますが、そのやり方の一つにスキャルピングがあります。スキャルピングは、株を購入してから売却するまでを、数秒から数十秒のごくごく短時間の間に決済してしまう投資方法です。

スキャルピングの強みは、株の保有期間をごくごく短く限定することで、株価下落のリスクを最小限に維持できるということにあります。


私は好みの銘柄の株を所持しています。


年間に一度配当が出るのですが、配当で出たお金だけではなくて優待で様々なものがついてくるのが嬉しいです。
特に好みのメーカーからもらえると、もっともっと頑張って欲しいなあと考えます。株のデイトレードにより短期間に大もうけできてしまう人は確かに存在します。デイトレードという方法は、購入株を持越さずに当日以内に手仕舞いしてしまうやり方なので、予測できないほどに株価が落ちることも少なく、リスクの管理しやすいと思います。私は少し前に株を始めたばかりの初心者で、株初心者の本を買って、学んでいます。役立ちそうな本もあれば、「あれ?この本と書いてあることが違ってる?」と少々疑問をもってしまうような本もありましたが、良い部分も悪い部分も全体を勉強していきたいです。
株式投資に取り掛かるには口座を作らなければなりません。初心者に推奨するのがインターネット証券です。ネット証券は種々の手数料が低価格に抑えられているので、利益を得やすいと言えます。ネット証券によって、サービスにも違いがあるため、比べてから口座を開設しましょう。
株の新参者が基礎知識を増やすためにすべきことは、まず株式投資についての本を読むことで、一定の評価を得ている本を5冊以上読まなければならないと考えられます。
五冊くらい株式投資関連の本を読めば、読破した本の中の共通する部分は株式投資をする上で必須だということが考えられるからです。知っているとは思いますが、株取引には現物取引や信用取引があります。やっぱり初心者にはハイリスクの信用取引はすすめることはできません。
自分の持金以内で投資ができる現物取引が間違いなくおすすめです。資金以上に損するリスクがないんですから。また、優待を貰うことを目的とし、長く株を保有するのも一つの投資方法ではないでしょうか。株式投資の社会ではテクニカル指標を活用して株の投資をしている方たちが多数います。そんなわけで、株への資金投入の初心者もテクニカル指標についてはざっと書籍などで学んでから株の取引などを始めた方が、勝率が上がると思われます
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仁菜
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる