建設業の許可申請を行政書士に任せるということ

September 08 [Sat], 2012, 17:07
行政書士は法律の専門家です。弁護士ほど敷居が高くなく、一般の方でも気軽に相談しやすいのが魅力だと思います。建設業の許可申請を行政書士事務所に依頼すると、次のようなメリットがあります。・何枚もの書類を作成したり、収集したり、建設業の許可申請には大変な手間がかかります。しかも業種ごとに取得する必要があるなど、場合によっては、さらに時間がかかります。申請作業にかかりきりで肝心の仕事がおろそかに……という事態にもなりかねません。行政書士に任せることでスピーディ、確実に許可申請ができ、安心して業務に打ち込めます。・申請にあたって、どの業種の許可を取得すればよいのか、要件を満たしているか、素人では判断が難しい面があります。取り返しのつかないミスにつながることもあるので、行政書士の適切なアドバイスが得られるのは心強いもの。次回の更新時にも役に立ちます。以上が大きなポイントです。依頼をするときはできるだけ「建設業の許可申請に強い」事務所を選びましょう。専門的知識が豊富だし、建設業許可の書類作成に慣れている、ケースに応じたきめ細かいアドバイスができるなど依頼者にとって安心できる面が多いと思います。行政書士事務所を上手に利用してください。