費用対効果を考えた行政書士の勉強とテキストの選び方

April 01 [Mon], 2013, 6:12
最近では、資格試験もだいぶ様変わりし、難易度の設定などまで見直されてきました。
その中でもかなり難易度に変化が出てきているものとして、行政書士の試験があります。

以前であれば、独学でも合格することはそこまで難しくないと考えられ、
位置づけられてきた試験ではありましたが、現在では司法書士試験に毎年近づいてきているといわれ、
問題によっては司法書士試験よりも難しいといわれるほどになりました。

もう独学では合格できないレベルに到達したとも言われ、
テキストも読むだけではなく講座などを受けながら出なければ、
とても対応ができなくなったといわれているのです。

通信講座などのテキストにも変化が出てきており、
文字だけのテキストが中心だった行政書士にもDVDなどの
講座がセットになるようにもなってきているのです。

そのため、今までとは違い、まるで生の講義を受けているかのごとく勉強することができるため、
合格しやすくなってきているといえるのです。
もちろんすべての人が独学で合格できないというわけではありません。
独学に向いている人もいます。

ですが、費用対効果を考えた場合に、多くのテキストを購入することより、
合格に確実に近づいていく講義が受けられる通信講座のほうが、
利があるようになってきているのです。

行政書士の試験は因とは違う部分まで書かれる、記述式のテキスト

March 28 [Thu], 2013, 6:11
行政書士の試験に合格するためにカギになってくるのは、記述式問題になってきます。
択一式試験の結果が、記述式で得点すれば合格できる範囲にまでなれば、
この記述式問題の採点をしてもらえます。

そのため、必死に点数を稼いできていても、記述式で涙を呑むケースも多くあるものなのです。
この対策として、専用のテキストなども販売されています。

ですが、ここにも落とし穴が存在します。

専用のテキストは、記述式問題の範囲よりも広い範囲で問題を書いています。

そこまで絞って書いてしまうと、ボリュームが足りなくなってしまうということもあるのですが、
範囲を超えているという注意書きすらないテキストもあるので要注意です。

実際に行政書士の記述式試験で出題される範囲は、民法と行政法だけであり、
ほかの範囲は出題されることはありません。

そのため、気が付かないと、巻頭に憲法などの問題があれば、
そこから始めてしまい、貴重な時間を割いてしまうような結果になることもあるのです。

行政書士の試験に至るまでの時間は、そんなに長いわけでもありませんし、
無尽蔵にあるわけでもありません。
計画をする際には、こういったテキストの盲点もしっかりと把握し、
練っていかなければいけないものなのです。

行政書士の多くのテキストを持ちたくない場合は通信講座が得

March 23 [Sat], 2013, 18:09
法律の勉強をしていくうえでは、テキストとなる本を擦り切れてしまうほどまで読み込めといわれます。
これは行政書士などでも同じことであり、しっかりと読み込んでいかなければ、
簡単に記憶できるほど甘いものではない証明です。

ではどんなテキストでもいいかといえば、そうではありません。

読みやすいテキストというものも必要ですし、
しっかりと論点が見えるようなものも必要になってきます。

一冊で済ましてしまおうということは、
合格しなくてもいいといっているようなものでもあるわけです。

最近では、行政書士の資格試験も独学では難易度が高すぎるとも言われ始め、
通信講座などを利用していく人も増えてきました。

そこで、使われているテキストには、市販にはない情報も載っていたりします。

こういったものであれば、ほかに改めて購入することなく、単独で勉強していくことも可能なのです。

さらには、DVDなどもセットになっているコースも増え、
まるで資格学校に通っているかの感覚で映像とともに講座を読み進めることもできるため、
初学であっても合格へと歩み寄っていけるものでもあるのです。

ただし、問題集などはできるだけ多くこなしていくべきなので、
別途買い求めることも必要になるのです。

行政書士の勉強のテキストに合わせておきたい行政書士六法

March 19 [Tue], 2013, 6:08
行政書士の試験勉強は、ただテキストを読んでいっても完結はできません。
その理由は、判例などにあります。

出題の中には、判例を問う問題が多数あり、
それをすべて網羅できるようなテキストは存在しておりません。

もしも、すべて網羅してしまえば、かなりのボリュームになってしまい、
とても読めるものでもなくなってしまいます。

分冊化しているものであれば、そういったこともかなりフォローしてはいますが、
それでも十分であるとは言えませんし、あまりに多くなってしまったテキストでは、
なかなか読み進めていけないものです。

そこで、テキストに合わせ、行政書士六法などを併用する方法があるわけです。
テキストの不足部分を補うことができる行政書士六法は、
問題を読み解くだけではなくしっかりとした理解力をつけていくためにも役立ちます。

さらに、判例から引き出されることの多い記述問題の対策としても有効なものであり、
試験対策としてなくてはならないものでもあるのです。

行政書士など簡単な試験だという人もいますが、それももう過去の話になっています。
問題も複雑化し、判例に関してもかなり細かい論点まで問われるようになりました。

そういった問題対策にしても、
こういった行政書士六法のような特化したものが必要になってきているのです。

難易度が上がる行政書士の試験とテキストの活用

March 17 [Sun], 2013, 3:07
行政書士の試験は、法律の試験になります。
中には判例などの問題もあり、世の中でいわれるほど簡単な試験ではありません。

一回でも問題を解いたことがある人であれば、
現在の難易度はとても高くなっていることに気が付くはずです。

そこで、テキストなどもしっかりと読みこなしていかなければ、
対応などできるはずもないという結論に至るわけです。

法律の資格試験では、テキストは擦り切れるまで読めといわれます。

それは、本当に身につくまでには、かなりの時間がかかるということと、
反復ということがとても重要な意味を持つということがあるのです。

法律などは、一回読んだだけでは記憶にとどまりません。

普段から呼んでいるのならば別ですが、
そこまで慣れているはずもないため、余計に覚えることができません。

そこで、やったことは復讐するという癖をつけ、テキストなどは擦り切れるまでやっていくことで、
記憶として定着させることができるというわけです。

行政書士の問題は、年々難しくなって司法書士の試験内容に近づいてきているといわれます。

出題も複雑化し、司法試験を目指している学生などが受験しても、
合格できないようなことも出てきています。

それだけに、生半可な勉強方法では、勝負にもならなくなってきているのです。