アトピー性皮膚炎の予防

July 05 [Mon], 2010, 18:26
アトピー性皮膚炎というのは、痒みを伴い慢性的に経過する皮膚炎(湿疹)です。

その根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。

慢性的ではありますが、適切な治療をきちんと受ければ、いずれ治ったと同然の状態になることが期待されます。

アトピー性皮膚炎とストレスに強い関係があるとされています。

確かに、思春期以降も続く大人のアトピー性皮膚炎で、家庭や学校、会社などでの人間関係、多忙、進路葛藤、自立不安などの心理社会的ストレスが悪化に関係してことがしばしばあります。

イライラしたときや逆にホッとした時についつい引っ掻いてしまい、それが半ば習慣化し、クセのように掻いていることが治らない大きな要因となっています。

医師との話し合いの中で、そのような状態にあることに気づくだけでも、症状が好転するきっかけになります。

薬を使用しなくとも、予めきちんと対応を行えば、アトピー性皮膚炎を抑えることは可能です。

↓こちらのサイトで詳しく勉強しましょう↓

アトピー性皮膚炎 予防

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gytrfhyt
読者になる
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gytrfhyt/index1_0.rdf