【 更新情報 】

スポンサードリンク

行政書士として開業する

行政書士試験に合格すれば、すぐにでも事務所を開設することが可能です。あくまでも制度上は、ですが・・・。正直なところ、実務経験が全くゼロの場合は事務所の経営を軌道に乗せるまでは2年から3年程度かかると思った方がいいでしょう。ご存知のように行政書士が取り扱える業務は非常に多岐に渡っています。実は弁護士や司法書士よりも多いんです。逆に言うと弁護士や司法書士、税理士などの他士業で独占業務とされている業務以外は何でも出来てしまいます。その為、独立開業するにはある程度専門分野を絞り込んだ方が有利とされています。例えば遺言状作成、遺産相続関係を専門にする、とか、自動車関係を専門にする、などです。自分の前職に関連すり業務を手掛ける、というのが1番ですが、行政書士業務と全く関係のない仕事から転職する人もいるでしょう。そういう場合はもう仕方にないので、自分のやりたい分野を見つけて積極的に勉強を積んでいくしかないです。行政書士会では会員向けに様々な研修会が行われますので、それらに積極的に参加してどんどん先輩行政書士とのコネを作っておくことをオススメします。そして「交通事故関係ならこの人」」「遺言状作成ならこの人」と相談相手を作っておき、様々なジャンルで業務経験を重ねながら徐々に専門分野を絞っていくことをオススメします。

行政書士事務所に就職する

行政書士試験に合格した後はやはりその資格を生かして仕事をしたい、ということになると思います。事務所を開設する、という方法ももちろんありますが、ここでは行政書士として就職する、ということについて検証してみたいと思います。まず、行政書士事務所への就職というのは正直言ってあまり望めません。求人自体が少ないんです。現在は行政書士法人という形態が認められるようになりましたので、そのようなある程度大きな規模の法人であれば就職口はるかもしれませんが、難点としてこのような大きな法人は比較的大都市圏に集中している、という事です。いずれにしても行政書士として行政書士事務所、あるいは行政書士法人への就職を希望する場合、早い段階で県の行政書士会などに相談をしておくことをオススメします。行政書士会で就職を斡旋してくれる場合もあります。また、予備校などに通っていた場合は、予備校の講師のコネで就職を狙う、という手段もありますが、これは講師との人間関係がある程度出来ていないと難しいと思います。また、予備校の中では様々な資格を保有している人向けに人材紹介会社を関連会社に持っているところもありますので、そういったところを有効活用するのも良いでしょう。

行政書士試験に合格するには

「行政書士は独学で合格するのか」という事もよく聞かれます。この答えも「人それぞれです」となりますが、それでは不親切なのでもう少し突っ込んだお答えをしましょう。受験機関を利用出来る人は絶対に利用すべきです。行政書士試験は今まで試験制度が2回大きく変わっています。これにより、難易度は格段に上がっています。以前過去問を完璧に丸暗記すれば合格出来る、と言われていましたが、最近の行政書士試験は言うならば司法試験のような「法的思考能力」を試される試験にシフトしてきています。行政書士試験突破への近道は、LECやWセミナーのような法律系の資格試験予備校に通って受験対策を進めることです。通学・通信・ビデオブースなど色々な受講形態がありますが、出来れば通学がベストです。受験仲間も出来ますし、講師と直接コミュニケーションを取れるというのは計り知れないメリットがあります。働いていて決まった時間に通うのが難しい方はビデオブースがオススメです。通信よりもビデオブースがオススメなのは、「予備校に行ってビデオを見る」という行為が学習の同期づけになり、継続出来る可能性が高いからです。通信による自宅学習は、よほど意思が強くないと厳しいです。また、最近では大手受験予備校以外にも優れた教材を販売しているところがたくさんあります。こういった資格系の情報商材を活用してあっさり合格する人が最近多くなっているようですよ。

行政書士の年収は?

「行政書士は食えるのか?」という事は受験生ならずとも受験を考えている人は絶対に1度は考える事です。答えは「人それぞれです」としか答えられません。行政書士で億を越える年収を稼ぎ出す人も少なからずいる一方で、弁護士会の会費にも事欠く弁護士がいるのもまた事実です。つまり「ラーメン屋を開業して食っていけますか?」と聞いているのと同じで、気持ちはわかりますがこの質問はナンセンスなんですね。ちなみに私の周りの行政書士はみんな年収800万〜1500万程度の範囲です。会社員時代の年収を下回っている人はいません。ただ、みんな血の滲むような努力をしていますからね。さて、行政書士の出来る仕事は非常に多岐に渡っています。弁護士や司法書士よりもはるかに多くの業務を扱えます。従って「需要は多いけど供給が少ない業務」を開拓して、その分野の第一人者となる事が「食える」為の近道です。人と同じ事をやっていたのでは(特に行政書士は)食えません。例えば運転免許試験場の前で「書類作成します」という業務を今からやっても成功する可能性は少ない、という事ですね。画期的なサービスとの組み合わせであれば勝機は十分にありますが・・・。今行政書士で地位も名声も獲得している方は、今までにない独自のサービスを打ち出している、新規分野に参入して独占している、既存のサービスと何かを組み合わせて新たな付加価値をつけている、といった方々ばかりです。そしてそのノウハウは行政書士の予備校では教えてくれません

行政書士試験が人気です!

行政書士という資格を聞いたことがありますか?ここ数年で人気が急上昇している法律系の国家資格です。弁護士や税理士同様、いわゆる「士(サムライ)業」と言われる資格の1つで、「それ1本で食べていける」資格と言えるでしょう。行政書士資格の人気が急上昇したのには大きな理由がいくつかあります。1つは「時代の不透明さが理由のキャリアアップ志向」があるでしょう。ここ数年は好景気と言われながらも所得格差は開く一方、中々一般のサラリーマンが豊かさを実感出来ない時代です。終身雇用も給料の右肩上りも崩壊し、もはや自分自身の手でキャリアメイクをしていかない限り、路頭に迷いかねない状況です。そんな中で、会社をクビになっても自分1人で独立して仕事をやっていける資格、という事で行政書士も含めた資格取得熱は高まっていると言えるでしょう。中でもとりわけ行政書士は、比較的取得しやすい資格とされている事も理由の1つです。しかしながらこれは「司法試験や司法書士試験に比べたら」というお話しで、行政書士試験が簡単だ、という訳では絶対にありません。また、最近は行政書士を主人公にした漫画やドラマ(代表的なものとしては「カバチタレ!」)や小説が人気を博している、というのも影響しているでしょう。
P R